おだやかな日々に

万葉集落ち穂ひろい 13

ame
 歌にも品格というものがあるようです。
 
これやこの大和にしては我が恋ふる紀路にありとふ名におふ背の山35 阿閇皇女
我妹子に吾が恋ひ行けば乏しくも並び居るかも妹と背の山 1210 比喩歌より
 さて、この二つの歌のどちらに品格があるのでしょう。
素人の雲にとっては下の方が直接的で分かりやすい。と答えてしまいそうです。
土屋先生に依れば、
 「彼(上の歌)は実相であり、此(下の歌)は仮想である。歌品の高きと卑しきとの分かれる趣を知るには。便よき比較であろう。」とのこと。「乏」・・「ともし」を「羨し」と考えると下品になると。
また、次の歌に遭遇しました。
冬ごもり春の大野を焼く人は焼き足らねかも吾が心焼く 1337 比喩歌より
 う~ん、情熱的で格好良い!と思ったのですが、土屋先生は「民謡としていかにも低俗なものである。」と、一蹴。ギャハッ!
所がである。斎藤茂吉はこの歌を「万葉秀歌」に取り上げて居ると言うことで、はは~ん、斎藤茂吉は灼熱の恋をしたからか、などとまた下世話な事を思ったものです。尤も斎藤茂吉の万葉秀歌を読んでみれば、結論としては、「民謡風なものの中の佳作として鑑賞する方が好いであろう。」とのこと。絶賛しているというわけでもなかったのでした。余談ですが、茂吉のまじめな文章の中に突然「そんなら」などという表現が出てくるのが、可笑しくて・・・という訳で、土屋先生の歌品に対する繊細な感性に圧倒されると同時に、畏れ多くも、茂吉大先生に親しみを感じ、尚かつ雲の歌品への感度の鈍さを改めて知らされて、きょうの復習をおしまいに致します。
 画像は今朝の庭の花たちです。花はどんな花にも花品がありますね。
  1. 2009/06/30(火) 16:24:01|
  2. 短歌など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

美人は東月は西

月夜の美人
21時である。西の小窓のカーテンを閉めようと思ったら雲間から三日月がひどく美しく見えた。
そうだ、今夜は月下美人が咲く筈。東の小窓から覗いたら、暗がりのベランダで、東を向いて咲いていた。ひとりぽっちの月下美人。
  1. 2009/06/28(日) 21:15:27|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

太郎は一寸遠慮して

ツリー仕立て?
 今日も太郎とお散歩。この間とは反対方向の住宅街に。目を引くこの木はやまぼうし?
ねむの花が
ねむの花が咲く季節だったのかぁ・・・


空き地の草
 空き地には夏草が見事に生い茂っている。ここに住んで去って行った人が残した花が草に埋もれそうになりながら一生懸命にに咲いていた。
居るよ
 そして、君が今日の主役。身体は微動だにさせず、目だけキョロリと動かして我々を見送った。ゴールデンレトリバーの貫禄十分。
ツーショット
 今日は一寸遠くのスーパーマーケットでベルギービールを見つけた。ベルギーでは、銘柄ごとにグラスが決まっているというので、このグラスは、ベルギーで買ったものだ。発泡酒ばかり入れて飲んでいたので、今夜は久しぶりのご対面というわけ。
しつこく
久しぶりなのでしつこくツーショットを残しておこう。アルコール度が一寸高い。とろりとした舌触り。やっぱり美味しい!修道院ビールである。さて、面白い「天使と悪魔」を読んで寝ることにしよう。
  1. 2009/06/26(金) 16:00:33|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

梅干し

うめぼし
この年になっても梅干しを上手に漬ける事が出来ない。何年か前に張り切って10キロに挑んだが、見事にカビを生やしてしまった。それ以来すっかり怖じ気づいてしまった。母が上手だったせいで、自分で漬ける事もせずに何時も母から貰っていた。近所の奥さんが母に梅干しの漬け方を習っていたけれど、そんな気もなく、結局母は天国へ。
しかし、一度くらいは、やったぁ!という梅干しを漬けてみたい。今年はささやかに2キロだけ漬けた。あり合わせの焼酎を振りかけてカビ防止に。梅雨の合間の日に干した。減塩の梅干しに仕上がれば万々歳なのだけれど・・・これからが正念場。
  1. 2009/06/23(火) 20:48:04|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

父の日に

どらやき
今日は父の日でもあり、夏至で一年で一番一日の長い日であり、短歌の締め切りが迫っている日でしかも雨降りであった。その雨の中、孝行息子夫婦!がわざわざ上野まで「父」の大好きなどらやきを買いに行き、届けて呉れた。
東京で一番美味しいのだそうである。「父」は早速開封。ハハもお相伴に与る。なるほど、皮はふんわり、餡はポッテリ、舌触りが心地よい。確かにスーパーのどらやきとは全然違う。良かったね、父の日。夕方には孝行娘!から羊羹が届いた。これではメタボになってしまいますね。アンコのお好きなかた。
おことわり:最近迷惑コメントがしばしばですので、不本意ながらコメントを承認制にさせて頂きました。悪しからず、これまで同様よろしくお願い致します。
 
  1. 2009/06/21(日) 22:52:05|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

土曜日のお散歩

垣根
今日はおじいさんがRクンの野球教室にお付き合いしてヘロヘロなので、おばぁさんとお散歩することになった。おばぁさんはメタボ解消とかいって、遠くまで歩くつもりらしいぞ。どこかの家の垣根の花と葉っぱを撮している。青梅
 「あ~ら青梅勿体ないね~~」
おやおや、沢山落ちてるぞ。そうだ、ここの家、秋には栗の実も落ちてたっけ。 
これから?
おばぁさんはどんどん歩いていつもの遊歩道と全然違う遊歩道まで来てしまったよ。先週、ピンク色のタチアオイの花がとっても綺麗に咲いてたので、また見たいと思ったらしいけれど、もう花が少なくなって居たってさ。遊歩道の花
いろんな花が咲いてるね。黄色いのは美女柳?散りかけてるぞ。

遊歩道の花
変わったあじさいの花だね。アレ、矢車菊の所で立ち止まっちゃった。もしかして、何か思い出してるのかなぁ。花やさんで見かける花まで咲いてるね。
遊歩道の花真ん中の蕾、大きいね。ハマユウかなぁ。咲くと白くなるのかな?一番右は葉っぱが山吹みたいだけれど、一寸違うんだな。

思い出
この花はおばぁさんが子供の頃あちらこちらで見かけたんだって。終戦後の不自由な時代を思い出すんだってさ。
トンネル
遊歩道が終わったのにまだ歩くのぉ?おばぁさんだってこんな所に来たこと無いんでしょ?



これから?
トンネル抜けてどこにゆくのさぁ・・・

ねこじゃらし公園

思いがけない所に出たねぇ!ねこじゃらし公園だってさ。


くたびれたぁ
お花の所で写真撮って呉れるったってさぁ
、ボクもう暑くて暑くてくたびれたぁ~~
百合が咲いてるって?もう、どうでも良いよぉ・・・





小休止
さぁ、帰ろうね。
そうなんだぁ。
ここはヴァイオリンを調整してくれる所だって。何でも何時も仕事がいっぱいでなかなか順番が来ないそうだよ。おばぁさんがうっとりと立ち止まってる。
自由が丘犬に
自由が丘の町に入ってきたよ。土曜日曜の自由が丘は人間がいっぱい。ぼくはこういうところ大嫌い。でも、今日は歩きすぎてわけわかんないうちに混雑した所を通り過ぎてやっとこさ、お家に辿り着いたよ。ああ、喉かわいた!


  1. 2009/06/13(土) 21:58:56|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

雨だから

ブラックベリー
 東京も梅雨入りした模様。最近の気象庁は梅雨入りしましたとは言わないようだ。朝からサラサラと雨の音。小降りになったので早めに一番近いスーパーに行く。入り口に定価500円で、時々鉢植えの植物が置いてある。今朝はブラックベリーに呼び止められた。
「これなんですか?」と、どこかもご婦人に聞かれた。
「ブラックベリーだそうですよ。だけど、どこに植えようかしらと考えて迷ってるところです。」
「どこでも植えときゃ育ちますよ。植物は人間と違って正直だから」
「そうねぇ、愛情さえかけてやればねぇ・・・」
「ハハ・・育つものは育つし、消えちゃうかも知れないけど良いもんですよ。ホラ、もう実が成ってる」
というわけで籠に入れた。
わさび菜
 サテ今夜は・・・と、珍しいわさび菜に呼び止められた。辛いかなとこっそり葉先をちぎって囓ってみると、全然辛くなかったので、試しに買ってみる。今夜はサラダにしてみよう。結果の成否は分からない。
  1. 2009/06/11(木) 11:40:59|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

うわさ その二

枇杷の実

今日おじいさんが近所の浮き世床から安そうなヘアトニックの匂いとまことしやかなうわさ話を持って帰って来た。其れによると、そもそも、ハクビシンは綱島の果樹園に出たそうだ。そこの果樹園を荒らすので、捕獲して業者に持って行って貰ったそうだが、また出現した。業者に頼むと一匹一万円かかるので、今度は捕まえたハクビシンをどこかに捨てたそうだ。実に尤もらしい話である。綱島、田園調布、そして我が家の近辺に?お隣には大きな枇杷の木があり、夏みかんの木があり、条件は整っている。昼間は毎日カラス、野生化したインコがにぎにぎしくやってくる。そして夜な夜な白美人が?
  1. 2009/06/06(土) 16:47:54|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

うわさ

あじさいの咲く頃
先夜、真夜中に太郎がひどく吠えたそうである。その時、異様な声が聞こえたそうである。それは、猫の声でもなく、聞いたことも無いような声だったと、彼女は言った。もしかして、ハクビシンではないかしら。と。田園調布にハクビシンが現れたそうであった。最近、400メートルほど離れた家の小さな池が荒らされたそうである。ハクビシンの仕業らしいという話を聞いた。と、彼女は言った。
今日、一軒おいて隣の彼女の家に行ったら、「今朝見ましたよ!ハクビシン」と言った。「えっ!」
目の前の庭を横切って行ったそうである。「鼻が尖っていて、体と同じくらいの長さの尻尾でしたよ。」と彼女は言った。この間の真夜中にハクビシンを見たのかいと太郎に聞いたけれど、答えて呉れなかった。本当にこのあたりを徘徊しているのかしら。
 息子に「ハクビジンが夜中に出たんだって」と言ったら「えっ!こうぇ~~・・・ハクビシンじゃないの?」と言った。白美人が真夜中に徘徊していたら、そりゃコワイでしょうね。
  1. 2009/06/05(金) 20:51:25|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード