おだやかな日々に

色々ありましたが

冬の薔薇
毎年今頃今年最後の薔薇が咲きます。昨日から急に冷え込みが厳しくなりましたのでカットして
洗面所の小さなグラスに活けました。
バリ猫
年末の気分一新の為、バリで求めた猫を飾りました。微妙に表情が違っていて、とぼけた風貌が笑を誘います。

三浦大根膾を作る為に求めた三浦大根。レジのおねぇさんが「立派な大根ですねぇ」と言って呉れたので写真を撮る事にしました。早速半分膾に変身しました。重かったです。そうそう、昨日は自転車の後輪がパンクしたので、早速自転車やさんに持って行きました。「危なかったですよ。後ろのタイヤが破れてました。」と言われました。タイヤ交換代3900円也。毎日活躍してくれたのだから仕方がないです。自転車屋さん、丁度昨日で仕事納めとか。ラッキーでした。で、今日重い大根も楽々と運べたというわけです。

ターサイ
 てっきり縮みほうれん草だと思って買ってきた野菜です。夫が、「どうして帽子が台所に置いてあるのかと思った」といったので、それはねぇ、といったのですが、どうも手触りが違うので、よく見るとターサイと小さく表示されておりました。あれまぁ、何じゃコレ?
慌ててスマホで検索。トップに出たのが「ターサイと鮭のオイスター炒め」でした。
出来上がり

 丁度スモークサーモンの切れ端があったので、炒めてみました。うんうん、緑とサーモンピンクの色合いがグーで、味もまぁまぁでした。図らずも怪我の功名、今年のどんずまりで、新しいレシピをゲットしました。というわけで、今年も一年、色々ドジな事をいたしましたが、お蔭さまで何とか年が越せそうです。
明日は孫たちがスキーから帰って、また賑やかになりそうですので、ブログを開く時間がありますかどうか。では、みなさま、今年一年色々と、有難うございました。どうぞお健やかに良いお年をお迎えくださいませ。また来年もどうぞ宜しくお付き合いのほど、お願い致します。
  1. 2013/12/30(月) 21:13:32|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

喧噪交響曲

laughing.jpg
日本の小学校も冬休みに突入してバリから来たRと3人となり毎日、朝から従兄同士で寸暇を惜しんで遊びまくっている。昨年までは兎角仲間はずれにされた小1のSも、今年はしっかり仲間入り。5年生は体は大きくなったが、中身は去年と殆ど変らないように見える。しかし、トントントコトコと聞こえていた足音はドタドタズシンズシンとなり、ジジババは目を回しそうだ。
Xmas.jpg
昨日のクリスマス、疲れたおしいちゃんはお先にオネンネ。子供たちは娘の家にお泊りで、イダと二人でゆっくり静かなクリスマス。
  1. 2013/12/26(木) 14:32:44|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

駆け足買い出し

築地 午前9時に家を出て築地に買い出しです。先ずは地方発送の手配をしてそれから取りあえずいつも通りの道を通り去年開発した道を通り、キャリーバッグが重くなったところで帰路につきました。イダと一緒に来たかったのですが、別の大切な用事があったので、単独行動でした。
築地の市場が移転すると簡単には行けなくなる思っておりましたが、場外はこのまま残るという情報を入手しました。以前は、果敢に場内に突撃しましたが、もう危ないので、場外が残ればヽ(^。^)ノです。 それなりに戦いすんで昼近く、戦場を振り返った所で、みなさま、メリークリスマス・イブ
  1. 2013/12/24(火) 13:55:54|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

街に出て

街に出たら 一昨日の木曜日はうっかりしていたが、今年最後の万葉集の日だった。思い出して良かった!
巻五 山上憶良の沉疴自哀文(病に沈みて自ら悲しむ文)を読む。亡くなられた先生に一度読ませて頂いたものだった。貧窮問答歌というのもあったが、つくづく憶良の人間性が偲ばれた。生への執着が余さず語られているという解説であったが、あらためて憶良の古今東西の書物についての博学ぶりにも舌をまいてしまう。思う事多々あり。
 翌金曜日はやはり今年最後のコーラス。「アザラシの子守唄」と「終わりのない海」を歌う。
アザラシの方はようやく英語と音符がスムーズに進行するようになったが、Pと PPが多いので、結構難しい。「あかちゃんを寝かせてるんだけと。。。」という事になってしまう そしてとうとう「終わりのない海」は「終わらせる」事になった。やれやれである。
駅前に
というわけで、ようやく出歩きは終わり、短歌の詠草と年賀状を書き終わり、午前中は丁寧掃除をしたので午後は録画してあった「ドクターX」の最終回を見る。でもしかし、最終回は30分余計に録画しなければいけなかったのに・・・これから!というところでプツン。う~~残念!。スマホでネタバレを検索して手術の成功を確認して安堵。当然でしょうね。

可愛くて
二休みくらいしたので買い物に。自由が丘は人でいっぱい。土曜日だし、クリスマスプレゼントの買い物客で賑わっているそうだ。そんな人々のムードに乗せられてふらぶら歩きをしていたら可愛い抱っこまくらが眠っていた。本気で一匹欲しくなった。(こんな子をソファに乗せて置いたらきっと孫がほしがるだろうな・・・)


おねがい
帰りの遊歩道の大きなクリスマスツリーに色々な願い事が書かれたカードが下がっていた。さて、雲が願いを書くとしたらさしあたって嫁と孫が明日無事に我が家に着きますように。また息子が一人で待つバリに帰る日まで、風邪をひいたりしませんように、かしら?
 
  1. 2013/12/21(土) 22:17:17|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今年最後の紅葉狩り

目白通り
昨日は短歌会で目白に出掛けた。目白通りの銀杏並木は真っ黄色。すっかり散ってしまった木もあるが、これから歩道が大変になりそう。大きな葉っぱを一枚拾った。
深々と

会場の和敬塾の門を入るとここも地面は真っ黄色。地面が暖かそうに埋まっていた。


紅葉
誰もが「綺麗!」と言って通る。美しい紅葉。
まだ盛り
塾の周囲が大きな木に囲まれ、日当たりも良いので思いがけず長持ちの紅葉に出会えた。
短歌会が終わり、久しぶりに目白から渋谷回りで帰る事にした。

ディープインパクトが!
山手線を降りて、東横線目指して長々しい地下道を歩いていたら、急に馬が居た。アレェ~っと近づくと実物大の競馬馬。惚れ惚れするほど実に良く出来ている。雲も名前を知っているあのディープインパクトではないか! スマホを取り出して早速パチリ。逢えて良かった!渋谷に来て良かった!有馬記念の競馬の宣伝だった。雲も歩けば馬に当たる 
ヒカリエ
ヒカリエに寄って焼き鳥とワインのおつまみを買って帰る。エスカレーターでまた下っていると若い男の子が友達に曰く、「今地下何階に居るか分かる?」答えて曰く「分かんない」。そっかそっか。それで宜しい!
先週から今日まで忙しい日々であった。今週はコーラス最終日を残すのみ。



  1. 2013/12/16(月) 22:09:20|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

冬の音楽が聞こえる

散ってしまった桜紅葉
窓から見えていたお隣の美しい桜紅葉が散ってしまった。
九品仏の紅葉
ヨーガに行ったときに見えた九品仏の紅葉もおしまいになってしまっただろうか。


かわいいミカン

浜松の姪がお友達の家のミカンの木から採って送ってくれた可愛いみかん。日が経つにつれて甘くなった。ミカン処では、八百屋さんの店先にバケツや洗面器に山盛りのみかんが売られていたが、今はどうだろう。
静岡に住んでいた子供の頃は手のひらが黄色くなるほどみかんを食べた。



Recital まだまだ先だと思っていたコーラスの先生のリサイタル。
先生特有のオリジナルプログラム。
「バリサイの聴き方」とは「バリトン・リサイタルの聴き方」
★背もたれして難しい顔で聴くなかれ 
舞台は君の登場を待つ。常に態勢をととのえたまえ
★歯笛などというものがあるならばそれでもOK。笑って。。。。ラフ!
プログラムプログラム前半も素晴らしかったが、後半は先生の多彩なタレントテクニック躍如たるものがあり、ドラマチックな構成。歌の内容も心に沁み入るようであった。 「あらしのよるに」という童話を元に上田真樹が作曲したもの。先生は見事に一人でオオカミのガブと羊のメイを演じ分けた。感動! 愛らしくて素敵な奥様のピアノがさらに先生を盛り上げた。今回のリサイタルの構成はおくさまのアイデアとの事で、密かに「先生は奥様に頭が上がらない??」などと生徒のおばぁちゃんたちは囁いたのであった。プログラムの画像の下には「伊藤康英 和合亮一 貝殻の歌」
「上田真樹 きむらゆういち あらしのよるに」が入る。
これで今年のコンサートも聞き納めである。今年も良い音楽に囲まれて幸せな一年であった。
  1. 2013/12/04(水) 15:08:49|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード