おだやかな日々に

春一番

しっかり春
タイに行って来たという姪からの誘いで久しぶりのデパートデート。連絡通路の花も今日の暖かさですっかりくつろいだ春の顔をしていた。
偶には
例によって食事を共にしながらあれこれととめどないおしゃべり。タイはどうだった?食事が美味しかった。気温が35度もあって暑かった。キンキラキンのお寺を見てきた。などなど。タイシルクのスカーフを頂戴する。
ここにも春が
デザートが出た。あらぁ、おひなさま。春ですねぇ。「これ、私が作ったんです」とお運びの若い女性が嬉しそうに言った。

食事の後はコーヒーを飲まないと落ち着かない姪である。何時も彼女の好きなスターバックへ入るのが定番である。ここは何時も若い人達で混んでいる。ベビーカーを曳いたヤングママ達も沢山来ている。後期高齢者にはこんな所も偶には気分転換になって宜しい。
スタバで
この際、体重の事は忘れて、お兄さんお勧めのフルーツケーキを。小さな紙コップに試飲用の新商品が配られた。梅の花の香りがする一寸甘い飲み物。季節ごとに何か新しいものを出しているようだ。
こーとはいらない春
 そろそろ帰ろうかと店を出ると屋上庭園の紅梅が目に入った。わ~きれい!と花に誘われて出てみると南風が吹いて一挙に暖かい春の陽気である。
姪の脱いだコートが風に飛ばされて側の池に落ちてしまった。
あらあら・・・でも暖かいからコート無しでも大丈夫。日が呉れないうちに、急いでね。
じゃぁ、またぁ~~
この分では明日も暖かそうだ。明日は力強く萌えだした庭の草とりをしよう。フィギュアスケートも見なくてはならない。浅田真央、頑張れ!それにしてもキム・ヨナの滑りはすごい。あの二人の素晴らしいスケートを楽しむ事が出来るってラッキーだと思う。
  1. 2010/02/25(木) 21:37:40|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2度目の雪は春の淡雪

雪雀
昨日の朝、寝ている部屋の軒先をトントンがさがさと小鳥の意外に大きな足音がした。雨戸を開けると外は雪景色だった。
雪椿
下を眺めるとほどよく椿の葉に雪が積もり、ちらと赤い椿の花が美しかった。

雪三椏
今年も三椏の花がほぐれ始めた。でも、とても寒そうで可哀想。

ヒマラヤユキノシタ
名前のように雪の下でも可憐な花を咲かせるのだろうか。一番早く咲いてくれる花である。

知らぬ間に
溶け始めた雪。気がつくと植木鉢の中でクリスマスローズの花が咲いていた。
  1. 2010/02/19(金) 22:02:00|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

7歳

手作り
この間生まれたばかりと思っていたら、もう、二人の孫が7歳の誕生日を迎えた。いつものように持ち寄りの誕生パーティーである。ジジババは会場係とリクエストの手巻き寿司準備。(一番大変じゃないかい?)イダは手作りケーキ。娘はおかずと飲み物。大小合わせて9名ワイワイガヤガヤ。イダオリジナルのイチゴのデザインが秀逸。
7歳あんぐり
7歳ともなると、早食い競争である。ローソクの火を消した途端に永久歯の生えた口にアッという間に飲み込まれる。
ベイブレード
今ベイブレードに夢中。昔のベーゴマの進化形?親も一緒に夢中のようだ。赤い台はスタジアムという。もう二人とも、完全にゆりかごから飛び出した。
  1. 2010/02/16(火) 13:47:21|
  2. あんなこと、こんなこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

お目出度い話

紅白
去年の暮れにコーラスの友人の一人Aさんが、某繁華街にて買い物中転倒して大腿骨骨折し、緊急入院、手術をした。何でも金物を入れたそうである。Aさんは私より年上、これはこれは大変な事になったと一同他人ごとではないと話し合った。老人が大腿骨骨折して寝たきりになった話は再々聞く所である。あのAさんも遂に・・・と私を含めて大方の人は思ったに違いない。所がである。私がぐずぐずと長い風邪を引いている間に彼女はせっせとリハビリをして、驚いた事に、今日すたすたと歩いてコーラスに復帰したのである。
Aさんとの会話。
「あなた、杖もつかずに大丈夫なの?」
「だからサ、皆さんが心配して呉れるから、皆さんの為に杖を持って来たわよ。」
そう言って彼女は杖を空中でくるくる回したもんだ。
病院ではピンクの病衣を着て、早朝から自主トレリハビリをしたそうで、リハビリおばさんと有名になったそうだ。それもこれも、コーラスに復帰したい一心だったとのこと。私がそうなったらそこまで頑張れるかどうか自信は無いが、しかし、彼女のお陰で少し考えが変わったような気がする。まぁ、先ず転ばないのが先決ではあるけれど・・・
  1. 2010/02/09(火) 21:14:44|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

雪だっ!

今朝二階の雨戸を開けたら小動物が庭を駆け回っていた。今年初めて東京に降った雪。
咲きかけの椿の紅が雪に映えて美しかった。

などと気取ってみましたが、良く見ると実は太郎は滑ったのです。hahaha....
  1. 2010/02/02(火) 21:59:19|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

弔花

弔花
昨日は雲の属している短歌会の「K先生をしのぶ会」があった。K先生とは小市巳世司先生である。
2006年1月28日のブログに「短歌と私」と題して次のような事を書いた。
「小市巳世司先生には茨城でお世話になったT先生にどこか相通ずるものを感じた。
アララギ時代、その小市先生に3首も採って頂いた事があった。その中の1首に、
  街燈の灯にきらめきて雪溶けの水が氷となりてゆくとき
があった。誰も居ない夜の道でキラキラとした水が氷に変化してゆく一瞬に遭遇して、
そのかすかな一瞬がいとほしくて何故かいたく感動した。そしてその「時」を残しておきたいと思った。
 結局、アララギが解散してどこの結社に入ろうかと思った時、小市先生の居られる所に迷わず入ったのは、「その歌」に目を留めて下さったのが小市先生であったからかも知れない。きっとそうなのだろうと思う。」

小市先生とは遂に個人的にお話したことも無かったし、先生が私の事をご存じであったかどうかも知らない。そんな事はどうでも良い事だと思っている。私の中の小市先生は、お懐かしいT先生でもあるのだ。
花に囲まれて昨日遂に黙って大きな写真の中で微笑んで居られた小市先生。先生から最後に頂いた弔花が雪模様の今宵密かに香っている。


  1. 2010/02/01(月) 21:45:32|
  2. 短歌など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード