おだやかな日々に

見たか聞いたか花山椒

30412102_860868490788484_5287447784708898816_n.jpg
 ヨガの帰り道に友人と色々な話をするのですが、丁度新芽の季節で山椒の話が出ました。友人曰く、「今山椒の花が咲いてるわね。」「えつ? 私見た事無いけど・・・」というわけで早速家に帰って庭の隅の山椒の木に近づいて見たら、咲いてました!
不覚にも今まで全く気がつきませんでした。山椒の花は咲いても実がならないのよ~~と友人。

こんな事をFBで書きましたところ、ある方から「京都・大原に、この時期1~2週間のみ限定で「花山椒鍋」を出している処が有ります。昆布と鰹の出汁でとても美味しいですよ。三千院附近だったと思います。 此処では、花山椒と鶏肉とを利尻昆布と鰹の出汁で、しゃぶしゃぶ風に頂きます。」とのコメントを頂きました。
DSC_2582.jpg
 何々?利尻昆布と鰹節?鶏肉?それなら丁度あるわいとばかり、早速乏しい山椒の花を摘み、しゃぶしゃぶならぬ自己流花山椒のおばんざいを作りました。昆布とかつおだし、それに白醬油で意外に美味しく出来上がり。自画自賛でした。
お花を摘んでしまったので実はならないでしょうね(笑) また来年作りたいです。忘れていなければ・・・
  1. 2018/04/13(金) 15:23:12|
  2. 料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ランチとウオーク


それは17日の事でした。昔一緒に仕事をした仲間の若いSさんの呼びかけで、おばぁちゃん二人と少し若いおばさん、計四人で自然派中国料理レストランに行きました。集合は池尻大橋でしたが、駅からそのレストランまで暫く歩きました。とても良いお天気でした。こじんまりした店で店長さんが一人で働いておりました。木の実の担々麺なんて初めて。汁なしにしようかなと思ったのですが、汁ありにして正解だったみたい。お友達は汁なしで難渋してました(笑)

丁度一年目の再会でした。それぞれ近況報告。若いSさんは現役でバリバリ働いている様子。おばぁちゃんの我々と一年一度会って食事をするのが楽しみでほっとするのだそうです。有難い事。少し若いHさんは相変わらず週三回水泳を。そして何と今度のお誕生日で米寿になるというKさんもコーラスと体操を続けているそう。皆さんすごいすごい。
ice.jpg Sさんが行ってみたい所があるから少し歩かない?というので食後の散歩を決め込みました。Sさんは昔この近くに住んでいた事があるとの事で「わ~なつかしい~!この辺を自転車で突っ走ったのよ~」と楽しそう。緩やかな坂道で周囲は高層アパート群。大手企業の社宅なのだそうです。珍しい雰囲気の道でした。やがて、たどり着いたのは・・・・Sさんが一度入ってみたかったというかき氷屋さんでした。とても人気のお店で何時も道路まで行列が出来ているとか。この日も入り口を入ってすぐの階段の下から上まで行列が出来ていました。Sさんにひかれておばぁちゃんも久しぶりの行列。

で、んまぁ、異口同音に「わ~~~!!」ビックリのかき氷が出てきました。赤ちゃんの頭くらいの大きさ。何でもティラミスが人気との事で素直に私はティラミスを注文。時間をかけてゆっくり味わいました。頭にツンと来る事も無く優しいかき氷。夏になったら炎天下長い行列ができるのでしょうか。

sanntyamapのコピー おなか一杯になりました。じゃぁ、歩いて三軒茶屋までいこうか!とSさん。老人たちはいささか疲れ気味なのでタクシーでという話も出たけれど、お天気も良いしあるこうよ~~というSさんの勢いに、そうだそうだとまた歩き始めましたよ。米寿を迎えるKさん、大丈夫かな。うん、大丈夫そう。かくして暖かい雰囲気の三軒茶屋の商店街に辿りつきました。このあたりの写真を撮ればよかったなぁと残念。初めての街は珍しくて楽しい、と浮かれて駅に辿りつきました。有難う、またね~お別れして帰りました。

帰宅して歩数計を見たら8500歩を記録。やっぱり沢山歩いたんだ~良かったな~。
所が一夜明けたら左足の付け根あたりが痛くて・・・・骨がすり減ってしまったのではないかと思う位。ビッコを曳いて歩きましたよ。3日目にようやく回復。これからは6000歩が限度と心得ましょう。ああ、年は取りたくないもんですね。
  1. 2018/03/22(木) 22:31:59|
  2. 料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

寒くても食べます

IMG_20180130_035757.jpg 毎年冬はこんなに寒かったかしらと思う程の寒さ。48年ぶりというからやはり本当に寒いのでしょう。先だって降った雪景色の総括です。と思ったらまた今度の金、土に雪の予報です。今度は夜中にしんしんと降るらしい。
DSC_2410.jpg  所で暮れにバリから来た孫がお土産に殻入りのバリのピーナッツを持ってきました。日本で一般的な落花生より小さくて可愛らしいサイズです。これが、殻ごと塩で炒ってあり、指でプチンと割ってちびちび食べるのが美味しくて気に入りました。今日買った落花生と比べると大きさが分かります。と、良く見たら、この落花生は中国産でした。ビックリ!

Collage 2018-01-30 04_22_59 娘からのお願いメールで29日は二人の孫の夕食当番。毎度ハンバーグにスパゲッティー、焼き肉にカレーといった定番メニューでしたので今回は受験で頑張っている上の孫を元気づける意味も込めて餃子をうんとこさと作りました。それに寒いので根菜と豚肉を入れた豚汁を。画像左上は焼く前の餃子です。その右は別の日の献立。ジャガイモにスパイスパウダーを絡めてオーブンで焼いたものにカリカリベーコンとピーマンを散らしたもの。左下はかねて作りたいと思っていたからすみスパゲッティー。自己流なのでイマイチ???味はまぁまぁ。万願寺唐辛子はこの時期出回っておりませんでした。右下は茹でたキャベツ、もやし、豚肉にゴマダレをかける簡単料理。簡単で美味しい。

という訳で今週は相変わらず寒いのでまたキムチ鍋かきりたんぽ鍋が登場しそうです。
  1. 2018/01/30(火) 22:12:03|
  2. 料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

女子会って?

 女子会しない?ってYさんから電話がありました。うへ~。。女子会。。。生涯最初で最後の女子会?誘って下さったのはず~~っと以前某健管(○○病院健康管理部)でパートタイムをしていた時一緒にお仕事していた当時まあだ若いお嬢さんで息子とほゞ同じ位の年齢の方です。いつも自分の母親位の年齢の私たちに声を掛けて下さる素敵な方。
16日は暑い日でしたが、久し振りに皆さんに会える楽しさで最寄りの駅にいそいそと出かけました。

DSC_1983.jpg 目的地は池尻大橋。降りた事の無い駅でしたが、一度乗り換えて到着。時間ピッタリに4人が揃いました。お久しぶり~~みんなでニコニコ!
Yさんはいつも美味しいお店を選んでくれます。この日はイタリアンレストランでした。
先ずは生ビールで乾杯。前菜の盛り合わせは生ハム、サラミ、タコ、野菜の盛り合わせ。冷たくて美味しい!


DSC_1984.jpg

 万願寺唐辛子入りのカラスミスパゲッティー。ちょっと辛みがあってこんなに美味しいスパゲッティーは初めてでした。今度家で作ってみたくなりました。でもカラスミはちょっとお高いですね。脂っこくなくてさっぱりとしてコクがあってべリ^グッド!


DSC_1987.jpg
「ここのジンジャーエール美味しいのよ」とのYさんのお勧めで早速頂き。「あら、辛みが利いてるわね」と私。
「だってジンジャーだもん」「ハハハ」 市販のジンジャーエールとはまるで違うほんまもんでした。う~んオイチイ!


DSC_1993.jpg

 この他にマカロニ。。いや、ペンネの一皿やフランスパンなどもついていましたが、画像撮り忘れ。
このデザートは雲のおなかに入ったもの。ナッツ入りフローズンケーキ。ちびりちびりと頂きました。


DSC_1994.jpg

こちらはYさんのデザート。隣の芝生。綺麗で美味しそう!




DSC_1995.jpg

 ハイ。本日はおしゃれにカモミールティーに致しました。そこはかとない香りに気持ちがとても和みました。



kenkan1.jpg



記念写真。素敵なシェフさんに写して貰いました。え~~私たちこんなに大きくとれちゃったぁ~と前列のお二人。若いからいいのいいの。後列は超高齢者です。Yさん、また声をかけて頂戴ね、とお願いしてハッピーな時間を惜しみつつ解散致しました。感謝。
  1. 2017/07/23(日) 22:01:14|
  2. 料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

大きな蕪

蕪
 娘のお裾分けで安曇野から送られて来た大きな蕪が到来した。
サテどうして食べたら良いか・・・FBでお知恵拝借した結果、糠漬け、煮物、酢漬け、千枚漬け、サラダなどの献立を頂いた。そこで簡単なサラダと千枚漬け風甘酢漬けを。何と言っても、甘酢漬けが一番であった。糠漬けもいけるかもしれない。最近つい面倒で野菜摂取が不足していたかもしれない。一寸手を加えて何となく豊かな食卓になった。
  1. 2015/07/01(水) 15:45:20|
  2. 料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード