おだやかな日々に

不動前ウオーキング

海福寺山門
桜に誘われて久しぶりに早く亡くなった姪のお墓参りに出掛けた。不動前から歩くことしばし。山門を満開の桜が覆っていた。
鐘楼
 以前訪れた時はゆっくり境内を見て歩かなかったが、この梵鐘は東京都指定有形文化財とのこと。
天和2年(1682)に当時深川にあった海福寺が全焼し、梵鐘も灰燼に帰した。時の住職独本が新鋳し、黄檗宗の開祖隠元大師の新鋳を祝した銘が刻まれている。裾の雲形の柔らかい線は、我が国伝統の様式に中国風の柔らかみを工夫した他に類例の無い逸品である・・・と、説明されていた。
九層の塔
こちらは武田信玄の屋形に置かれてあったと伝えられる九層の塔(江戸名所図絵より)とのこと。
供養塔
文化四年(1807)八月十九日深川八幡の祭礼の時人出のため、永代橋が落ち、数百人の人々が水死した。その霊を供養するための木場の人々が建立した供養塔。これは昔は大変有名な事件で歌舞伎では黙阿弥作「八幡祭望月帳ーはちまんまつりよみやのにぎわい」、落語では粗忽者の武兵衛が水死者に間違えられ自分の遺体を確認に行くという「永代橋」の素材となっている・・・とのこと。ちょっとしたお江戸散歩気分になった。
裏手に回って姪のお墓にお参りする。若くして交通事故で逝ってしまった姪に、ご無沙汰のお詫びをして、それから太郎のこと、宜しくねとお願いした。
羅漢寺
姪の眠るお寺のすぐお隣が有名な五百羅漢寺である。二度ほど訪れた事があるが折角なのでお参りする事にした。
五百羅漢こちらも三百年ほど前のもので都の重要文化財。一体一体にお名前とメッセージが書かれてある。それぞれお顔の表情が異なり、興味深い。その中に何か親しみを感ずる一体の羅漢様。



水潮声尊者さて、この中の何方でしょう?・・それは「すがすがしい声」の方です。歌を歌う者の憧れですから。それにしても本当にゆっくり見ていたいものを、同行者はさっさと行ってしまうのである。
目黒不動
羅漢寺を出ると目黒不動へと道は通ずる。散歩道である。若いお父さんと男の子が自転車で走っている姿に小さかった時の孫を思い出す。そろそろ息子達が住んでいたテリトリーである。お不動さんの境内の桜も美しかった。
ここから息子一家が住んでいた家の辺りまで歩く事にした。小さかった孫と歩いた懐かしい思い出の道。
打ち上げ花火?
その道すがらあれまぁ、と思わす足が止まった。初めて見る椿である。まるで打ち上げ花火のような花心。早速デジカメで花盗人。こんな出会いがお散歩の醍醐味である。
かむろ坂の桜
最後の締めはかむろ坂の桜並木である。正に満開。早速バリの息子一家に送ろう。きっと懐かしい事だろう。
その先の色の濃い桜並木に誘惑されて武蔵小山の駅まで歩くことになってしまった。いやぁ、疲れた疲れた。でも久しぶりにお参りが出来たことで心は満足した。







  1. 2013/03/24(日) 21:23:08|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

都民芸術フェスティバル

初乗り
昨夜、ブログのお友達、ユミさまのご好意で東京芸術劇場で行われる「都民芸術フェスティバル」参加公演のコンサートに行くことになった。目的地は池袋。いよいよ東横線直通に初乗り体験のチャンスがやって来た!にわか鉄ちゃん宜しく自由が丘の駅ホームの表示板をカメラに写す。何と終点は飯能である。通勤特急なので早い早い。停車駅は3駅で4駅目にはもう池袋に到着。所要時間は21分である。
地下通路から
 電車に乗った途端、すべてが新しく感じる。見慣れた風景まで新鮮に思われるのが不思議だ。ひたすら地面の底を突っ走っていると、何だかもぐらになったような気もしないでもない。東京芸術劇場まで地下通路から辿り着く事が出来た。
東京芸術劇場外観
開演時間七時までまだゆとりがあるので地上に出て劇場を眺めた。ここにくるのは初めてである。とても素晴らしいと感激してお上りさん宜しく写真を撮りまくる。
劇場とさくら
 黄昏時の桜も丁度見頃である。劇場前の広場の雰囲気も最高。ぐるりと一回り。
わくわく今晩は楽しい前奏曲のようだ。
そしてコンサートが始まった。
ロッシーニ  セビリャの理髪師 序曲 
ラフマニノフ ピアノ協奏曲2番
ドヴォルザーク 交響曲第9番 「新世界より」

指揮 川瀬賢太郎  ピアノ 田彩乃
東京フィルハーモニー の演奏である。
大きなホールはほぼ満員の盛況。ラフマニノフが最高であった。素晴らしい。拍手が鳴りやまなかった。
島田彩乃さんのブログに演奏会の感想が書かれていた。興味深く読む。
オケとソリスト、そして指揮者。楽器一つ一つのハーモニー。その微妙な絡み合い。
だから音楽は素晴らしい。
天井画どっぷりと余韻に浸りながらホールを出て天井画に足を止め、ふたたびもぐらになるべく地下に潜った。
夜桜帰りもまた特急で思ったより早く自由が丘に着いた。
そして遊歩道の夜桜がフィナーレであった。
ユミさま、素晴らしいコンサートでした。有難う御座いました。空席二つが本当に残念でした!
  1. 2013/03/23(土) 21:33:14|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

春、そしてコンサート

who are you? 昨日の日曜日、後楽園のシビック・ホールで行われた友人のご子息夫妻出演のお茶の水OB管弦楽団の演奏会にに出掛けた。
曲目は ワグナー:さまよえるオランダ人 序曲
      マーラー:亡き子をしのぶ歌
     シューマン:交響曲第2番 
 田部井 剛氏の熱の入った指揮、若いメンバーの熱心な演奏、共々に爽やかで心地よい音楽を楽しませて頂いた。ご子息のホルンの音は心にしみ入るよう、奥様の印象的なドラムのエンディング、マーラーのソリスト、永井和子さんの美しいメゾソプラと、それぞれしみじみと聴かせて頂いた。

記念弁当 このところ、毎週日曜日に出掛けているので、同行の皆様に失礼して急いで帰る。スーパーに入ると「東横線渋谷駅ありがとう」の記念弁当が並んでいた。商魂逞しい。それに乗って夕食用にその弁当を買ってしまった。
桜咲く
 家の近くの遊歩道の桜が咲き始めていた。
今日ヨガに行くと九品仏の桜も咲き、近くの辛夷も木蓮も一斉に開花していた。
急に春が押し寄せてきた。そして今夜は春の嵐である。


  1. 2013/03/18(月) 15:04:40|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

バイバイ!東横線渋谷駅

渋谷に到着
今日は短歌会のお手伝いの為に池袋に行く日。そして今まで使われていた東横線渋谷駅がお仕舞いになる日。明日から東横線と副都心線の相互直通運転が開始される為に、この駅舎は使われなくなるのだ。長年おなじみの駅。カメラに納めておく事にした。
朝、終点渋谷駅に到着したところ。


振り返ると
85年もここに駅舎があったんだ~~


もう一度
 改札を出てもう一度振り返る。何度も出入りした南口。





バーゲンセール
仕事が終わっての帰り、これで本当にこの渋谷駅とはお別れじゃ。向かい側の東急東横店もここから無くなるそうで、バーゲンセールをやっていた。




階段をのぼって
ここがメインの改札口につづく階段。
エスカレーターが出来て便利になったのは最近のような気がしていた。




人、人、人
 階段を上った所はすごい人。雲同様、カメラを構える老若男女が。勿論帰宅の学生、サラリーマンエトセトラも。



改札口の手前で
何時もこの時間こんなに混雑していたかなぁ・・・
駅員さんが何人も居て、「止まらないで先に進んでくださ~い」と叫んでいた。




乗り納め
サテ、2番線から急行に乗って帰ろう。
来月のお手伝いの日には渋谷を通り越して池袋迄直行だ。
ありがとう、渋谷駅。
沢山カメラに収まってもらったよ。






  1. 2013/03/15(金) 21:33:33|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ひとり散歩・・短歌会余録

和敬塾の辛夷
10日の日曜日、月一度の短歌会に出掛けました。
早めに到着しましたので、ちょっと散歩する事に致しました。
和敬塾の庭を通って行きます。(一般の通行人は通り抜けは出来ません。)
日当たりの良い所でもう辛夷の花がこんなに咲いて居りました。


蕉雨園
和敬塾の東門を出た向かい側に、由緒ありげな大きな邸宅がありました。
近づいて見ると、門に「蕉雨園」と書かれております。
家に帰って調べましたら田中 光顕(みつあき)」の旧居とありました。お茶会などに使われる事もあるようです。


永青文庫
ほんの少し歩くと右側に永青文庫があります。
昨年万葉集の先生にここで珍しい天球儀が見られると紹介された事がありました。
季節により、展示物が変わります。

胸突坂

 また少し歩くとこの坂です。この画像は概ね下ったところから撮したものです。
手摺りがついていますからゆっくり歩けば大丈夫です。そして・・・坂を下りきる手前に関口芭蕉庵があります。先ほどの蕉雨園とは地続きとのことです。入場無料。こじんまりして自然が楽しめます。
芭蕉庵の紅梅
芭蕉庵の正門から見上げると左に白梅右に紅梅の花です。白梅はもうお仕舞いで紅梅が咲き残っているのが見えました。
胸突坂を下りきると神田川です。昨年の春には短歌会が終わってからここの桜を見に参りました。本当に素晴らしいでした。


鼎談中
あっ、亀だ!の声に川をのぞき込むと今日の陽気に誘われて気持ちよさそうに甲羅干しする亀たちが見えました。
蕾膨らむ
川縁の桜は?まだもう暫くかなと思われる中に昨日今日の暖かさに反応した桜を一枝見つけました。
今年もまた美しく咲き誇る事でしょう。
一人散歩また楽しからずや。というわけで、きびすを返して短歌会場に戻りました。


  1. 2013/03/12(火) 14:38:36|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

難破船

さらば冬よ
目下コーラスで練習中の曲、おわりのない海で難航している。
中盤にくると正に難破船状態である。理由はソプラノのテンポの遅れである。(と、Sを非難している。ウン!この歌ではパートの人数の関係から雲はメゾを歌っているのである。ハァ・・)一カ所停滞するとすべてがドロップアウトとなる。これは致命傷である。高齢者コーラスでは所詮無理なのでは・・・素敵な歌なのにぃ・・とあきらめムードになってしまった。
と、先生は何を思ったか、パートを二人ずつバラバラして座らせた。雲の右にソプラノ二人、左にアルト二人、次にメゾ・・という具合に。
「これで歌ってみようよ。」
不思議な事にずっと歌い易い。豪華客船飛鳥にはとうてい及ばないが、難破しそうで何とか浮かんでいる老朽船
位にはなったのである。先生は偉い 
「だけど、ボクはどこを向いて指揮すれば良いんだろう?」
結局当面この歌はこの態勢で歌う事となった。歯がゆくも珍奇な加齢現象ではある。
  1. 2013/03/06(水) 15:32:53|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

桃の花
ペットロスとまではゆかないけれど、
何となくぼんやりしている間に2月は逃げて今日から3月。
しっかり春一番が吹いた。

 春の苑紅にほふ桃の花下照る道に出で立つ娘子  大伴家持


三椏
今年も寒さに耐えてしっかり蕾をはぐくんだ三椏がほつほつと小さな花を開き始めた。
植物って何て我慢強いのだろう。
 
 三椏の蕾は絹のごとくにてあしたあしたにつつましきもの 土屋文明
  1. 2013/03/01(金) 16:30:05|
  2. 短歌など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード