おだやかな日々に

花と歌と

今日の花
一度に咲いていた花々がすっかり緑にとって代わり、一寸飾る花が途切れてしまった。
怠けて居る間に草の勢いがすさまじい庭の片隅に咲いていた「あらくさ」を摘んで飾ってみた。
ヒメジョーン?種が零れないように抜いてしまおうと思ったけれど、こうして近くで見ると何と繊細な花かと感心してしまった。
散ってしまったのに・・・
ロシア語の歌が大変だから気分転換にと先生が選んだ歌は信長高富編曲の「ヴィヴァルディーが見た日本の四季」という女性合唱曲。ピアノのとヴァイオリンでヴィヴァルディーの四季のメロディーをデコレイトした贅沢な伴奏で、「花」「城ヶ島の雨」「村祭り」「ペチカ」がサンドイッチされている面白いものである。
日本列島の今年の桜の花はすっかり散ってしまったけれど、先ず「花」をピアノのゴージャスな伴奏で気分良く歌った。四季が全部出来上がったらきっと先生はヴァイオリンを弾く方を連れて来て下さると期待しているその歌をYouTubeで見つけた。ソプラノのオブリガードは初めての旋律であった。



ヴィヴァルディーの前奏から「花」に入る部分、「あっ、入れないかと思ったら入れたぁ~~」
とは先生の弁 namennayo......

  1. 2012/05/30(水) 21:23:02|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

ばら・ばら・ばら

アメリカ山公園
バラの季節となり、再び三度訪れた横浜。前回に倣い、昼食は中華街で。平日なのに大勢の人が歩いていた。ここからぶらぶらと歩いてアメリカ山公園に来ると早速バラたちの出迎えにあった。
アメリカ山公園2
先般開催された西武ドームでのバラ展よりずっと良いと友人の一人がつぶやく。そうなんだ。良かったぁ~~丁度見頃である。蕾も沢山ある。
アメリカ山公園3
煉瓦を伝うバラの風景も美しい。ベンチでコーヒーとサンドイッチというのもお洒落である。

横浜バラ園
歩を進めてやってきたのは横浜バラ園である。この画像はちょっとピンボケで残念。丁度去年、神奈川近代文学館に遠藤周作展を見に来た時もバラの季節であったが、雨降りであった。本日は晴天なり。
横浜バラ園2
バラの中に身を埋めてしまいたい位。どちらを向いてもばら、ばら、ばら・・・・
目的地
 もっとゆっくりバラに陶酔したい!っという訳にもゆかない事情は、実は目的は斎藤茂吉展にあったからである。シニア料金300円という有り難い入場料で実に2時間半。茂吉の歌は勿論、書、絵、それからアララギ関係の写真などなど。アララギ会員の板垣家子夫と結城哀草果に挟まれて真ん中で堂々と「極楽」バケツを下げて写っている茂吉先生の写真は傑作。恋人と言われた永井ふさ子はやはりとてもチャーミングな女性であるかな。茂吉の短歌朗詠の声を聞きながら館を出たとき、足が棒になっていた。
ベイブリッジ暮色港横浜

ベイブリッジを眺めたのはお昼すぎ。茂吉展を見終わって帰路についたアメリカ山公園から見えるマリンタワーは暮色に包まれていた。尤も霧笛という喫茶店でチーズケーキとコーヒーで過ごした時間も入っての事だけれど。。。
今気に入っている茂吉の歌一首。
 みちのくの春逝く山のふところに白く散りたる大根の花
かっこ良すぎるかな~~~








  1. 2012/05/27(日) 15:29:45|
  2. 短歌など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

天体ショー

朝の空
 夕べの天気予報では、東京地方は雲に覆われて残念ながら金環日食は望めそうに無い雰囲気でした。今朝やはり曇り。デモデモ・・・・もしかしたら雲が切れて見られる瞬間があるかも知れない。そして子供の様に朝5時に目が覚めました。ムム・・・一寸青空も見える!微妙な御天気です。
テレビで
今朝の話題はこれしかありません!画面の右には、リアルタイムで、和歌山、串本町と前橋の日食の様子が刻々と撮されています。和歌山の方は時々太陽が雲に隠れます。
陰が!
 何となく少しずつ光が薄れてゆくような。でも嬉しい事に床に影が映っています。どうやら観測出来そうな風情です!
来た!そして、午前7時34分、観測眼鏡を透して見える濃いオレンジ色の太陽のど真ん中に月がすっぽりと入りました。何故か感動して涙が滲んできました。これですもの、宇宙飛行士がどんな気持ちになるのか、ほんの少し分かるような気がします。
夫 「おおい、金の指輪がみえるよ~~」
妻 「そうねぇ~ すり減って細くなった私の指輪みた~い」
  1. 2012/05/21(月) 14:50:15|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

バラの季節

ブルーローズ
バラが咲きました。
そのバラが、時に青い衣装を纏ったら、
それはひょっとして世界中の人間が眠り込んでいる瞬時、
そして次の瞬間またピンク色のコンスタンス・スプレイにさりげなく戻ってしまうのでしょう。

  1. 2012/05/18(金) 21:55:24|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

図書館経由フェスタ覗き

良い匂い
図書館に返本して、肩の凝らない本はと探して見つけた2冊。「中野孝次 犬のいる暮らし」「田辺聖子 老いてこそ上機嫌」。そして上機嫌になるべくまたまた自由が丘へ。兎に角今日は天気も上機嫌。街全体が歩行者天国になっていて、路上でテーブルを囲んでビールで乾杯している人達など、普段は見られない景色。楽しそうだぁ~~

無料サービス
 ここで長い行列の出来ている理由は「石垣産ユーグレナ(和名:ミドリムシ)」のグリーンのジュースの無料配布だった。夏のような気温だったから皆さん美味しそうに飲んでいたけれど、ミドリムシって??
準備中
 ステージは目下準備中。客席で待っている人達。ワクワク感が漂っている。
ケバブのおじさん
そしてケバブのおじさんとの出会い。すぐ後ろのデパート(駅に続く昔からのマーケット)の2階にお店があるとのこと。珍しさと匂いの誘惑に負けて、大枚500円をはたいて「一つ頂戴」。日本人向きに鶏肉のケバブである。小麦粉で焼いた皮(トルティーヤ?)にキャベツ、削った肉、ケチャップ、マヨネーズ、香辛料などを掛けてはいどうぞ。サテ、お味は?
誘惑に負けた
持ち帰って夫と半分分けしてビールのおつまみにして試食。結構ボリュームがあり、一寸辛みもあり、これは美味しい!一つ食べたらおなか一杯になりそう。 という訳で結局3日間通った自由が丘。明日は午後からお天気がくずれそう。桜も散ったし、お祭りも覗いたし大人しくして本でも読みましょう。


  1. 2012/05/05(土) 21:56:00|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

いじわるな雨

雨でも

ゴールデンウイークの自由が丘、昨日は雨に祟られましたが・・・・
楽しく
お祭りとあらば傘をさしても楽しそうな雰囲気が溢れる駅前広場です。

お菓子の家
広場の中央には特設のステージが作られて、これからミュージカル、ミス・サイゴンのミニライブが始まるというので、人が集まっております。雨の合間にと自転車で傘を持たずに出てきましたので、ヤバヤバ・・・昔本物見たから良いわ・・・ステージの横っちょには本物ののお菓子の家が。
ガードの下で
雨でなければ町中に屋台の店が並んで賑やかですが、激しくなってきた雨で、ガード下にだけ人が集まっておりました。いじわるな雨!
集まる
 今日は何とか雨が止みました。また降られないように空模様を確かめながら出掛けました。母の日前後に入荷すると聞いていたミニバッグ目当てにローラアシュレーに・・・空振りに終わりましたが見るだけで楽しい店です。
このあたりにも出店が並んでおりました。
鯉のぼり
そういえば明日は子供の日、孫達が生まれた時にプレゼントした鯉のぼりより大きいなぁ~~
壁の花
そうかそうか、あなた達は壁の花。でもとても美しいよ!また眺めに来るからね。
そうだ、これから買い物をしなくては。どの道をとおろうかな・・・
静寂
ビルの中を通り抜けるとドラマの為に作られたようなひっそりと静かな裏道が見えました。
酒場
夜になると賑わう通り。まさか本物ではないでしょうね。そして・・・・

入ろうか?
こんな所を通って帰って来ました。晴れたり曇ったり降ったり雷が鳴ったり、ややこしい今年の連休の御天気。明日は晴れるそうですが・・・井上あずみ、ゆーゆが来るんですって。また買い物がてら覗きたくなるのでしょうか。このミーハーばーちゃんは





  1. 2012/05/04(金) 22:08:15|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

連休の真ん中で

切手2
5月21日は東京でも金環食が見られるという。昔はガラスに煤を燻して見たけれど、今はちゃんとしたもので見ないと目を痛めるといわれている。郵便局で、50円切手のセットにおまけの眼鏡がついているそうだと夫が散髪屋さんで聞いてきたので、早速今日行って見ると、これが最後の1セットですと言われた。パンフレットもついていたが1700円もした。
切手1前回の金環食は25年前の沖縄というからもう生きて居る間はお目に掛かれない、最後のチャンス。御天気にな~れ!
風景3
今日は一人でラ・フォルジュルネにでも行こうかと思っていたが、何となく飛び出す気力が無く、郵便局から自由が丘へ自転車を走らせた。雨が降りそうな御天気。連休になると大勢の人が集まるこの街は今朝はのんびりと一休みしているような。
風景2
遊歩道添いの店のウインドウディスプレイ。
旅行用のスーツケースに夢がぎっしり。瞬時ふわりと心が空に飛んだ。
風景1
明日は雨の予報。
たまにはゆっくり本でも読むとしようか・・・・
今日は草取りもしたし、レンジのお掃除もしたから・・・・



 


  1. 2012/05/01(火) 21:33:56|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

佐保川

今週のカレンダーの絵、佐保川について検索してみました。
ウイキペディアに依れば、佐保川は、大和川水系の支流で奈良県を流れる一級河川とのこと。大和川といえば、結婚当初住んで居りました藤井寺の近くを流れていた川を思い出します。
万葉集には佐保川を詠んだ歌が沢山ありました。

0371: 意宇の海の河原の千鳥汝が鳴けば我が佐保川の思ほゆらくに
0525: 佐保川の小石踏み渡りぬばたまの黒馬来る夜は年にもあらぬか
0526: 千鳥鳴く佐保の川瀬のさざれ波やむ時もなし我が恋ふらくは
0528: 千鳥鳴く佐保の川門の瀬を広み打橋渡す汝が来と思へば
0715: 千鳥鳴く佐保の川門の清き瀬を馬うち渡しいつか通はむ
1004: 思ほえず来ましし君を佐保川のかはづ聞かせず帰しつるかも
1124: 佐保川に騒ける千鳥さ夜更けて汝が声聞けば寐ねかてなくに
1251: 佐保川に鳴くなる千鳥何しかも川原を偲ひいや川上る
1433: うち上る佐保の川原の青柳は今は春へとなりにけるかも
1635: 佐保川の水を堰き上げて植ゑし田を刈れる初飯はひとりなるべし
3010: 佐保川の川波立たず静けくも君にたぐひて明日さへもがも
4478: 佐保川に凍りわたれる薄ら氷の薄き心を我が思はなくに

 万葉時代の佐保川は現在にも増して歌心を誘う素晴らしい環境だった事でしょう。
  1. 2012/05/01(火) 15:38:50|
  2. 短歌など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード