おだやかな日々に

8月がおわる

プレゼント
28日、4才になったSの誕生会。プレゼントに何やら難しい名前の変身ロボットを貰ったが、7才のRとUが親切熱心に箱の蓋を開けてあげているところ。
今日はピザ
今日はピザパーティーである。宅配のピザで子供は満足、大人はらくちん。
4本
3回かかって4本のローソクを吹き消した。「誕生日おめでとう」と書かれた板チョコを食べる権利を有するのはS。お兄ちゃん達のうらめしそうな顔。
花火
締めは花火である。おとなりのおばぁちゃんも参加してにぎやか。太郎まで嬉しそうにうろうろする。火がこわくないのかねぇと不思議。チビ用の花火なので音がしないので怖くないらしい。9時に解散。

一夜明けて・・・・・・・・・ 

標本
お友達にチケットを頂いたので、ジジババは奮発して7才二人を連れて大昆虫博を見に江戸東京博物館へ。二人は水筒持参でわくわくと。両国駅から会場までの道は熱したフライパンのよう。申し分のない暑さである。
生きている昆虫は居ないということで、ちょっとつまらないかなと思ったが、それどころではない。素晴らしい標本が盛り沢山でRは殊の外大喜び。インドネシアに居るという「コーカサスオオカブト」の見事な標本を見る事が出来た。宝石のごとく
美しい蝶の標本をもっとじっくり見ていたかったが、ちびがウロチョロするので、見失っては大変とあとを追う。
ついてる
正に大昆虫博である。こんな兜も存在していたのである。
昆虫博を堪能してから同じチケットで入れる常設展へ。Uはどちらかというと昆虫よりこちらの方に興味を持ったようだ。
興味津々
二人揃って意気投合、熱心に双眼鏡で江戸の町を眺めていた。何がそんなに面白い?
最後は江戸の駄菓子屋である。3品105円の駄菓子を選ぶ楽しみを存分に味わったらしい。何と江戸時代は良かったなぁ。
腹減った~~のコールで駅前のマックへ。夏休みの宿題が残っているRを成る可く早く家に帰さなくては。
ジジババも早く帰って一休み。忙しい2日間であった。
(ご参考までに大昆虫博はこちらをクリックです。)
  1. 2010/08/31(火) 21:37:52|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今日のわかれ

無心
友人宅に行った帰り、ご主人共々、駅まで送って下さった。
この友達と今度は何時会えるのかしら。もう会えなくなるかも知れない。
駅前の噴水の水たまりで小さな男の子が無心に遊んでいた。
霞んで


泣き出すからもう行って下さいというご主人の声に促されて改札口からホームに出た。プラットホームの端まで行ったら、建設中のスカイツリーが霞んで見えた。
瞬間四次元の世界にふっと引きずられて行ってしまうあなた。150パーセント元気と仰るご主人の背中が痛ましかった。海の風が吹く涼しい町の晩夏。忘れられない今日のわかれであった。
  1. 2010/08/27(金) 21:09:15|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

メモ・アラ・アラ・夕食 

wating戸棚の中の捜し物をしていたら、メチャ!懐かしいものが出て来た。
娘が高校生か大学生の頃の娘を「まちくたびれたメモ」である。
瀬戸物のパンダの下に置いたメモ。当時の献立が窺える。

○ピーマンの肉詰め(弱火で暖める)冷蔵庫(i)にサラダ。
コメント:多分オッソクテクワネーンダロウナー
アンサー:すまね~ 明日遊びに出掛けるので7:30に起こして呉れるとうれしーわ。
○ハヤシシチュー iになめこおろし。すし酢少々とショーユをちょちょっとかける。
○iにポテトサラダあり。 焼き肉(ピーマン・タマネギ) ワタリガニのみそ汁
○魚とみそ汁を温めてくれたまえ。 コメント:では諸君Good Night
アンサー:ほっほ~。明朝頂こうではないか。掃除当番ゆえ7:15分に起こしてくれたまえ。
iにカニ棒の紫蘇巻き芥子マヨネーズ添え有り。鍋に煮物(ひじき、サトイモ、人参、鶏肉) 昼ののこりの寿司。
アンサー:とっといてくださいまし

ここまで書いて何だか馬鹿らしくなってきた。
母親って本当にあほだなぁ~~
今度は献立だけ書いてとっておきましょう。
  1. 2010/08/26(木) 15:02:12|
  2. あんなこと、こんなこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

夏休みの宿題

日本へ
一ヶ月間、母親とインドネシアに行っていた孫が帰って来た。
義理のおじさんが急に亡くなって、インドネシアのお葬式を体験したり、サファリパークでトラやライオン、チンパンジーに触れたり(本当に)ラクダや象に乗ったり、従兄姉達と魚釣りをしたり、帰りにはシンガポールに寄ってマーライオンを見たりしたそうだ。インドネシア語がペラペラになったそうで、成田に迎えに行ったジジババにウーンアーンしか言わない。切り替えに戸惑っていたようだ。
しか~し、そのドアを出れば日本だよ。
くるまから
成田から一路回転寿司へ。多摩川を渡る時、沈みかけた太陽が晩夏の雲を染めていた。久しぶりのお寿司を食べて満足かい?入りたかったお風呂に入って早くおやすみ。
イメチェン

一夜明けて今日、いよいよ宿題のトマトの返還である。
孫の父親である息子が、「え~?これがあのトマトぉ~?」と疑わしげな物言いである。
枯れたトマトをクリックしたら分かるよ。
トマトの花
ちゃんと花も咲いたし写真も撮った。
果たしてこの花が実になるかどうかは分からねど、あとはバイバイわしゃ知らん。
おばぁちゃんの夏休みの宿題はおしまいである。



  1. 2010/08/22(日) 21:30:20|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

遠来の友

旧交を暖める
夫の学友から電話があった。
「I君と久しぶりに碁なんかを打ちたいと思いまして・・・
碁を打ちながら愚にもつかない話のやりとりが実に楽しいんですよ。」

 そろそろ弁護士の仕事も一段落されたらしい。暑い日ではあったが来訪された。
K氏は私にとっても学生時代からの知人である。共通の知人の葬儀で再会したこともあったが、
プライベートな訪問を受けたのは久しぶりである。

座敷では足が痛くなると、洋間にダイニングの椅子を持ち込み、テーブルの上に碁盤を据えて準備完了。おかしな風である。

挨拶もそこそこに早速碁打ちが始まった。楽しみにしていた話もせず、黙々と打っている。
「随分静かですねぇ。会話は無いのですか?」
「あのねぇ~、指で会話してるんですよ。指話って言うんです。」

合間にお茶を飲みながら来し方の話は尽きない。
見送りがてら夕食を共にすることとした。

「九品仏をご存じですか?ここから近いんですよ。」
すると知ってます。一度行った事がありますと言って、おもむろに「乳母車」という映画の話が始まった。
その映画に九品仏が出てきたのだそうだ。宇野重吉、山根寿子、新珠三千代などの懐かしい名前が出てきた。

夫とは育ちもタイプも違う男性。
この二人のコンビネーションが成る程、微妙に良いのだと、改札口で手を振りながら思った。
そこはかとなく青春の思い出が漂う一日であった。
  1. 2010/08/19(木) 14:13:07|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

万葉集落ち穂拾い  18

かへりみはせじ
巻十八の4094は大伴家持の長歌である。大仏の像を造るための金が不足していた所、陸奥国で金が出たというので、聖武天皇が喜ばれ、詔で恩賞が行われ、大伴氏も恩恵に浴し、それに感動して「陸奥国より金を出せる詔書を賀(ほ)ける歌」という長歌を作った。その中に「海行かば」のくだりがあった。
下調べをしていたら、これが出てきてびっくりした。万葉集の中にあるというのは知っていたが、丁度終戦記念日前に遭遇するとは。戦中派には忘れられない。厳かであり、純粋であり、何と滅私奉公の精神であろうかと、子供心に敬服しながら歌ったものである。
それが・・・今は何とむなしく、悲しい歌であることか。

家持が喜びのあまり作った歌と解釈されているようであるが、事実は一体どんなものであったか。
当時は天皇は神そのもの、それ以上の存在であったのか。
それはかの「大東亜戦争」を体験した世代には容易に理解出来ることである。
天皇は神であった。
戦場の兵士のみならず、本土に於いて爆撃に遭い、死ぬときには、
「天皇陛下万歳」と叫んで死ねと教えられた。

万葉集のこの歌を見事にあの戦争に利用した「軍部」の発想が恐ろしい。
そんな教育というものが恐ろしい。

今日は終戦記念日である。
  1. 2010/08/15(日) 10:50:51|
  2. 短歌など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

会話

バイバーイ
自転車で買い物に出掛けた。家を出てすぐの門を曲がると、若い大きな男の子が道の真ん中に立っていた。ここに住む知的障害の人だった。ちょっとこまったなぁ、どうしようと思っていると、ニッコリ笑って私に向かって手を振ってくれた。何て純粋な行為だろう。胸が熱くなって思わず私もニッコリして手を振った。
お盆休み
スーパーでレジに並んでいたら前に居た若い男の子が「暑いですねぇ」と話しかけてきた。カゴの中には茗荷が5.6粒入っていた。
「寿司やに勤めて居るんです」
「暑いからお寿司食べに来る人多いでしょう?繁盛してるんじゃない?」
「ええ。ぼく明日から休みで実家の福島に帰るんですよ。」
勤めて3ヶ月だそうだ。初めての盆休み。どんなにか楽しみだろうとまたおばぁさんの胸が熱くなる。
「寿司屋は○○です。食べに来て下さい。」

今日は二人の気持ちの良い男の子と会話出来た本当に良い日だった。
  1. 2010/08/14(土) 14:14:34|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ノッポ百合

空に咲く百合
ある日、気がつくと空に百合の花が咲いておりました。
知らないうちに種がこぼれて育ったようです。・・・が・・・
この百合、何やら勘違いして隣り合った紅葉にライバル意識を持ってしまったようです。



 デブとノッポ
 伸びたわ伸びたわ、あんまり伸びすぎて折角咲いた花が良く見ません。
下から10センチくらいの所で剪りました。
記念撮影は題してデブとノッポ。
5センチとは言わない、3センチでも良い。背丈を頂戴。
壺に納まって
思い切りよく、剪って剪って、目出度くお玄関の壺に納まりました。
めでたしめでたし。




  1. 2010/08/13(金) 16:02:25|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

目の保涼

目
2日、 所用で新宿に出向いた。超蒸し暑い日、初めて新宿の目に出会った。この大きな目も暑さに潤んでいた。(知らなかったけれど、1969年からここにあるのだそうだ。宮下芳子作)夕顔

夕顔が咲いた。本当に夕方開く。花心に甘い蜜があるとみえて、蟻が出入りしていた。
水中花
3日、誕生日に娘から貰った薔薇がはらはらと散った。取り敢えず皿に浮かべてみた。バリの薔薇の花びらが浮かんだ湯船の事を思い出した。
多摩川
昨日今日と所用で三軒茶屋に出掛けた。猛暑であったが、涼を拾って歩いた。
水と子供
水際には何時も子供が居る。暑くても平気。水も子供も動く、動く。
吹き通し
通り抜けの道。向こうから冷たい風がとめどなく吹いてくる天然クーラー。思わず立ち止まった。

日傘いらず
日傘を開こうとしたが、絶好の日陰があった。人も自転車もみんなこの影を通っている。
これから何を?
この夏、まだ水不足の話を聞かない。有り難い事だ。せめて水を撒いて涼を。
連想
行きにも目を留めた夏向きな看板。そろそろ駅に近い。キャロットタワーが青空に突っ立っていた。



  1. 2010/08/04(水) 21:38:58|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード