おだやかな日々に

五年生の夏休み

おかえり今日で夏休みもおしまい。年寄りは暑い暑いで暮らしたが、五年生のUは初めて韓国の仁川(インチョン)で10日間のホームステイを体験した夏であった。竹島問題、サッカーの横断幕事件等々で心配したが、元気に帰って来た。
オンマァが美味しいご馳走を作ってくれたこと、アッパァが日本語の勉強をして待っていてくれたこと、など、ぼちぼちと話して呉れた。デジカメで写した写真には、博物館や、色々な所に連れて行って貰った痕跡が沢山残っていた。
韓国ラーメン
荷物がかさばっただろうに、韓国のインスタントラーメンを土産に持ってきてくれた。辛いのだそうだ。未だ試食していない。
rarva先週チビがリンゴ病になったので、行ってみたら、黄色で妙なぬいぐるみがあった。韓国で今流行っているラーバというアニメのぬいぐるとのこと。(黄色の方)リアルタイムの韓国をUが持ち帰った。色々心配したが、写真を見たり、話を聞いたりして、心が暖かくなった。人間同士仲良お付き合いすることが何より肝心だ。政治レベルでの国際感覚と、草の根交流の国際感覚のずれをどう解決したら良いのだろう。子供達の未来に関わる事である。そして、自分の五年生の夏の何と酷い時代であったことかと、思った。シリアの子供達のことなども。
明日はもう九月だ。
  1. 2013/08/31(土) 21:41:36|
  2. あんなこと、こんなこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コンサートのお蔭で

夏向き
昨日はユミさんご子息夫妻の出演されるお茶の水OBオーケストラの演奏会に出掛けた。
 曲目は ブラームス ピアノ協奏曲第1番
    チャイコフスキー バレエ音楽《くるみ割り人形》より序曲/第2幕全曲

 で、ピアノ独奏は中尾 純 さんという方であった。キャラクターもほのぼのとした感じの素敵なピアニストであった。ソリストと相俟ってオーケストラのメンバーの皆さんの熱の入った演奏に時間の経つのが早く感じられた。

アフターのコーヒーブレイクも楽しいひとときであった。スマホを使いこなしておられるバジルさんに色々教えて頂く。また、かほろさんにはキューリの簡単レシピを教えて頂いた。今夜は早速食卓に登場。きゅうりもみにチリメンジャコをまぶすのだが、そこにごま油を一寸たらすのがミソ。さっぱりしていながらコクが出る。何より簡単である。
音楽と交友と、暑さも忘れて、何と楽しい午後の一時であったことか。みなさま、本当に有難う御座いました。

  1. 2013/08/19(月) 18:54:20|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

夏のコンサート

南欧の風
バリの旅を終えて今度は南欧に。
と言ってもコーラスのピアニストさんのコンサートのテーマである。
さくら通り
会場は渋谷区文化総合センターである。初めて行く所であるが、ピアニストのUさんが懇切丁寧な道案内を書いて下さった。「立体横断歩道橋に登り、桜並木のある”さくら通り”を確認したら歩道橋を下りてさくら通りをえっちらおっちら登っていただければそこはもう文化センター入口です」
喧噪の駅前をちょっと離れた所にこんな桜並木が続いていようとは思いがけなかった。春にはさぞ美しい事だろう。と、黄昏の坂道をエッチラオッチラと登った。
プログラム
2台のピアノに依るドビュッシーの「白と黒」インファンテの「アンダルシア舞曲」は圧巻であった。本当にダイナミックで素晴らしかった。こんなに素晴らしい方にコーラスの伴奏をして頂ける幸せをつくづく感謝。
また、亡くなられた前のコーラスの先生の一番のお弟子さんの歌声は亡くなられた先生そっくりで、目を閉じるとあの明るい先生の面影が浮かび、先生が歌っておられるような錯覚にとらわれた。素敵なコンサートであった。
豪華な伴奏
 7月26日は吾々のコーラスの学期末おさらい会。先のピアニストのUさんが何とヴァイオリニストを2人連れてきて下さった。以前新フィルで演奏しておられたお二人とか。全く勿体ないとしか言いようが無い。このような経験は吾々のコーラス始まって以来の事であった。曲はヴィヴァルディーが見た日本の四季より、花、城ヶ島の雨、エルガーのThe snow である。どれも、もっと歌を練習しおきたかった。先生がまたお願いしますと言っておられた。ヴィヴァルディーには全部Vnパートの伴奏がついていてる。また期待して良いのだろうか。その為にはもっともっと練習しなくては!うっとりと聞き惚れて歌の入りがしどろもどろとなった。
プログラム
 8月4日の日曜日、お散歩の会のおじさまから、お嬢様のコーラスのミニコンサートのお誘いを頂いた。会場は7月26日におさらい会をしたばかりの富士見会館である。自転車を走らせ、通い慣れた道を15分。お元気そうなおじさまご夫妻、可愛いお孫ちゃま二人にもお会いする事が出来た。いつも見慣れたホールはすっかりコンサート会場に変身、満席である。
プログラム
団員入場。若い!しかも男性が10人も!ソプラノも10人!
ヴォイストレーナーも居られてハーモニーが美しい。大方の曲がアカペラである。草野心平、宮沢賢治の詩が良く表現されていた。皆さん歌が好き集団である事がとても理解出来た。お嬢様も歌が大好きとの事。きっといつまでも歌い続けられる事と思った。若いって素晴らしい!
「花は咲く」を全員でとのことで一緒に歌わせて頂いた。楽しいひとときを有難う御座いました。





  1. 2013/08/06(火) 15:35:27|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード