おだやかな日々に

万葉故地見学・土屋文明記念館

菜の花

  国分寺を出てバスに戻る道すがら、目の覚めるような菜の花が咲いておりました。お天気ははっきりしない曇り日ですが、靄がかった曇りで、体中靄につつまれたような優しい空気。東京では味わえない一寸不思議な感覚でした。


文明記念館を望む
 文明記念館は随分前に一度訪れた事がありますが、交通の便が悪くバスの時間を気にしながら、後ろ髪をひかれるようにして帰った記憶があります。今回は、土屋先生の南青山のお宅の庭から移された橙の木がどんな様子になっているのか、まだ実がなっているのか、是非確かめたいと思って参りました。周囲が公園のように整備されて随分美しい環境になっていて驚きました。


かくのこのみ いつの間に落ち尽したる古き実か橙は皆高く新し
 足重く頭の利かぬ一日を見てゐる窓の外の橙
 尿にごり年の界を幾日寝し立ち見る橙の色づきにけり
 橙の花降る下にしばし立つこのたちばなに思い出もなく
 窓に下がる橙を見るものにしていくらかの稼ぎ雨の日も過ぐ


黄にかはる橙ひとつ窓にして何もせぬ日ぞ安けかりける
ただ一つ下がれる去年の橙あり木の実は孤独といふこともなく
花の時いつのまに過ぎし立花の香と言ふ朝もなき今年なりき
幾つありし香の木の果か何時の間に一つとなりし香の一つ果
窓の外下れる木の実は年を越え降る日は落つるしづくも見ゆ
時をわすれ実のりし枝に長かりし香の木の実も遂に落ちたり
年のなかば窓の橙を友として交り少きわが世すぎゆく
小市草子著 「かぐのひとつみー父文明のこと」 より
記念館の学芸員さんに伺ったところ、「ええ、まだ実がなってますよ」と言われて見上げました。
土屋先生が書斎の窓から眺められた橙の木は思っていたより随分丈が高く、ズームで何とか梢の「かぐのこのみ」を写す事が出来ました。
紅梅
 培ひて三年ととのふ紅梅の枝をたのみて年を迎へむ
 梅の枝に梅のつぼみの目にたつも出でて歩める今のよろこび




方竹

 方竹の子の伸びること遅くして軒に届ける穂を切りはなつ
 いつの時も頼み少なく過ぎて来しわが老をまもれ方竹の影



この他に椿、トサミズキなどが咲いて居りました。記念館で頂いたパンフレットに依れば41本の樹木が植えられているそうで、今回ももっと時間があればと残念でした。
歌碑 「歌碑は群馬町町長の志村喜三郎氏が、自ら長靴を履いて現地の自然石を探し、建つことになりました。背後に榛名山を望む「やくし公園」の一画です。父が「いいよ」と言った唯一の歌碑となりました。
今でも、この歌碑の前に立つ度に、私にはあの時の父の心情が思い起こされます。そして刻まれた歌のこころを思い、じっと見ていると、何か痛ましい、悲しい気持ちになってきます。」 小市草子著 「かぐのひとつみー父文明のこと」 より

「出発ですよ~」の声を聞きながらこの歌碑まで走って行き写真を撮りました。
いちめんのなのはな
 土屋先生の歌碑の手前に山村暮鳥の「なのはな」の詩碑がありました。いちめんのなのはなはどんなにか素晴らしいものだった事でしょう・・・とゆっくり考える暇なく、急いでバスに乗り、惜しみつつ記念館を後に致しました。 つづく








  1. 2014/03/31(月) 22:24:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3

万葉故地見学・上野国分寺

橋を渡って
 27日、万葉集の会のバス一日旅で上野国の国分寺跡、土屋文明記念館、多胡碑、定家神社などを回って参りました。先ずは関越道前橋インターチェンジから約6分、広々とした関東平野に降り立ち、早速の国分寺橋を渡りました。
上野国国分寺
右の画像が創建当時(天平勝宝元年749年)の様子です。(パンフレットより)

七重塔模型


上野国分寺館の説明に依れば、この七重塔に使われた瓦一枚の重さは五キロだったそうで全体の重さは相当なもの。戦や火事の記録は無いので、多分嵐や地震などで崩れてしまったのではないかとのこと。今は跡形もありません。
こんなに広い 
 
 長元三年・1030年頃、までには築垣や南大門などの建物は無くなり、仏像の多くは壊れつつも金堂が残存していたそうですが、江戸後期にはすでに遺跡となった姿が国学者の紀行文に書かれているとか。
築垣
復元された築垣の一部です。古代と同様に手作業で棒で突き固めて土を積み上げた版築(はんちく)という工法で作ったとのこと。1平米あたり4トンもの重さがあるそうです。すごい!当時其の儘です。
平安の梅の花?反対側には見事な白梅が丁度見ごろでした。梅林を透してずっと向うに現代の住宅が見えますが、この梅林の辺りから平安時代の民家跡が発掘されたそうです。
ぐんまちゃん
ここで出会ったぐんまちゃん。群馬のPR写真を撮りに来ていたようです。何と一緒に写真を撮りました!
楽しいハプニングでした。

ここからバスは土屋文明記念館へ参ります。
土屋先生にお会いするような嬉しい気持ちでバスに揺られて行きました。
                                                 つづく

  1. 2014/03/30(日) 16:55:30|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

東奔西走

何の花?
明日は雨が降るというので、今日のうちに色々片づけようと自転車で出掛ける。とても良いお天気でコートも要らない。先ず花屋さんで苺の為の腐葉土を頼む。ミニトマトの苗は連休あたりに入るというニュースをゲット。2本植えると交配して美味しい実が沢山なりますよとのこと。
 そこからすぐ近くの安売りの酒店に回り増税前の買い貯めをする。宅配依頼。今度は遊歩道沿いに走ってゆくと初めて見るような花が咲いていた。一体何の花だろう?? ご存じの方はお教え下さいませ<(_ _)>


辛夷咲く 金欠の為、その足で銀行へ。通帳が一杯になったけれど、ATMで新しい通帳が出て来る。便利なものだ。自由が丘は休日でもないのに、どうしてこんなに人が大勢歩いているのだろう?自転車で走り抜けるのは困難だ。
そこから今度は九品仏の都民銀行へ。今月はヨガの当番である。集めた会費から通帳に預金して置かないと会場費の督促状が来たら大変。1万円預金してほっと一段落。ささやかながらこれで大丈夫。毎年ヨガの会場の近くのお宅の辛夷の花が見事である。自転車を止めて写させて頂く。
帰宅してヨガの会計簿に記帳する。月初めの場所取りから始まった当番も来週次の当番さんに引き渡してお役御免である。
但し、今度はコーラスの場所取りを一年間担当する事になった。パソコンを使って出来るが、競争が熾烈でなかなかすんなり取れない。そんなストレスがボケ防止に一役買ってくれるのかも知れない。頑張ろう。
  1. 2014/03/25(火) 16:16:46|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

サクラサク

花一番
ヨガに行く途中、今年初めて満開の桜に出会った。みんな足を止めてカメラに収めていた。
「ほら見てごらん、さくらが咲いてるよ」
「あ、ほんとだ。春じゃないのにもう咲いてるね」
若いお母さんと小さな女の子の会話。
ソメイヨシノではない早咲きの桜だけれど、やっぱりもう本当の春なのね。
  1. 2014/03/24(月) 22:31:03|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オドロ木桃の木苺の木

苺の花
寒い間は洗濯物の乾きが悪かったので、二階のベランダに干していたが、先週あたりから庭の物干しに干す事にした。草もそろそろ元気に生え始めたので、洗濯物を干し終えてから少しづつ草取りをする事にした。というわけで、久し振りに庭にしゃがみこんでみると、何と去年植木鉢に植えて置いた苺の花が咲いていた。それどころか、既に小さな実がなっている。今年のあの寒い冬、雪に埋もれて枯れてしまっても仕方がないと思っていたのに。

子供!
と、感心していたら、伸びていた弦の先に子供がしっかり生まれていた!ここにも
ちょっと待ったぁ!こっちにも!
まだまだ
何と!伸びた弦はすっかり枯れているのに3か所に子供が成長していた。大きなプランターに栄養のある土を入れて兄弟姉妹仲良く並べて植え替えしてあげよう。

自然の力と植物の生命力に今更ながら驚かされた。赤い実が成るのが楽しみ。


  1. 2014/03/23(日) 21:39:01|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

生き返ったスマホ

固まった 写した画像をおまかせアプリから選択した所でスマホが固まってしまった。電源を落とそうとしても何の反応もない。暫くすれば動き出すかも知れないとそのままにしておいたが、ガンとして動かない。困った事になったぞ。明日一番でY電機に駆け込むしかないかしら・・・パソコンで解決方法を見つける事が出来るかもしれないと、一応検索すると、ありました!バッテリーを一時抜けば良いという。そこで、バッテリーを抜くためにカバーを外さなくてはならない。機種によって外すための窪みの場所が違う。ソフトバンクのサイトから自分の機種を探してやっと画像入りでカバーの開け方が分かった。バッテリーを抜いてまた嵌め込んだら、スマホが生き返った。バンザーイ!原因はワンセグをいたずらして、そのままオフにして無かったのかも知れない。スマホも反乱を起こす事を知った。
  1. 2014/03/20(木) 14:44:28|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

アヒージョ

やさい炒め
近くのスーパーでミニトマトの宣伝で、可愛い女性に野菜炒めの試食を勧められた。
キャベツ、ミニトマト(カラフルな)ブロッコリーをオリーブオイルで炒めただけの簡単なもの。
でもとても美味しかったので、「調味料は?」と聞くと「アヒージョです。」と言う。聞きなれない言葉でもう一度聞きなおす。
「それ、ここで売ってますか?」と聞くと調味料の所にあると思いますよとの事で早速行ってみたが、このスーパーでは扱っていないとの事だった。取り敢えずミニトマトを買った。

帰宅してググってみるとアヒージョとはスペイン語でニンニク風味を表す言葉とのこと。丁度材料が揃っていたので、オリーブオイルにニンニクを2かけスライスして味付けは塩と味の素。ミニトマトは半分に切り、キャベツと夕べ茹でたブロッコリーの残りものを最後に入れて簡単に出来上がり。「アヒージョの素」を使ったものと殆ど同じ味で美味しく出来た。トマトの甘味と酸味が効いている。度々作りたい一品となった。
牡蠣の粕汁
取り合わせはあまり良くないが、パソコンのBingのレシピから牡蠣の粕汁を作ってみた。大根、人参、竹輪、牡蠣、そして酒粕少々である。今まで粕汁は味噌で味つけをしたが、これは塩と醤油である。最後にセリを散らす所に季節感がある。あっさりとした食感。春が深まればこのレシピはお蔵入りとなりそう。
  1. 2014/03/19(水) 11:17:08|
  2. 料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

お試しグリーンカレー

グリーンカレー
お友達が、グリーンカレーを食べたら美味しかったからまた買う、というのを聞いて、それではと、K店で購入。1パック二人分なので、折角だからと2パック買った。具はきのこ、タケノコ、茄子、パプリカ、鶏肉などと書いてあったので、それらの材料を整える。カレーと言えば野菜は玉ねぎ、ジャガイモ人参なのに、一寸変わっているなと思った。Thaiから来たものだとは知らなかった。ひょっとしてカライ
undaer boiling
パプリカは赤い方が彩が良かったな、などと思いながらぐつぐつ煮込む。


あがり
グリーンカレーの出来上がり。小さじ一杯の味見で感じたこと。甘い。次の瞬間辛い。ツライではなくカライです。具の野菜が茄子やタケノコ、きのこである事の理由が納得された。制作責任者は完食。ココナッツミルクの風味はインドネシア料理と共通。インドのナンのようなものと一緒に食べたら良いかも知れない。日本人のカレーとは違うが、食べ慣れると嵌ってゆくのかも知れない。ひとまずタイを味わった。

  1. 2014/03/13(木) 11:36:46|
  2. 料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

芭蕉庵散策

芭蕉庵
日曜日は月一回の短歌会の日。
電車が順調に来たので随分早く着いてしまった。
そこで和敬塾を通り越して胸突坂を降りて行ったら芭蕉庵の門が開けっ放しになっていたので、引き込まれるように入った
句碑が
 静かな庭に鳥の鳴き声や水の音が聞こえる。芭蕉が本当にここに住んでいたのだろうか。古地図には載っているようだ。

古池や
古池や・・の句碑がある。直筆とのこと。美しいくて優しい文字。この他に夜寒の碑、范石湖の詩碑、五月雨塚、朱楽菅江の歌碑、伊藤松字の句碑などが散在している。知らない名前が殆どだが・・・
古池?
竹の樋から池に落ちる水の音が心地よい。蛙はまだ冬眠中?鯉がゆっくりと泳いでいた。


藪椿

 春は目の前だが、まだ寒い。花は椿。可憐な花の色どり。

庵

 この建物の中で資料などを見る事も出来るらしいが、人影もなかった。そろそろUターンして短歌会場に戻ろう。丁度一年前はここを通り過ごしてすぐ下の神田川まで散歩した。川を覗いたら亀が甲羅干しをしていた。ほんの20分ほどの芭蕉庵散策であった。


  1. 2014/03/12(水) 22:48:15|
  2. 短歌など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

感謝感激 WIN8.1に

win8.1
途中で挫折したら困った事になるかも。。。と、ずっと躊躇していた、windows8から8.1へのインストールを、サイコさんのブログのお蔭で思い切って今朝実行した。
「パソコン設定を適用しています」、までは何にもしないで、勝手に働いてくれたが、最後のアカウントになって先に進まなくなった。以前取ってあるマイクロソフトのアカウントを入れたのに、働かない。窮鼠猫を噛むとばかり、無視して先に行く事にしたら、何の事はない、するすると運んで完了した。どうやら、すでにアカウントが取れていれば先に進む事が出来たらしい。ここでやっと 顔だよ。笑顔_m となった。良かったぁ~~
今までの8とどう違うのか、まだ一見しただけでは分からない。今までずっと右に隠れていたスカイプがいつも目に入るようになっていた。便利になったのかどうか、追々違いを見つけるのも楽しみ。
サイコさ~~ん、お蔭様で!! 有難うございました。
  1. 2014/03/08(土) 14:50:19|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

亡き人と共に

たまもの
友人が亡くなって一年余、残されたご主人から手作りの短歌集とコサージュを頂いた。
短歌集は友人がノートに下書きしたものを、ご主人が遺品の中から見つけ、全部手書きで書写し、コピーして一冊に纏め、友人知人に送って下さったものだ。

蝋梅の一枝もちて帰り来し夫の車に斑雪つむ
痩せぎすのヌードモデルを描きゐてヒースの原に立たせてみたし
  美智子

コサージュはナンキンハゼとモミジバフウの実をご自分で加工して、作ってみたとのこと。
植物大好きなご主人は団地に住んで居られ、周囲の公園の木々の整備のボランティアをされ、秋になると落ちて来る木の実を区の許可を得て拾い集め、グループを作ってみんなでクリスマスリースなどを作って楽しまれたり児童会の子供たちにも教えたりと色々な活動をして居られる。86歳になられた。家じゅうに友人の写真が貼ってあるので寂しくないと言われるご主人。

雲の属している短歌雑誌の3月号に偶然のように次の歌が載っていた。
この坂を登らば向う並木にはナンキンハゼの紅葉しゐむに
散り残るアメリカ楓の紅葉を道隔てしばし眺めてゐたり
   伊藤安治

ナンキンハゼと楓の木。夫々奥様を亡くされて一人生きて居られる。
友人とまた語り合いたい春が来る。
  1. 2014/03/01(土) 16:24:55|
  2. あんなこと、こんなこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード