おだやかな日々に

年末に

とうとう今年もあと一日となりました。
今年一年、ブログにお付き合い頂きまして有難う御座いました。
また来年もどうぞ宜しくお願い致します。
どうぞ良いお年をお迎え下さい。

最後に小4の二人の孫と合作致しました「クリスマス後騒曲」でお笑い下さいませ。
歌(ヘリウムガス入り)・・・レイ
撮影・・・・・・・・ユウ です

  1. 2012/12/30(日) 21:51:41|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

今年も恒例築地参り


今年は珍しく雲が一人で築地に出掛けた。今日は連休で世の中は休日だったので、電車が空いていて助かった。市場も早めに出掛けたので比較的空いていて、親戚に地方発送を済ませ、大方買い物を済ませた頃からドカ~~ンと混み始めた。
IMG_3788.jpg
まだ24日だし、中国人の買い物客も居ないだろうと思ったのだが、キャリーバッグを持ったままではとても突き進めない位になった。IMG_3789_20121224153817.jpg
仕方がないので、外側の道を歩く。こちらはラーメンなどのお店があり、長い列ができていた。まぁ、こうして並んでたべるのも歳末風景。また、楽しからずや。


前に教えて頂いたレシピで佃煮を作ろうと、くるみを買った。店のおじさんにいりこを売ってる店を聞いたら、すぐそこにあるよと、教えて呉れる。ここを通ったらすぐだよと言って店の裏口を通して呉れる。ほんとだ。そこで見つけた「ちりめんいりこ」。山口産である。このまま食べてもポリポリとして美味しい。田作りも買った。田作りってごまめと同じもの? 今日は一人なのでお寿司は食べないでえっさかほいと帰って来た。
  1. 2012/12/24(月) 15:48:34|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

今年一番のビックリ

女性消防士さんが
洗濯物を取り入れようとベランダに出ると異様な匂いと煙を感じた。東の窓から見渡すと崖下の家の二つの換気窓からもうもうと煙が噴き出ている。丁度出掛けようとしていた夫を呼び止めて、見て貰うとやはりちょっとおかしいと言う。折しも北風が吹いている。もし火事だったら、我が家にも引火しかねない。家の中では、孫達が遊んでいる。胸騒ぎがして、ドキドキしながら119番に通報した。
家の位置確認など、はやる気持ちを抑えて何とか分かって貰った。間もなく消防車が到着。窓から見ると煙はさっきより少なくなっていた。アレ、誤報だったらどうしよう!兎に角消防車に家をおしえなくてはと、走って行く。
反対側から見ると、全然煙りが見えない。そこで、消防士を我が家に連れてきて、窓から見て貰った。
「煙と異臭確認。」と電話している。

結局ボヤで落ち着いた。自然鎮火したのかと思ったら、消防車4台で放水して鎮火したのだそうだ。
3軒から通報があったとの事だったが、私が第一通報者だったそうで、最終的に女性消防士さんが来て、早い通報でボヤで済みました。怪我人も無く、類焼も無く良かったですと報告してくれたので、胸を撫で下ろした。
ヘリコプターまで飛んだ騒ぎとなった。夜になって火元のご夫婦が来られたが、この前太郎が落っこちて、お騒がせをお詫びに行ったお宅であった。お互い様とはいえ、火事だけは恐ろしい。留守中の出来事らしいが、未だ原因が分からないそうだ。改めてコンセントの周辺のチェックその他、火もとには十分注意しなくてはと思った。
  1. 2012/12/19(水) 21:15:25|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

絵画展へ

モスタル旧市街のバザール
bajiruさんのクロアチアの旅で描かれた絵の帰国展に出掛けた。
スタリモスト橋
会場で色々お話を伺う事が出来て良かった。bajiruさんの先生の絵、同行された方達のそれぞれ個性ある絵が楽しかった。見たままではなく、空や山など、中心の絵を目立たせる技もありというお話が興味深かった。


Dobro
帰国展に集まったbajiruさんのお友達、ブログのお友達と、近くのクロアチア料理の店、Dobroに連れて行って頂く。まるでクロアチアの旅の仲間入りをしたような楽しい出会いである。
クロアチア料理!(^^)!タコのサラダ、酢漬けのキャベツにくるんだ挽肉料理は刺激的でエキゾティック。デザートのマカロニのお菓子のもっちりした食感も珍しく美味しかった。
銀座の柳♪楽しい時を過ごして皆さんと別れ、新橋から銀座8丁目をぶらぶらと歩いて長森聡氏の個展を見に行く。折良く長森氏が居られたので、ご挨拶して美しい油絵を拝見する。
IMG_3757.jpg
花の絵が美しい。フランスのエスプリが漂っているようだ。一枚欲しいけれど・・・・


IMG_3758.jpg
写真だけ撮らせて頂いた。
亡き奥様の長森光代さんの歌集「野のマリア」が文庫本になりましたと、サインをして下さった。恐縮しきって辞去した。
野芥子(コクリコ)の夕散る花をけさも摘む今年限りと描く夫のため   
                     歌集「野のマリア」より 
クリスマスバージョン

また銀座4丁目まで、クリスマスバージョン一色となった街をぶらぶらと歩いた。素晴らしい一日であった。


  1. 2012/12/08(土) 15:41:51|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

再会・リヒテンシュタイン宮殿

地下通路
11月28日。思い立ってリヒテンシュタイン展に出掛けた。地下鉄六本木の駅に降りて、国立新美術館の道標に添って歩くと、自然に綺麗な地下通路に出た。以前来た時は地上に出たのに、何時の間に綺麗な通路が出来たのだろう。
紅葉が
美術館の門を入ると早速桜紅葉が美しい。この季節に来たのは初めて。東京の真ん中の晩秋の景である。
「夢に浸って」
8年前、bajiruさんと一緒にウイーンのリヒテンシュタイン宮殿に行った懐かしい思い出。あの時見た、あの絵に会えるかな。一つ一つ眺めてゆく。結局、あの絵は来て無かった。その代わり、フリードリッヒ・アメリングの夢に浸って(Wrapped up Dreams)に出会った。タッチが似ているような、一寸違うような。missX
あの時カメラをスーツケースに置き去りにして無念のほぞを噛み、bajiruさんにお願いして撮して頂いたあの絵の少女。作者は誰だったのかしら・・・そして、ブリューゲル親子の絵に再び出会えたのが嬉しかった。
初冬の美術館
さほどの混雑もなく、ウイーンの時のようなサプライズも無く、一人だからレストランにも入らず、建物に添って落葉寸前の紅葉を眺めて帰路についた。

六本木交差点

帰りはやっぱり地上の道が良い。六本木はこうでなければ。大昔、ある友達がお気に入りだったアマンドに寄ってお菓子を買った。
  1. 2012/12/04(火) 21:39:24|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード