おだやかな日々に

薬師寺展

薬師寺展
薬師寺展の会期も残り少なくなり、今日を逃してはちょっと行けそうもない。インターネットで調べると混雑しており、50分待ちとのこと。待つ事覚悟で、出掛ける。チケット売り場には、待ち時間80分と書いてあった。いいさいいさ。奈良まで行くより早い。やっと会場近くに到着。
傘の列
何と何と、行列は2重3重のジャバラ状態である。みんな日光、月光菩薩を拝観したい一念と思うと我が身も含めて日本人がいじらしい。
影
 行列が入り口に近くなった。国立博物館の奥の平成館の窓に青いドームが写って美しい。しっとりとどこも彼処も緑の雨である。

帰る人
やっと会場に入る事が出来た。先ず噂の聖観音菩薩立像にお目に掛かる。こんなに近く拝する事が出来るとは、雨の中で立ちつくした甲斐があった。美しく凛々しくほれぼれと見上げた。
 次は本命の日光、月光菩薩。だれも彼も感嘆の声を発している。どこから拝しても堂々と美しい。特に月光菩薩のお顔は何とも言えないくらい・・・・・感動・・・・
ユリノキ
外に出ると大きなユリノキに花が咲いていた。久しぶりの対面である。デジカメの電池が切れてしまったので、ケータイで写してみた。やはり良くないけれど、思い出に。花時はもう終わりに近い。
さつき展
 さつき展をやっていたので、覗いてみる。立派な盆栽の花さまざま。見事であった。
雨の上野であったが、大勢の人で賑わっていた。念願の薬師寺展に行く事が出来て嬉しい日となった。雨もまた楽しからずや。
  1. 2008/05/29(木) 16:50:34|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

薔薇の季節

薔薇
お散歩のお誘いで念願の今年の薔薇に逢う事が出来た。旧古河庭園は3度目であるが、何時も薔薇の季節ではなく、冬のバラ園、早春の薔薇園は、ひっそりとしたものであった。
華麗な薔薇が一面に咲き誇っているこの時期はすっかり様変わりで目の覚めるような美しさ。人々もすっかり薔薇の花に酔っていた。小さな売店に「薔薇アイス」など売っていたのはご愛敬であった薔薇既に盛りを過ぎているものもあったが、どの花にも思わず足を止めてしまう。それぞれについている名前とその花を見比べるのも楽しい。




薔薇
このような花を咲かせる為に、一年中手入れを怠らないのであろうと思うとただこうして眺める贅沢は例えようもない。折々吹く風に花冠が揺れて仄かな香りがあたりに漂った。嬉しいひとときであった。


  1. 2008/05/24(土) 10:53:11|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

万葉集落穂拾い 13

みちばたの花
 万葉集を読んでいても、現在の短歌のようにすんなりと意味がとおってこない歌が多い。(あ、現在の短歌はもっと難しいかも・・・^^;)大意などの解説を読んで、ああそうかと理解するのが関の山である。その中で時々オッと思う歌に出会う。
そんな一首。
君がためかみし待酒夜須の野に一人や飲まむ友無しにして (巻4 555) 大伴旅人
かみし=かもす、酒を造ること

どうも酒の歌になると俄然近親感が湧いてくる。
丹比縣守(たじひのあがたもり)と別れる時に詠んだ歌だそうだ。
この歌を読んだ時何故か良く友人と楽しそうに酒を酌み交わして居た父の事が脳裏を過ぎった。
一人飲む酒も良いものかも知れないが気のあった友と飲む酒はまた格別であろう。その友が遠く旅立ってゆく。その寂しさが心に響いてきた。共に酒を飲んだ訳ではないが、雲の30代を6年過ごした土地を離れて親友と別れて旅立った頃の寂しさも蘇ってきた。
但し、土屋先生は、「一通りの挨拶の歌であるが、空々しくなく実感のこもって居るのは旅人の人柄であろう」と書かれている。土屋先生はクールだ。でも空々しくなく実感のこもって居るの一言は重い。
下のブログを見つけて読んでいたらお酒に酔ったような気分。
http://blogs.yahoo.co.jp/chiyokokkk/folder/1558597.html
  1. 2008/05/14(水) 15:30:10|
  2. 短歌など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

「熱狂の日」2008 最終日

ベトナム国響
ブログのお友達に刺激され昨夜、「熱狂の日2008」最終日の検索をしたところ、未だ残席があるプログラムが見つかった。それが何と、4年前に歌った第九の指揮者、本名徹次氏のベトナム国立交響楽団であった。一度は彼の育てているこの楽団を見に(聞きに)行きたいと思っていたので、雲の重いはずの腰が急に軽くなる。その上、女性の団員がかのアオザイを来て出演していると知れば尚更である。

とはいえ、チケットが必ずあるとは限らない。朝8時半から売り出しというので、間に合うように張り切って家を出る。チケット売り場は空き空きで、応対も親切。10時からのベトナムとその上12時15分からの東京交響楽団のシューベルトの「グレイト」のチケットまで手に入った!この画像は演奏会の写真展の写真を写した物。実際のアオザイの何と美しかったこと!4年振りに眺めたマエストロ本名に盛大な拍手を送った。
音楽
 両方ともホールAであった。5004席もある大ホールであるから、まだまだ入れる。また来年も最終日の朝一でホールAを目指そう。


朝一にチケットをゲットするのはよいけれど、待ち時間が長いのではと心配したがそれは杞憂であった。これまでの演奏会の写真展を眺めたり、しているうちに、目の前で好田タクトという人のパフォーマンスが始まった。色々な指揮者の物まねである。小澤征爾、朝比奈隆、ストコフスキー、カラヤンなど。隣で見ている男性は、「そうそう、そうだったよね~」などと声を出していた。愉快愉快。この動画はジェイムス・レヴァインの物まね。



最終日
小泉和祐指揮の東京交響楽団も素晴らしかった。シューベルトの交響曲8番「グレイト」は何と1曲で50分の長さ。シューマンが「天国的な長さ」と評したそうだが、まるで大海原を悠々と航海しているような気分であった。半日に二つの違う楽団の演奏が聴かれるなんて、しかもたった3000円で。
外に出たら沢山の人々々。午後2時半頃の風景。
出演者たち
沢山の出演者達の楽しそうな写真がこの熱狂の日々を物語っていた。
お菓子の家
これはお菓子の家です。自由が丘では連休中、スイートフェスティヴァルで高さ2メートルの本物のお菓子の家が駅前に飾られてあると聞いていたので、これまた今日限りと帰りに覗いて参りました。一人遊びの楽しい一日でありました。



  1. 2008/05/06(火) 23:14:41|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

連休で

こいのぼり さがみの霊園にある姉のお墓に連れて行って呉れるというので、車で朝7時に出発。早々にお墓参りを済ませてそこからさほど遠くない中津川(神奈川県)の河原でデイキャンプをする事になった。緑が滴るような田舎道を走り、川に近づくと、テレビで見た事があるような風景に出くわした。車の窓からデジカメのシャッターを押す。太公望

河原につくと既に子連れの家族達が大勢陣取っていた。何とか場所を獲得して若い連中が店開き準備。その間にチビ助は大喜びで河原へ。年寄りもお供で滑らないように注意しながら川っぷちに行く。綺麗な流れである。釣り人が糸を垂れている。
バーベキュー
年中キャンプに出掛けている息子夫婦は手慣れたもので、バーベキューの準備が整う。雲は肉とおにぎりを用意してきた。炭火で上手い具合に焼きお握りが出来上がった。川の流れと緑の山を眺めながらの食事は上等なレストランでの食事にも増して結構なものである。
デザート 
デザートまで出てきましたよ。コーヒーは川の水を汲んで煮沸したものを使うというちょいとワイルドなもの。お隣さん 
お隣さんも若いお父さんが奮闘している。賑やかで楽しそうだ。子ども用のこんなに小さなテントも。
おなか一杯食べてこれから近くの服部牧場にゆくという。せっせと後片づけだ。

牧場へ
連休を比較的近間で過ごそうという人たちがここにも沢山集まっていたが、広いのでさほど混雑している感じではなかった。ここでもテントを張ってバーベキューという家族がいた。ここの目玉はジェラートだそうで、行列が出来ていた。吾等も並んでジェラートとソフトクリームをゲット。ミルクのジェラートが美味しい!
安い 
売店の前には一寸したバザールがあって、近くでとれたタケノコが無造作に売られていた。
折角牧場に来たのだからここで動物の動画を。このロバさん、奇妙な声を出して鳴いていたのですが、写し始めたら鳴くのを止めてしまいました。「もう一度ないてよ」という題です(^^)
Fc2の動画がうまく嵌ったようです。ウレチイ!(^^)!
ブログの「金槌」を叩いたらしたらブログが生き返りました。何故か?チンプンカンプンです^^;


  1. 2008/05/05(月) 15:43:40|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

若い人

旬 
近くのスーパーに買い物に行くと、水菜が一袋58円の大特売。立ち止まって考えていると、品の良いおばぁさまに、「これ、今の人はどうやって食べるのですか?」と聞かれた。今の人なんて言われてもそれほど今の人ではないのだけれど・・・と思ったけれど、サラダなんかにして食べるようですよと返事をする。「あら、それなら簡単ね」とうれしそう。行きがかりで雲も買う事にした。
「私93なのよ。若い人に聞かないと何にも分からなくて・・・」
ああ、驚いた。何て若々しい93歳だろう。身なりもキチンとされて、背筋もしゃんとして。
若い人なんて言われたのはウフフ・・久しぶりだけれど成る程93歳から見れば大分若い人には違いないとこそばゆいような嬉しいような。
そこで、旬のかつおのぶつ切り、水菜と新玉ねぎのスライスにショーユと大蒜のドレッシングで和えて鰹と野菜のサラダと相成った。昨日のたけのこご飯の余りのたけのことわかめの煮物を添えて今夜は偶然ヘルシーな旬のお総菜となった。ところで、あのおばぁさま、水菜のサラダはどんな具合だったかしらと少し心配。
  1. 2008/05/02(金) 22:42:50|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ブログがたいへんだぁ

ジャスミン 
画像の回り込みが今まで通りではうまく行かなくなって、雲がパソに色々なフリーソフトなどを入れたりしたせいかと思っていたがどうもそうでもないらしい。昔の宝物、HPの作り方を開いて眺めながらちょっといじったら回り込みが出来た。何気なくブログの日を遡って見たら何と全部回り込みが出来て居ないのですわ。これ、どうしましょ。みなさんのお宅は如何でしょう?
春爛漫も少し初夏に近づいた庭、シャクナゲの花、ジャスミンの蕾に挟まれて冬中堅く沈黙していた三椏の芽がこんなに立派になった。
  1. 2008/05/01(木) 16:19:21|
  2. あんなこと、こんなこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード