おだやかな日々に

頑張ったバラ


4月28日にアップした不思議なバラ。初め一つのバラの真ん中に固まっていた三姉妹がそれぞれに一生懸命開花してくすだまのようになりました。今はカットしてテーブルに鎮座していますが、直径10センチの見事な大輪です。今年は長女?のこの花に続いて蕾が沢山ついております。これからしばらく楽しみです。


話変わって一月から半年の間、短歌の「青風」誌からの依頼で朝日新聞の歌壇の作品の中から良いと思ったものを一か月分10首選ぶという事をして居りますが、そそっかしい雲は4月が五週あることをすっ飛ばしてしまい、4週分だけ提出してお許しを頂きました。それで罪滅ぼしではないですが、5週目の短歌作品から選んでここにアップしてみる事にしました。何時もは自分の気持ちに沿ったものを選びますが、ここでは敢えて時事問題を詠ったものを抽出してみました。
 辺野古沖のジュゴンもうちのミシシッピアカミミガメも爆音ぎらひ  小野長辰
 忖度をする人される人ありてされる側には自殺者のなし        萩原葉月
 忖度のつぎは改竄隠蔽と画数ふえて闇深まりぬ            小知和弘子
  「七年が過ぎたのですね」「七年も続いているのです」積む廃棄物  細野八重子
どうも心が痛む、辛い現実が詠われていますが、
 猪よ残してくれてありがとう竹の子一本抱きて帰る             住野澄子
 ねえちゃんを想ってくれる人がいて今日はほのぼのレモネード日和   松田わこ
などの歌を見るとほっと幸せな気持ちになってしまいます。
さあ、これでやっと四月にお別れ出来ました。


 


  1. 2018/05/03(木) 16:37:00|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

よくばりなバラ

 春が来たと思ったらあっという間に桜が咲いて散って、今度は庭の花が次々に咲き始めました。で、一番初めに咲いたバラ!何だかおかしいと思っていると花の中に蕾が3個。まさかこれが咲くのかしら?と思っていたら、何といじらしくも小さいなりに一生懸命、それぞれ咲いたんです。

hanahana.jpg
それはそれとして、今年の花たちは例年に比べてどの子も美人です。きっと冬がとても寒かった事が関係していると思うのです。キンギョソウなど、去年とはまるで別人!のように美しくて、毎日見とれております。今日はヒメアヤメが咲き出しました。芝に囲まれてこちらはちょっとお気の毒。何とかしてあげなくてはと思案中。春爛漫。今が一年で一番気持ちの良い季節。


  1. 2018/04/28(土) 21:45:51|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

咲いて育って今年の夏去る


 九月も半ばを過ぎました。今一生懸命咲いているのが酔芙蓉。毎日お酒を飲んでほろ酔って・・・facebookに 、酔芙蓉が咲くとおわら風の盆を思い出すと書かれた方がありました。今年は私にもその話がこの花と結び付いて良い感じです。毎年忘れずに咲いて呉れるモミジアオイ(紅蜀葵)。 毎日ひとつ咲いてまた散ってまた一つ咲いて・・・ぽっと心を和ませてくれました。雲の誕生日から咲き始めたから自分の誕生花にしようかな。

今年は朝顔に狂いました。もう普通は今時分におしまいになる朝顔ですが、植えたのが遅かったので、これから盛りになるところです。今月いっぱい咲いてくれるでしょうか。 そしてお花好きな姪が赤い花の咲くという赤花蕎麦の種と食用菜の花の種を呉れましたので、プランターに撒いたらちゃんと芽をだして呉れました。蕎麦は10月上旬に咲くそうです。我が家で咲いて呉れたらおなぐさみ。明日香の石舞台に行った時、すぐ近くの畑で綺麗な赤い花の咲いている風景を見た事がありました。あんな花が咲くのかしら。
台風が近づいています。無事に過ぎてゆきますように。やっと心地よい気温の日々が続きそうです。そして今密かにコスモス狂いが始まりそうです。一面に咲いているコスモスの中に埋もれてみたい。昭和記念公園は遠そうで・・・どこかにゆけるかな~~
  1. 2017/09/16(土) 15:30:47|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

咲いた朝顔


  昨日までの暑さからようやく解放された今朝、雨戸をあけると直径10センチもありそうな朝顔が地面近く、咲いていました。苗を呉れた姪から白い花と聞いていたのですが、芯の方に紫がかったピンク色がアクセントになっていて大らかな花でした。蔓はまだしっかり支えに巻き付いていませんが、蕾が沢山あるので、これからしばらくの間楽しませてもらえそうです。あと二種類の花も楽しみ。姪のお蔭で早速朝顔にまじかに逢うことができました。ありがとう!日本の夏は朝顔ですね。
  1. 2017/08/27(日) 09:48:20|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

花の記憶 5月~6月

垣根のバラ
毎年、最寄りの駅に行く途中でとあるお宅の垣根にこの白いバラの花が咲くと思い出す事がある。高校生の頃、学校の垣根にずらりと咲いた薔薇にそっくりなのだ。宗偏バラと呼んでいたが、正式の名前かどうか知らない。
 そのバラの垣根の内側のテニスコートで真っ黒になってテニスをしていた。学校の近くのかき氷屋さんで食べた山盛りのかき氷の色と味。すべてがこのバラの花から蘇ってくる。試合には「出ると負け」のカップル。前衛でしゃがみこんでくさるEちゃんも懐かしい。

かわらなでしこ
 秋さらば見つつ偲へと妹が植ゑしやどのなでしこ咲きにけるかも  大伴家持
 万葉集の講座でこの歌が出たところ、一人の方が次の回になでしこの花を持ってきて見せて下さった。庭に種を播いて育てたら沢山花が咲いたとのこと。これはかわらなでしことのこと。やさしい花。



ネムの花
 ヨガに行く途中、女子高校の道路側の庭にネムの花が咲いていた。
思わず「ああ、綺麗!」とひとりごと。しばし立ち止まってしまった。
友達と一緒にバスの中から見たネムの花。
あのときも異口同音に「ああ、綺麗!」と言ったっけ。


バラとラベンダー
今年はバラとラベンダーの当たり年であった。
サモンピンクとラベンダーブルー(そんなのあり?)の取り合わせに自己満足。
幸せな季節であった。
心を和ませてくれた花々、素晴らしい季節の贈り物を有難う。
今はくちなしと紫陽花が雨に濡れている。
  1. 2013/06/19(水) 10:10:42|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード