おだやかな日々に

明日はコーラス

 色々と立てこんで、月3回のコーラスも外の予定とぶつかって月2回しか出られない事が多くなった。そのせいか、年のせいか、どうも最近声の出が悪くなったような気がする。が、外のメンバーも同様に加齢しているわけで、妥協するしかない。ところが、先生も同年配であるが、元気溌剌、快活、身軽&美声であるから年のせいにするわけにもゆかぬ。練習の合間に沢山笑わせて下さるので、楽しい。時には我々が笑いの種を作ってしまう事もあるのだ。先生とピアニストさんは上等だが、生徒の我々は下降線を辿りっぱなし。しかし、誰も止める人が居ないのは不思議な話だ。明日はそのコーラスの日。またずっこけるのだろうか・・・
fc2のHPはすっきりして綺麗だが、無料の方はmp3が入らないので、ベタベタ広告入りURLでそんなずっこけぶりをアップ致しました。お暇な方はずっこけコーラスをご覧下さい。途中からの曲が終わってからが山場です笑
  1. 2008/01/28(月) 20:25:11|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

イダの里帰り

airport
2年ぶりにイダがインドネシアに里帰りする事になり、成田まで見送りに行く。2年前も同じ時期で、珍しい大雪に見舞われ難儀したが、今日は快晴。絶好の日和となった。早めに着いたが、チェックインカウンターが未だしまっていて、乗客が延々長蛇の列。鶏インフルエンザやテロ、地震などのニュースにもめげず、こんなにインドネシアに行く人がいるとは、驚きだ。サーフィンを楽しもうという既に日に焼けた若者達もまじっている。
time table
11時丁度発(予定では、)のデンパサール行き、ガルーダインドネシア航空である。
今日のレート
自分が出国するときには手続きやら緊張やらで、余裕がないけれど、今日はイダがチェックインを済ませる間、空港の中をうろうろしてみる。今日の為替レートの掲示板発見。円高で、インドネシアルピアが下がっているそうだから、イダは幾らか買い物を楽しむ事が出来るかな。
おみやげ
 ロビーにこんな出店があった。外国人が土産に好んで買いそうなものが集められて居るのだろう。
モバイル
最近は海外でも使えるケータイが利用されているそうだ。海外で使用可能なレンタルのケータイの貸し出しをしているコーナーが目につく所にあった。イダもどうやら海外使用可能なものを持っているようだ。そうこうしているうちに出国審査の列が前に進み、チビ助は手を振りながら赤いリュックサックを背負ってママに手を引かれて消えていった。今頃は太平洋のド真ん中の空を一路デンパサールへと飛んでいる頃だ。
  1. 2008/01/27(日) 14:22:56|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

雪の降る朝

朝
朝7時、雨戸を開けたら雪が降っていた。お隣の屋根の雪をズームで。これからどんどん積もるのかな?
雪見障子
 雪見障子はこの日の為のもの。今年初めての雪らしい雪だから、一日こうして置きましょう。


雪の日は
雪国の人はそんな暢気な事は言って居られないけれど、雪が珍しい所では、偶に雪が降るとそこら中が白くなって新鮮だ。さらさらという音も心地良く聞こえる。新聞を読んでいたら、この前見た「のだめ」シリーズを放映していた。心が鬱気味の友達に教えてあげようと電話する。
彼女のおしゃべりを聞いてほんの少し心が重くなったが、その分、彼女の心が晴れれば何より。まだやっていた「のだめ」を最後まで見ながら笑った。他愛ない時間が過ぎていった。午後になったら雪が雨に変わってしまった。転ぶ恐れが無くなって結構結構。
  1. 2008/01/23(水) 14:24:37|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

テストです

やることが沢山ある時ほど、遊びたくなるのが雲の悪いクセ。試しにFC2の動画を利用してみました。myanさんのようにブログに直接載せる方法を未だ研究してないので、URLでお笑い下さい。「遊んで呉れない犬」をクリックです。
遊んで呉れない犬
うまく出ましたらおなぐさみ・・・
  1. 2008/01/19(土) 11:16:52|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

この目で見た雪の八ヶ岳

 八ヶ岳
  八ヶ岳に逢ってきました。


中央道で
朝6時に家を出発、中央道を走って雪を頂く八ヶ岳が見えた時は思わずバンザイ。

ゲレンデ
今日の目的はチビ助に橇をさせる事でしたが、雲は冬の八ヶ岳を見たかったので、同道しました。富士見町という所にあるこのゲレンデからはほぼ正面に八ヶ岳が見えました。網をはった内側でチビ助達はキャーキャーと橇遊びです。
見た
未だあまり混雑していない初心者用のゲレンデのはじっこを雪を踏みながらお散歩です。上に登るほど眺めが良くなります。

植物
笹にも松にも雪が降りかかっておりました。

あしあと
こんな雪を間近に見たのは久しぶり。柔らかくて細かくて真っ白。


これは?
これは?ひょっとして、雪を作る器械?今日のこのゲレンデの雪は作られた雪でしょうか。積雪一メートルと聞いたというけれど、まわりにはまだあまり雪がありませんでしたよ・・・
ほうとう
チビ助のお相手で2時間近くゲレンデをうろうろしてすっかり冷えてしまったので、近くの温泉にゆっくり浸ります。露天風呂もあったけれど、冷たい風が吹いていたので、やめました。ほかほかに。 仕上げはほうとう。舌を焦がさんばかりにあつあつのほうとうを食べて本日のイベントは終了。
証拠写真
午後4時近くには家に帰ってましたので、何だか夢をみたような気が・・・でも、確かに着ぶくれた自分が八ヶ岳を背景にしてデジカメに写って居りました。
  1. 2008/01/14(月) 22:36:25|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

またまたオペラ

雨の横浜
昨日の夕方のこと、コーラスの友人からの急な電話があった。「オペラ行かない?タダなんだけど」 漫画ならば、ここで「ブフォッ!」という吹き出しが。何で?どうして?
まるで棚からぼた餅ではないか。盆と正月が一度に来たか!今年と来年分のオペラが終わってしまうのでは?「またか」というような顔の相棒にいささか気を使いながら雨の神奈川県民ホールへ。オペラ
チェコ国立ブルノ歌劇場の公演、出し物は「タンホイザー」であった。
ほんまかいな。ワグナーの世界だ。序曲は聞き覚えがある。あの霧のノイシュバンシュタイン城が蘇ってきた。2階の前から2番目、真ん中あたりで、見やすい席であった。オケピットも良く見えた。勿論双眼鏡も活躍。字幕を読まないと話の筋が分からない。チラシの裏には、「ワグナー歌劇の最高傑作=タンホイザー。聖愛と性愛、清純の世界と官能の世界、理性と欲望、人間の避けられない葛藤と甦生を見事なまでに描いたワグナーの壮大なオペラ」とある。
だから一生懸命字幕を読まないと・・・・

プログラム
 アリアもたっぷり聴かせて貰えたが、何と言ってもあの「夕星の歌」はこたえられない。そのシチュエーションが分かった事も大収穫。それに合唱が素晴らしかった。中でも「巡礼の歌」は飛び切りだった。思い出してもため息が出る。明快でヴィヴィッドだったあの魔笛のモーツアルトの世界とは全く違う神と悪魔をテーマにした、エロチシズムと不条理感が漂うワグナーの世界に浸った4時間の長丁場であった。
幕間に
 幕間に2階のロビーに出るとガラスの窓がワイドスクリーンのよう。雨にけぶる横浜の街や港が一望出来る。恋人を官能の女神から解放して神の救済を祈って死んでいったエリザベートの歌声が何時までも聞こえているような・・・ミューズの女神の訪れに恵まれて、「今年ゃ春から縁起が良い♪」



  1. 2008/01/12(土) 22:23:14|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

オペラで女正月

コマーシャル
始動し始めた渋谷の町、駅前に立つと町は音にあふれ、ビルの壁面の大画面に映し出される映像の光が生き物のように迫ってくる。
人人人
 その下を人間が動く、動く。楽しげに語りあいながら行く若者達。家路に向かうサラリーマン、買い物帰りの主婦。外国人。
そして雲はこれからお友達に誘って頂いたオペラを見にゆくのだ。今夕こそはやっと訪れた「女正月」♪

オペラ
プラハ国立劇場オペラ、魔笛である。
初めて見る魔笛。とてもシンプルな舞台で、背景などの小物は殆ど無く、概ねこのふわふわした布があがったり下がったり色々に変化して場面転換を図る。それが実に巧みで引き込まれてしまうのだからにくい。
有名な「パパゲーノのアリア」や、コロラトゥーラ・ソプラノの「夜の女王のアリア」などは単発で幾たびも聴き馴染んでいるが、オペラとして通して見、聴くと、そこにくっきりと浮かび上がって来るのは、偉大なるモーツアルトさんだった。やっぱりオペラはオペラだ。
お友達のお陰でリーソナブルなお値段のS席で、堪能させて頂いた。ああ、オペラがもっともっと安く鑑賞出来るようならば、毎月でも見たいけれど、せめて一年に一度かなぁ・・・
  1. 2008/01/10(木) 15:52:18|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

香の木の実

香の木の実
昨日。群馬の土屋文明記念館に行ったというFさんからお土産に橙を頂いた。この橙は南青山にあった土屋先生のお宅の庭にあったものを記念館に移植したというもので、大変立派に育ち、このような実を沢山付けていたという。
 この木の事を先生のお子さまの小市草子(かやこ)さんは「かぐのひとつみ」というご本に書いておられる。
見るものは青葉の中の香(かぐ)の木の実(このみ)昨日の如く今日も下がれり(青南後集)
燦々と日を浴びて見事に実っているこの香の木の実、暫く鑑賞してからマーマレードにしようか。橙酢で酢の物を作ろうか。その前に歌が出来れば良いけれど・・・・
  1. 2008/01/09(水) 10:51:57|
  2. 短歌など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

七草粥

七草
今日はもう七草。スーパーで、いやでも気づかせてくれる。
何時もパックを買うのだが、割合からいうとはこべがやたらに沢山入っている。
鶏になった気分。しかし、真っ白なおかゆに細かく刻んだ春の七草の緑はやはり美しくほんのりとした塩味の舌触りは良いものだ。
芹なづな(ぺんぺん草)ごぎょう(母子草)はこべら仏の座(こおにたびらこ)すずな(蕪)すずしろ(大根)これぞ七草
これで風邪をひかなくなれば上々。
  1. 2008/01/07(月) 15:39:04|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

新しい年

年賀
新しい年がやって参りました。今年も平和な日本でありますように。そして世界中の人々に少しでも多くの平安が訪れますように。また、おだやかな一年でありますように。
今年もどうぞ宜しくお願い致します。
  1. 2008/01/02(水) 21:24:09|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード