おだやかな日々に

今年も

今年も
今日は4月30日。空襲で亡くなった姉と甥の命日である。最近は滅法雑用が多く、長年続けてきた姉達の為のおはぎ造りをしない年もあったが、今年は昨夜から餅米を浸し、おはぎを作る事が出来た。おはぎを作ると、それを知人宅に配るのも恒例である。お天気も良く、絶好の配達日和であった。
父母の知人のKさん宅へ。今はKさんは既に亡く、奥様は93歳。久しぶりにお訪ねしたら、もう、雲の事はお分かりにならなくなっていた。
そこのお嫁さんであるTさんとも既に旧知の仲である。彼女は父の友人である義父を看取り、現在義母を看取ってもう何年になるだろう。その間、ご自分の母上の介護も同時進行で行った。ところが今度は彼女の50代の独身のお姉さんがくも膜下出血で倒れ、入院していた病院から転院を迫られているという。そこで、意識不明で食べ物も自分で摂取出来ないお姉さんも引き取って一緒に介護する決意をしたというのである。
摘み草
 雲は泣いた。思わす、ティッシュを頂いて鼻をかんだ。傍らに子どもの時から知っている息子さんが腰に介護用のサポーターをしたまま立って居られる。その彼が、お姉さんを受け入れる事に同意してくれたのが一番嬉しい事だったとTさんは言う。
「頑張ります」という彼女に、「あまり頑張らないでね、ご自分が倒れたら大変だから」と雲は言った。家に帰って昨日孫が呉れた摘み草を眺めながら、生きていること、死ぬという事を考えた。
 
  1. 2008/04/30(水) 22:53:07|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

コーラスの勉強会

今日はコーラスの先生のお弟子さん達の勉強会があり、私たちも付録で歌を歌った。
月の角笛の中からまぁ、一番易しい歌であるが、一応季節限定、ぎりぎりゴールインというところ。
「うぐいす」「ほんとにきれい」の2曲プラスヘンデルのハレルヤは教会コーラスの皆さんと合同で歌った。
平均年齢後期高齢者直前ではあるけれど、気持ちだけは10年若返って・・・
デジタルオーディオプレーヤーで録音したものをパソに取り入れてそこからMDにマイクインしたものを録音してWMAをMP3に変換した為か?音が割れて聞きにくくなってしまった。お聞き下さる方は音を小さくしてお聞き下さいm(_ _)m
tunobue.mp3
  1. 2008/04/29(火) 22:53:53|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

帰り道のひろいもの

参道
ぐずついたお天気続きだったが、合間に晴れた日の青空や光は美しい。
月曜日はヨガの日。会場は九品仏のすぐ隣である。参道の緑が美しい。 
大広間 
 友人の都合でこの日はお当番を交代。窓をあけて大広間に掃除機をかける。まことに気持ちがよい。ここに11人が集まってのびのびとヨガをするのである。但し、毎回この会場がとれる訳ではない。

窓から
掃除が済んだ窓から手が届きそうなところに新緑が爽やかに揺れていた。
児童公園 
帰り、通りかかった児童公園の藤の花が咲いていた。少し赤みがかった色であまり冴えないと思っていたが、近くで見るとやはり藤は藤。ほんのりと良い香りがした。
青空
まだ咲いている八重桜を見上げると4月の空がとても青くて美しかった。

帰り道 
 火曜日はコーラス。29日の勉強会に歌う月の角笛から、「うぐいす」「ほんとにきれい」、ヘンデルの「ハレルヤ」を練習。この日は教会で歌ったので、気分が出た。帰り道、道端のアメリカはなみずきが美しかった。紫色の藤にも出会った。
つばめ 
 母燕が子どもに餌を与えていた。デジカメを出しているまに母燕はもう飛んで行ってしまった。子燕の頭だけチョッピリ覗いている。去年はこのすぐ近くの駅にも居たので、覗いてみたが今年は空き巣であった。駅員さんが大切にしていたのにね。
今日はブログが変。rightーleftが謂うことを聞かない。このところ、雲のパソにDELLの画像ソフトが使用期間あと58日などと勝手に出てきたりして調子が狂う。折角出てきたので、そのソフトを使って遊んでみた。
  1. 2008/04/25(金) 15:32:34|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

子守

花たち
昨日今日は小さいもの達とのお付き合いで日が暮れた。元々子どもが好きであるが、この年になると彼らのエネルギーにお付き合いするとどっと疲れが出る。うっかり抱っこをしようものなら腰が痛くなる。もう10年若かったらなぁなどと思う。昨日はちびすけのお供で遊歩道を歩いたら風で吹き飛ばされた八重桜の花があちらこちらに落ちていたので、拾ってきた。
見上げると八重桜、下にはつつじの花。乙女椿もまだ綺麗。ちびすけお気に入りのスーパーマーケットでトーマスのおまけ入りのお菓子を。お菓子よりおまけが目的。
今日はもっと小さいもののお守り。お昼を食べさせて少し遊んだら眠くなって寝てしまった。2時間も寝て呉れたので助かった。何でも「うーん」と返事をする。
「これ食べる?」「うーん」 「Sちゃんはおりこうさん?」「うーん」 「おばぁちゃん好き?」「うーん」
で、「お片づけしましょ?」というと返事をしない。少し脳が発達してきたとみえる。
花を見て疲れを癒しましょう。 
  1. 2008/04/20(日) 22:01:58|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

ジャランジャラン・インドネシア おしまい

まぁ、お風呂のお湯が時々水になったりしたけれど、珍しい体験てんこもりだったこのホテルにお別れの朝がやってきました。名残を惜しむかのように、昨日まで見えなかった山がベランダの目の前に現れたのにはビックリしました。ジャングルには朝靄がたなびいていてとても幻想的でした。




駅舎 
チェックアウトはこの建物からです。ジャワの古い駅舎だったそうです。向こう側に車が駐車できます。
チェックアウト 
イダがクレームなど!色々書き込んでいるあいだにお付き合いしたテーブルの昆虫です。これは灰皿。チェックアウトを済ませてこれからイダの家で皆さんとお別れです。
スーパーマーケット 
イダは途中スーパーマーケットに寄って日本に持って帰る日用品のお買い物です。この前に行った市場とは違って近代的な日本とあまり変わらないスーパーマーケット風景でした。お買い物をしている婦人達のスタイルに注目。やはりイスラムファッションです。

イダの家では皆さん集まってお別れ会の準備が整って居りました。お別れの時が近づいているのだと思うと、おとうさん、お母さんがとても寂しそうに見えて困りました。私は覚えたてのインドネシア語で「hatihati」(気をつけて下さいね)と言いながらハグハグ致しました。お父さんの威厳ある家長としてのご挨拶のあと、みんなが賑やかに、お別れの歌を歌ってくださいました。下のURLで明るい歌声を聞く事が出来ます。
 sayonara.mp3 
これでおしまいです。本当に長い間皆様から沢山の暖かいコメントを頂きまして、有難う御座いました。あ~、やっと日本に帰って参りました。感謝感謝です。
  1. 2008/04/14(月) 15:11:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:20

ジャランジャラン・インドネシア 20

レストラン
ここはレストランです。メニューを見ても分かりませんので、凡てイダにお任せで過ごしました。下の方にプールが見えその向こうはジャングルが続いて居ります。食事の後はぶらぶらとお散歩です。
コーヒープランター
コーヒープランターでは、未だ青いコーヒー豆がなっておりました。9月頃にはこれが赤く実り、とても綺麗になるそうで、ここで収穫して精製しているのだそうです。 
奇妙な植物
こんな妙ちきりんな植物に出会いました。 
道しるべ 
 ここには色々な施設があるので、道しるべが立っておりましたが、何とかいてあるのかちっとも分かりません。ヨガの道場もあるそうで、毎朝8時に行けば出来るそうですが、食事などに重なり残念ながら経験出来ませんでした。歩いていると四阿が見えました。そこで体験したことは次の動画でごらんください。



さて、またお散歩を続けましょう。と、雲は凄い物を発見しました!綺麗なブーゲンビリアの花を観賞中!
カメレオン これは何だ!イグアナだ、カメレオンだと暫し論争。カメレオンに落ち着きました。やっぱりここは日本では無かった!カルチャーショックならぬネイチャーショックでした。この画像は息子撮影。雲は感動の余り手ぶれでした。イダの動画も見て下さいませ。短い割にヘビーだったせいかいつもの動画では受け付けられませんでしたので、バジルさんに倣ってyoutubeに挑戦。


 
屋根
そろそろ家路に。またナローパスを通ってゆくと、こんな屋根が見えました。間もなく我が家に到着です。そしてもう明日はここに別れを告げる日がやって参ります。 







  1. 2008/04/11(金) 22:57:03|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:8

ジャランジャランインドネシア 19

とおりゃんせ 
 メインレセプションの建物の内部は解放されて自由に眺める事が出来ます。先ずそちらに行ってみましょう。我が家を出てこんな道を通って行きます。

部屋 
オランダ人がインドネシアでお金持ちになってこんな家を建てて住んでいたのですね。ゲストルームです。ピアノも弾く事が出来ました。

部屋 
隣の部屋です。リビングルームといった感じ。


ラジオ? 色々なアンティークな調度品。思わず欲張ってカメラに。これはラジオか蓄音機?

花
あ、お花で歓迎しているのはインドネシア人の男女でした。

肖像 
壁の肖像は誰でしょう。とても雰囲気のあるクラシックな絵でした。日本で言えば明治時代の高貴な女性みたいです。
置き時計
これもオランダ渡来の品と見受けました。
絵皿
いつ頃のものでしょう。踊るインドネシアの女性が描かれて居るお皿です。

備品 
部屋を出ると回廊があります。そこにこんな水場が。デルフト焼きでしょうか。

リラックス 
あ、揺り椅子には日本人のおばぁさんが座っていますから、こちらで、一休みされては如何ですか?

チェス
ではちょっと歩きましょう。あの建物は何かな?チェスなどして楽しんだのですねぇ。 

水の音
水の音に釣られてやってきました。 鳥の声、風の音、静かなジャワのひとときです。
くつろぎここでコーヒーを召し上がりながら動画でおくつろぎください。 



    


  
  1. 2008/04/10(木) 10:32:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:7

ジャランジャラン・インドネシア 18

 愉しかったマグランの普通のお家に別れを告げて、同じマグランですが、おじさんの家の反対側の田舎に当たる所にあるホテルに車で移動です。このホテルは広いコーヒープランターがあるそうで、建物は凡てオランダ人の古い邸宅を移築したものだそうで、以前イダが食事に来ていたく気に入った所だそうです。どんな所か楽しみです。
ホテル
この建物も勿論オランダのもの。ここでチェックインする間冷たい炭酸飲料をサービスされて、生き返ったような気持ちです。さて、どんな我が家が待ちかまえているでしょう。
我が家
今まで来たことが無いような建物です。オランダとインドネシアが微妙にミックスされている2階建てというか、なだりの土地を利用した半地下というか、何とも言えない雰囲気のおうちです。この画像は南側のテラスからのもので、2階が息子達下が雲のマイホームです。では、雲の部屋にご案内を。 小部屋 ドアを明けて入るとこの部屋です。え?小さいですね。どうやらこれは使用人のベッドルームのようですよ。 次の部屋がシャワールームとクローゼット。お風呂は2階に広い煉瓦づくりの薔薇の花びらまき散らしがあり、そちらで入浴。
ベッドからの視野
 ベッドルームはあまり広くはありませんが、調度品がやはりオランダ風。ベッドからの目線です。
心づくし
孫と薔薇のお風呂に入って部屋に戻るとさきほどは無かったお花が飾ってありました。
枕元に
枕元の窓際にも飾ってありました。この花は、スダッマラムといって夜になるととても良いかおりを放ちます。ピンときました。2階に飾ってあった花です。イダが飾ってくれたに違いないです。聞きましたらやはりそうでした。お花が無くて殺風景だからと気を利かせてくれたのです。お花があると無いとでは雰囲気が本当にまるで変わりました。この事に関してイダはホテルにすぐクレームをつけたそうで、翌日は赤いお花が加えられました。長い間ホテルで働いてきたイダはホテルに厳しいのです。 
窓  
窓にはこんなデザインの枠が・・・
ドアの向こう 
部屋の突き当たりのドアを開くと外のベランダに続きます。すぐそこにコーヒーの木が生えておりまし
た。


コーヒーをどうぞ
では、ここでゆっくりコーヒーでも頂きましょう。まわりはジャングルです!
  1. 2008/04/06(日) 15:56:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

春よ待てしばし

六義園
昨日は夫のある会の下見で六義園にお付き合い。多分もう有名なしだれ桜はお仕舞いであろうと思っていた。
散り始め 入り口に到着。「しだれ桜の開花情報」が貼ってあった。おや、未だ見られるかもしれない。

 おつ!
また門があって、そこから垣間見えるのは・・・見事なしだれ桜!

しだれざくら
思いがけず、なにしおうしだれ桜の下で写真を撮る事が出来た。折しも春の穏やかな昼下がりである。
もう新緑
長年東京に住んで居るのにこの庭園は初めて。広々とした回遊式築山庭園。柳沢吉保が作った大名庭園だそうだ。一時、大名の奥方になった気分である。巡りゆくに、やや、もう新緑!
花も 
 いや、待て暫し。しっかり春が咲いている。鶯の声も聞こえているではないか。
石も
見事な石にも春が溢れているようだ。

山ツツジも 
と思えばもう山ツツジが咲いている。

藤代峠から
道しるべに山路を行くと、ここは藤代峠。標高35メートル。中央の池の妹山、背山も眺められる。辛夷の花は大方散ってしまったが、あの大木に真っ白に花を咲かせている風情はさぞやと思われた。これからはつつじの季節。
「もう、ここに決めたら~?」
  1. 2008/04/04(金) 22:16:59|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

花づくし

多摩川
姪に誘われてあざみ野へ。多摩川で乗り換えです。富士山 
プラットホームから真っ白な富士山が見えました。

花トンネル 
 あざみ野に到着。花のトンネルをぶらぶらと。
ムスカリ
土手に咲いていたムスカリ。
白い家
白い家に似合う桜。
不思議な人 
不思議な生き物がいる・・・・


ある道 食事に行く道はやっぱり桜道。
しだれざくら
丁度見頃のしだれ桜に逢いました。


のぞいているのは 
花は桜ばかりではない。
花と雲
雲と桜。

花と雲
桜と雲。

花と雲
そして花と雲。

劇団四季 
劇団四季の周辺の桜は見事でした。

群生のクリスマスローズ
空に桜、地にはクリスマスローズ。

ひろいもの 
家路を辿る道々、今日の風でちぎれた花を拾い集めました。
さくらのとき 
我が家の玄関もさくらどき。
  1. 2008/04/01(火) 22:51:29|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード