おだやかな日々に

フォーレとブルックナーに会いに

徒歩1 これからお茶の水OBオーケストラの定期演奏会に参ります。会場は今回歩いて行くことが出来る場所であります。我が家を出て2.3分歩くとこんな坂道です。ゆっくり坂を上ります。
徒歩2

                   振り返るとこんな景色です。
             丁度突き当たりから歩いて来た所です。

徒歩3
坂を登り切ってまた真っ直ぐ進みます。ずっと気持ちの良い住宅地で車も殆ど通りません。
徒歩4
都立大学から自由が丘に通じている線路にぶつかります。踏切を渡っても渡らなくても右に曲がれば都立大学の駅です。トコトコ歩いたので、少し汗ばんできました。
気になる家
ここを通る時、何時も何となく気になっていた家がありました。どこがどうという事は無いのですが、ちょっとユニークで・・・壁面の木片の造作がルーマニアの古い教会の形式に似てる?
絵タイルついでに壁に嵌め込まれた絵タイルも激撮してしまいました。これで満足です。

桜並木の遊歩道もう駅の裏手の桜並木の遊歩道です。でも、桜はまだまだ蕾さえ固くて小さく、冬景色です。


都立大学駅      東横線都立大学駅です。ここから左に進みます。


徒歩5
駅前の道は何時もごちゃごちゃしております。学生、サラリーマンなどなど大勢の人や車バスなどが通り、あまり歩きたくない道です。
目黒通り
目黒通りに出ました。右手に行くとJR目黒駅に。自転車でも行ける距離です。あ、茶色いビルに「ジョナサン」と書かれた赤い看板、帰りに皆さんとお茶を飲んだ所です
もうすぐ
目黒通りを渡って直進するとゆるい坂道です。ここをゆるゆると昇ればもうすぐですよ。前を歩いている女性は楽団員でしょうか・・・
ほらね
ほ~~らね。
昔都立大学と都立高校があった広い跡地に区民キャンパスと銘打って公共施設が作られたのですね。
梅の花
見て下さい。道路の向こう側の神社の入り口の白梅が満開でした。今年初めて満開の梅を見る事が出来ました。
到着
到着です。
前を行く方達はきっと皆さん演奏会を聴きに来られたのでしょうか。
開場5分前
家を出てからマイペースで写真をとりながらぶらぶら歩いて丁度30分。開場7分前です。皆さんはもう来て居られるかしら?
パーシモンホール
一番近い私が結局ラスト到着でした。久しぶりにお散歩グループ8名集まって嬉しい再会でした。
ここの近くに「柿の木坂」という坂がありますので、このホールはその名に因んでパーシモンホールというのですって。立派なホールで客席に段差がありますので、舞台が良く見えてストレスを感じません。
プログラム
ガブリエル・フォーレの組曲「ペアレスとメリザンド」前奏曲~糸を紡ぐ女~シシリエンヌ~メリザンドの死
アントン・ブルックナー「交響曲7番」
の二曲でしたが、フォーレもブルックナーもそれぞれに思い出深い記憶がありますので、十二分に楽しませて頂きました。
若い方達のエネルギーに溢れた素晴らしい演奏に、体中の血液の循環が良くなり、終わって外の冷たい空気が心地よく感じられる程でした。
お誘い下さいましたユミさま、ご一緒した皆様、楽しい時を有難う御座いました。















  1. 2012/02/27(月) 14:14:06|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

ふたたび万葉集メモ  3

春を待つ挽歌が終わり、巻4は相聞に入りました。
本日のメインキャラクターは仁徳天皇の后、磐姫皇后(いわのひめのおおきさき)であります。
 君が行きけ長くなりぬ山尋ね迎へか行かむ待ちにか待たむ(85)
 かくばかり恋ひつつあらずば高山の岩根しまきて死なましものを(86)
 ありつつも君をば待たむうちなびく吾が黒髪に霜の置くまでに (87) 

歌を読むかぎり、仁徳天皇はちょっとお后につれなくさなったのかしらと、后をお気の毒に思ってしまいます。
しかし、お話に依れば、磐姫皇后は大変なヤキモチ焼きで、天皇が位につくにあたり、義弟との約束から義妹の矢田皇女(やたのひめみこ)を後宮にしようとしたけれど、后は「豈良くもあらず」と拒否。結局30年かかってやっと皇后の留守に約束を果たしたというお話があるそうであります。そして?
「時に皇后、難波のわたりに到り、天皇、矢田皇女をめしつと聞しめして、大きに恨みたまふ。則ち其の採れる御綱葉を海に投げ入れて、著岸(とま)りたまはず。」とどのつまりは憤死されたとか。う~ん。余程仁徳天皇がお好きであったのでしょう。一夫一婦制であったならばそんな悲劇は起きなかったのに。逆にそうでなかったにも関わらずそこまで拘って抵抗された皇后は結局嫉妬深かったという事になるのでしょうか・・・
  1. 2012/02/25(土) 16:39:03|
  2. 短歌など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あちらの鳥 こちらの鳥

日本の鳥 朝起きて雨戸を開けたら、お隣の物置の屋根にお客さんが。ちょっと待って!
カメラに納めてもう一度見たらもう姿が見えなくなっていました。ヒヨドリ君です。
地味な洋服を着てますけれど、良く見れば可愛い顔をしていますねぇ。女の子だったかな?
日本では普通に見られますが外国ではあまり見られないとか。ふ~ん、君は日本鳥なんだぁ。
ひよどりのこぼし去りぬる実のあかき(蕪村)
ひよどりや霜の梢に鳴き渡り(惟然) (ウイキペディアより)

みんなの鳥
 この画像は息子のブログからの無断盗用です
息子の家の前のバナナの木に時々来るらしく、この鳥を見るたびに「みんなの党」の党首の顔を思い出すのだそうで・・・・
インドネシアはバリ島に住む鳥ですが、何方かこの鳥の正体をご存じの方は教えてくださいませ。
  1. 2012/02/22(水) 21:23:42|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

真冬の薔薇

氷花
5日の夜、急に熱が出ました。6,7日は38度7分の熱が。うごけな~~い。雨は降るし、お医者さんに行く元気も無く、持ち合わせの風邪薬を飲んでひたすら我慢でした。
8日、ようやく38度まで下がりましたので、ホームドクターの所へ。
「どうしましたか~?」と看護師さん。
「風邪ひきましたぁ~」
「インフルエンザかもしれませんよぉ~」
早速処置室で綿棒の親方のようなものを鼻の穴に突っ込む看護師さん。
「やっぱりA型のインフルエンザです。すぐタミフル飲んでください。」
という訳で、生まれて初めて立派なインフルエンザに罹ってしまいました。
予防注射をしていても今年は発症する人が結構居るのだそうで、その中の一人になってしまいました。

潜伏期間は2,3日だそうで、疑わしいのは、丁度その頃出掛けた万葉集の講座であります。
先生を始め、何人かが風邪をひいて居たぞ!

ヨガ、コーラスそれぞれ2回ずつお休み、短歌会もお休みして昨日始めてマスクを2重にして短歌会のボランティアに出掛けました。今日はあれからみんなどうなったかを知りたい為もあり、疑わしかった万葉の講座に出掛けました。でも、皆さん涼しい顔をして誰もインフルエンザでひどい目に遭ったような顔の人は居りませんでした。
ではでは・・・一体何処で感染したのでしょう???ま、いっか、お陰様で兎に角ようやく治ったみたいです
蕾
人心地ついて雨戸を開けましたら、何と冷たい風の中に薔薇が一輪咲いておりました。頑張ったネ!まるで凍っているみたい。でもとっても綺麗!そして三つ又の固い蕾も春を待っているようでした。
久しぶりにパソコンに向き合いました。やっぱり健康が一番ですね。
夜更かしはやはり良く無さそうです




  1. 2012/02/16(木) 15:57:34|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード