おだやかな日々に

ウイークエンドコンサート

介助犬
 コーラスのピアニストUさんとお友達のWeekend Concertに出掛けた。フルート、チェロ、ピアノで、副題は「南欧の風に誘われて」
 そこで介助犬に出会った。一般の席の後ろに補助の椅子を並べ、ご主人の足元に伏せて2時間、コトリとも音を立てなかった。

噴水
フォーレ、ドビュッシー、ファリャ、ボルン、アルベニス、ストラビンスキー、プーランク、ラヴェル、など、若くて美しくて新進のプレーヤーのエネルギッシュな演奏をたっぷり聴いた。殊に有名なフォーレのシチリアーノに始まったフルートの演奏はプーランクのフルートソナタに至って細かいテクニックが用いられてさぞかし高度な呼吸法が必要だろうなぁと感心しながら鑑賞した。
一緒に
 演奏会が終わって会場を出るとあの介助犬が早速目の不自由なご主人様に寄り添って歩いていた。ご主人さまも心地よいひとときを過ごす事が出来て本当に良かったですね。


みちくさ
来るときは蒸し暑くてしかも夕立が来るかも知れないという天気予報だったので、わざわざ電車に乗って来たが、帰りは気温も下がり、涼風が立っていたので、歩いて帰る事にした。久しぶりの道をぶらぶらと歩いて出会った花達。一番右の花は初めてお目に掛かる花だ。あじさいの仲間かしらん。立派なお宅の門から顔を覗かせていたので、ちょっと近づいてご挨拶。
ラヴェルのピアノ、4handsのスペインラプソディーのパンチの効いた音が今もまだ耳に残っている。今夜は涼しいからゆっくり眠れそうだ。
  1. 2007/06/30(土) 21:50:40|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

納涼会下検分

動く舗道
あるグループの納涼会の下見に出掛けた。目的の場所まで、なが~~い動く舗道が続いている。これは良い気分。成田空港に来たみたい。これから海外旅行気分。

恵比寿
今年の梅雨は陽性なのか、良い天気になった。カラリと広いスペースが気持ち良い。

こちらで
ここがお目当ての納涼会の会場。ミュンヘンのビアホールに憧れている雲、ここをドイツと仮定して当日は大いにビールを楽しむ事にしょう。

一目瞭然
ズームアップ!


夜は?
黄昏が迫る頃恋人と一緒になんて良いなぁ・・・

せせらぎ
涼しそうなせせらぎが流れていた。まさかビールじゃぁ・・・ないか。
待ち合わせの友人と本日の「お仕事」、つまりビアホールに入って下調べのおつまみとビールを飲む。広くて明るくてゆっくりとしてお兄さんは友好的。お喋りをしてお代わりの黒ビール。ああ、良いお仕事であった。

アメリカデイゴ
お仕事終了。ホールを出てぶらぶら歩いていたら真っ赤なアメリカデイゴが咲いていた。

グッドバイ
さ、帰ろうとガーデンを出る。おっと、信号が青に変わった。道を渡りきったところで、広告の女性が俄に近づいてきた。瞬間あろうことか自分があの女性になり変わったような錯覚。アルコホルはうれしやおそろしや。
  1. 2007/06/28(木) 21:58:19|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:21

梅雨の似合う花

ほたるぶくろ
岩たばこと共にホタルブクロに会えた事も嬉しかった。


ほたるぶくろ
やはり北茨城の山で良く出会った花だ。短歌の手ほどきをして下さったMさんが好きな花だった。「ホタルブクロ、知ってますか?」「俯いて咲いているんですよ。」という声が聞こえる。
かしわばあじさい
道すがら塀から覗いている柏葉紫陽花が微笑ましかった。ゴージャスでしかも清楚。外国種かな?
花菖蒲
 梅雨時を代表する花のひとつ。春に見た、東慶寺の耕された畑はこの花菖蒲の畑であった。
きんしばい
 左の花の名前を失念。つゆくさの仲間。同行の友人が「横から撮ると真ん中の白いところが綺麗に撮れるのよ」と言われたのでそうした。本当に何とも言えず繊細だ。真ん中はキンシバイ。そして右端がスイカズラ。定家かずらもあちこちで見かけたがうまく撮れなかった。
  
  1. 2007/06/16(土) 22:24:39|
  2. 鎌倉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

岩たばこ・紫陽花

岩たばこ
北茨城に浄連寺というお寺がある。そこで岩たばこを見た事があった。この度、わかめさんのブログで、鎌倉に、今、沢山の岩たばこが咲いている事を知って、是非見たいと思った。そしてとうとう願いが叶った。やや、盛りを過ぎたとはいえ、また、既に散っている花もあったとはいえ、そこかしこ到るところに惜しげもなく咲いていた。
あじさい
 紫陽花と言えば名月院、しかし、超満員とのこと。混雑はいやだ。再び訪れた東慶寺、浄智寺、海蔵寺、また、その道すがら何処に行っても瑞々しく咲いている紫陽花に巡り会う事が出来た。原種のような紫陽花から外来種のような紫陽花まで、幾たびも足を留めて鑑賞した。
そしてあじさい
鎌倉は何時来ても期待を裏切らない。四季折々の花々が迎えて呉れる。先ずは憧れの岩たばこと紫陽花に登場して貰った。
  1. 2007/06/15(金) 22:12:57|
  2. 鎌倉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

雲行きに騙されて

口上
 折角遅咲きのバラを見に行こうと思ったのに、友達は急病になるし、空には暗雲が立ちこめて今にも雨が降りそう。一人でも行こうかと思ったが、雲行きに騙されて諦める・・・ま、いいさ、何時も写真を撮る時間も無かった自由が丘の向こう側に買い物旁々散歩方々出掛けよう。近くなら雨に降られてもいいさ。とやけくそでやって来た街で先ず出会った陽気なおっさん。
駐車禁止
 なになに?駐車禁止なのに?バイク止めるなって?でも結構絵になってると思うけど・・・

黒と白
あ、このお店、黒と白以外の色を使って無い。開店が遅いこの街、奥で店員さんが朝のミーティングをしている。ガラスが反射してよく見えないけど。
ファンタジー
 思わず立ち止まってウインドウをのぞき込んでしまう。キルティングのメルヘンランド。
アンダーグラウンド
「ここに降りていらっしゃい」と見えない誰かが呼びかけている。或いは4次元への入り口かも・・・
グラーツ
グラーツはオーストリアですよ。思わずここからむこうの道に通り抜けることに。
ウエルカム
うっ、何とそんなに大歓迎してくれて・・お土産持ってくれば良かったな~。

赤と緑
一寸大人の雰囲気。赤と緑のコントラストを楽しもう。右側のアートな文字は人工芝の上に一つ一つバラでブロックのように置いてある。
ゴンドラ
 少し足を伸ばすとベニスである。今日はゴンドラにカバーが掛かっていた。
バーゲン
逆戻りして駅に近づくとこんな人形が並んでいた。人間の安売りみたいだよ。
葉陰
 年末になるとこの木は電飾に飾られる。今は爽やかな緑だ。



アシュレイ
 ブランドものを売っている○○○アシュレイさん。レッドの姿は無い。こんなアングルで如何?



子供の世界
プードルを引いて彷徨うおばさまと何度も会いながらあちらこちらうろついた。雨どころか日が照ってきた。これならばバラを見に行けたのにと未だ未練。まぁいいか。偶には見慣れた街をゆっくり歩くのも。子供服の店には、ちょっと古ぼけたお人形がお手伝い。チェコの街角を思い出した。どんどはれ!
  1. 2007/06/07(木) 22:26:38|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

万葉集落穂拾い 6

みやびを
相聞の続きです。
石川女郎が大伴宿禰田主に贈った歌です。
126 みやびをと吾は聞けるを宿かさず吾を帰せりおそのみやびを
大意: 君をみやびをと吾は聞いて居たのに、宿もかさず吾を帰した。おそらく君はおその(嘘の、鈍い)みやびを(風流を解する人)でありませう。
この返歌は
127 みやびをに吾はありけり宿かさず帰しし吾ぞみやびをにはある
大意: 君はおそのみやびをと呼ばれるが、吾はやはりみやびをであった。宿をかさず帰らせた吾がみやびをなのである。
下のURLに細かい説明がありますが、田主は(旅人の異母弟)それほど魅力的な男性であったのでしょうか。若い女が老婆に身を窶して会いに行くなど可笑しくもあるし、このように堂々と歌を詠んで遊びをする当時の宮廷社会に思いを馳せる。日本に仏教が入るまでは女が強かったんですよねと先生のお話。今も結構強い?
http://www2u.biglobe.ne.jp/~gln/88/8811/m04/8811041.htm

続きを読む
  1. 2007/06/06(水) 22:57:42|
  2. 短歌など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

あれやこれやと

見渡せば
息子が「すぐそこにこんな本が落ちていたよ。」と恐竜の絵本を持ってきた。見れば某学園図書館のシールが貼ってある。近所のアパートの子供が落としたのかと聞きに行ったが心当たり無いという。そこで、一寸遠いが自転車で届けに行く。丁度校門の前にガードマンが立っていたので手渡す。いかめしい顔で立っていた彼は急になごやかな顔になってお礼を言ってくれた。その足でそこからすぐ近くの大手スーパーに久しぶりで入ってみた。最上階まで行くと窓から新宿方面の高層ビルが見えたのでデジタルズームで写してみた。レオナルドダビンチの絵のように、遠くに行くに従って段々空の色に近くなっていた。
あじさい
あじさいが咲き始めた。以前婿殿の実家から頂いたあじさいだ。下さった母上はもう亡い。咲く度に偲ばれる。裏の狭い庭にもあじさいがある。これは先代の犬のポチとお散歩して空き地に咲いていたものをちょっと頂いて挿し木した。未だこちらは花時が遅く、咲いていないが、可愛かったブス犬との大事な思い出のひともと。

眠り
玄関のドアのガラスから太郎がすっかりリラックスして眠っているのが見えた。こちらもズームでガラス越しにそっと盗撮。間もなく9歳になる。あまり急いで年を取らないでネ。まだまだ男盛りでしょ?長生きしてたもれ。
  1. 2007/06/04(月) 21:13:38|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

しあわせな一日

みんさー踊り
 コーラスの友人のお嬢様のアマチュアオーケストラの演奏会に誘われて出掛けた。会場は蒲田のアプリコ。電車で行くのは初めてだったので、間違えて反対側の出口に出てしまった。そのお陰で賑やかな音に誘われて沖縄のミンサー踊りを暫く見物。犬も歩けばである。
 緑
駅のKOBANのとても親切なおまわりさんに教えて貰い、反対側に出て無事にホールに到着。ホールの前のスペースは緑で気持ちがよい。
 
 ロッシーニ セビリアの理髪師 序曲
 ドヴォルザーク 交響的変奏曲
 チャイコフスキー 交響曲大5番
 アンコール ドヴォルザーク スラブ舞曲
 
 今までアマチュアの楽団を2つ聴く機会があったが、これで3つの楽団を聴く事になった。それぞれ微妙に違う個性のようなものがある。
今日の楽団は比較的若い男女で名前に「三田」がついているせいか山の手風な演奏。16回を重ねているので、なかなかであった。チャイコの第2楽章は聴き馴染んだもの。出だしのホルンが一寸ズッコケたところがアマチュアらしくて良い。

演奏が終わってロビーに出ると一昨年まで長い間お世話になったコーラスの先生がいらしていた。コーラスの仲間も4人ほど。先生を囲んでしばし談笑。相変わらず清楚な身なりの上品な先生。少しだけお年を召された。過去の練習の数多の時間が心を過ぎったけれど、先生はただ静かに微笑んで居られた。
夕食後何気なくつけたテレビのハイビジョンでロランド・ビリャソン,プラシド・ドミンゴ,アンナ・ネトレプコの歌を聴いた。そしてわかめさんのブログでコカリナの音を聞いた。仕合わせな一日であった。
  1. 2007/06/03(日) 22:58:48|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード