おだやかな日々に

遊んでばかり

花づくし
今度はPhotoscapeという無料ソフトをダウンロードして遊んでみました。このソフトは色々なパターンがあって、また遊べます。
楽しいよ
 アニメーションも作れます。工夫次第で面白いものも作れそうです。孫を登場させてしまいました。(クリックで動きます)
こんなことばかりやっていて良いのかしら・・・
  1. 2014/06/29(日) 22:33:46|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

さくらんぼの季節に

光らせて
山形の親せきから到来のさくらんぼ。「おかぁさんの実家のさくらんぼですぅ。昨日みんなで採りにいったんですぅ~」との事で「おかぁさん」とはお嫁さんのことだと思うと更にこのさくらんぼが愛しく感じられた。



おかひじき
娘の所から、安曇野の「おかひじき」が届いた。実は今まで調理したことがない。早速パソでレシピを。一番簡単な方法で料理してみる。
出来上がり
おかひじきを湯がいて水に晒し、よく絞って固い所を除いて食べやすい長さに切る。ツナフレークを混ぜてマヨネーズであえる。薄味なので一寸塩と醤油で味を調える。シャキシャキした食感がなかなか宜しい。箸休めに丁度良い。何となくビタミンが豊富にとれるような気がした。

遂にカフカ
昨日で「ノルウエーの森」を読み終わったので、また図書館に行く。わかめさんが一番良かったと仰っていた「海辺のカフカ」の文庫本の上を借りた。
小品集・はじめての文学、雑文集、やがて哀しき外国語、ねじまき鳥クロニクル、IQ84、IQ84の世界を深読みする本、村上朝日堂の逆襲、ノルウエーの森、と、このところずっと春樹クンの本ばかり読んでいる。つなぎに借りた「IQ84の世界を深読みする本」には、青豆が通った図書館は雲が春樹本を借りて来る図書館らしいという事が書いてあった。ほへほへ・・
また、「ノルウエーの森」の主人公の渡辺君が居た学生寮は何と毎月雲が歌会に通っている目白の学生寮だった。事実春樹クンがそこに居たらしい・・・世の中狭い。町を歩くと若い女の子や男の子が物語の登場人物のように見えてくる。
カフカを読み終わったら少し方向転換した方が良さそうだ。
続きを読む
  1. 2014/06/28(土) 21:51:15|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

茨木のり子展に

世田谷文学館
先日天声人語に茨木のり子の展覧会の事が書いてあったので、空模様を眺めながら思い立って出掛けました。本当のところ今まであまり茨木のり子の事はよく知りませんでした。会場には結構大勢の人が訪れておりました。美しい人だったのですね、容貌も心も。ゆっくり巡り歩きました。彼女自身が朗読する「わたしが一番きれいだったとき」という詩をヘッドホンで聞いたりして。

文学館ロビーからの眺め入って間もなくの所に谷川俊太郎の追悼の詩が掲げてありました。その最後のフレーズを・・・
私から触れることはできないとしても
あなたは今も私に触れてくる
風になごむ手で 雨に癒される眼差しで
星々に慈しまれる微笑みで
明日を夢見ることを許された
一日の終わりに


蘆花恒春園
折角だからと足を延ばして蘆花恒春園まで行きました。随分以前に来たことがありましたが、周辺には綺麗な住宅が増えておりました。でも、とても静かな雰囲気の所でした。雷がゴロゴロと鳴りましたが、逆に日が差して心地よく、訪れる人も2,3人、武蔵野の面影を残す静かな林の中で一人、ああ、本当にいつまでも居たい心持でした。


花たち
帰りの道々眺めた花たちの綺麗だったこと。駅近くのスーパーで稲荷ずしと海苔巻それぞれ2個ずつ入ったお弁当を買って、ベンチで休息かたがたお昼をとりました。スーパーの中で若い男性が驚くほど丹念に手を洗っている姿を面白く眺めながら・・・
最寄りの駅に着いた途端に雷が鳴りだしました。そして家に着いた途端に大粒の雨が降り出しました。雨は私を避けていたらしいです。本日歩数計は12800歩を示しておりました。
  1. 2014/06/24(火) 22:54:15|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

試作コラージュの巻

コラージュ物語
ラベンダーの花が終わり、庭はクチナシの季節になりました。毎朝洗面台のクチナシにおはよう!から一日が始まります。
玉川田園調布で定期的に開催されたM社のバーゲンセールが今回でおしまいになるという事で、いつものように自転車で出かけました。会場で若い奥さんとあれやこれや話をしてコミュニケーションを楽しみました。ここに来た帰りは何時もすぐ近くのおしゃれなスーパーに立ち寄ります。ちょっと高いのですが、偶には高級感に浸ろうというわけです。お買い物のご主人を待ってるコーギーに一寸声をかけて頭を撫でさせて貰いました。
帰り道で小さな車が停車しているのを見かけました。とても便利そうで、こんな車があったら良いなぁ~~と、盗撮致しました。
帰宅後、読み終わった「ノルウエーの森 上」を返しに図書館に行きました。ラッキーな事に「下」があり、早速借りました。下は上のように汚れて居りません。題名から想像した内容と随分かけ離れておりましたね。本物のノルウエーの森をイメージしていたのですが、ビートルズのあの曲が出て来ましたよ。そうそう、図書館の入り口にサークルで作った紫陽花の作品が並べてありましたっけ。 で、話は戻って「上」に出て来た曲名を上春樹 音楽大全集でまとめて聞いてみました。懐かしい曲があります。500マイル、スカボロフェア、それにブラームスの2番 ピアノ協奏曲など全部聞いてしまいました。
これでお試しコラージュの説明はおしまいです。
  1. 2014/06/22(日) 15:24:07|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

思い出あそび

フェイスブックでKIZOAというソフトを知りましたので、早速遊んでみました。
スピーカーをクリックすると音楽が聞こえます。エンドレスですね。
夜が更けまたので、この辺でストップ致します。おやすみなさ~~い。


箱根湿生花園にて - Video Maker
  1. 2014/06/18(水) 22:49:16|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ワールドカップ第1戦の日

準備
夕べ一晩水に浸けた梅を愈々梅干に漬けた。3年前に義姉に教えて貰ったやり方(ずっと下の方です。)をブログからプリントアウトする。上手に出来たら義姉に少々進呈しよう。
図書館の本
ワールドカップの第一戦を見ていささかがっかりして図書館に本を返しがてら、また村上春樹の何かを借りにゆく。自転車が一杯でようやく斜めに駐輪する。珍しくようやく「ノルウエーの森」があった。早速借りたのだが、しかし、ちょっとカバーを掛けないとう~~ん・・・・
哀れなスピン
散々読み込まれたとみえて、スピンが短くなってしまってる。そんなに面白いのかしら。最近朝日新聞に夏目漱石の「こころ」が連載されているが、村上春樹の小説は漱石に通ずるものがあると誰かが書いていた。そうかしら。音楽性が共通しているとのこと。漱石も楽しみに読んでいるから、自分にとってもどこか馴染めるものがあるのかしら。そういえばわかめさんは漱石を朗読されたのだった。お聞きしたいなぁ。

fish & chips
夕さりて。。。。
前々から一度作ってみたかったfish & chips。良さそうな鱈があったので買ってくる。レシピをググって衣を作る。簡単だった。ポテトチップスは冷凍もの。相棒はビールを友に大変満足してご機嫌だった。ご機嫌とりにはfish & chipsにかぎる。いと楽ちんなり。
  1. 2014/06/15(日) 21:07:02|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

梅ジャム

豊後梅
サイコさんのブログにお手製の杏ジャムがアップされたのを拝見して、私も庭の老梅の一枝に実った梅で作った梅ジャムをご披露することにしました。まるで皮一枚で生きているような梅で、植木屋さんが支えをしてくれました。何時倒れるかと心配しているのですが、ドッコイ、実をつけたのです。梅干しにするほどありません。そこでジャムとなりました。


出来上がり
綺麗に洗い、一晩水に浸けてあとは水無し、砂糖で煮ただけですが、甘酸っぱい綺麗なジャムに変身。
梅ジャムのプロフィールヨーグルトに載せて食べるのが一番です。小さなジャムの瓶に小分けして隣の義姉に分けましたら、紅茶に入れたらとても美味しかったそうです。娘にも分けました。来年も成ってくれるでしょうか。幹は衰えても花も実も変らぬ見事さです。さぁ、愈々次は梅干しを漬ける番です。頑張ろう!



  1. 2014/06/12(木) 22:08:35|
  2. 料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

箱根湿生花園に

到着
 何年も前から一度訪れてみたかった箱根湿生花園に念願かなってやって来た。新宿より小田急の高速バスで約2時間。友人とつれづれのおしゃべりをしている間の小さな旅。
生憎梅雨入りの日となってしまい、途中から小雨が降り始めたが、花園への憧れが雨の気配を吹き飛ばす。


せんのう
入り口を入った所で鮮烈な色のせんのうの花が目に飛び込んで来た。昔茨城の山で見て覚えたフシグロセンノウはもう少し小さかったが色は同じでとても懐かしい。雨に濡れている。
やがて到着した別コースの友人と合流、4人で歩き始めるとボランティアガイド氏が良かったら案内しますと現れた。早速園内をガイド氏について歩くことになった。


青いケシ
暑い日が続いたので、もう「ヒマラヤの青いケシ」には会えないかも知れないと思っていたが、まだ待っていてくれた。有難う! 3か所くらいに植えられていた。宿根草ではないようで、平地では育たないようだ。本当に青い花だった。



ヒメユリ
何と優しいヒメサユリの花。
クロユリ思わず、「あっ!クロユリ!」と叫んでしまった。昔若者であった時、グループで乙女峠、金時山に登ったことがあったが、一人がクロユリの花を見つけて歌いはじめた。「く~ろゆり~は~恋のはな~」 何だか切なく聞こえたものだった・・・などと・・・回想する。

サンショウばら
あらら、山椒の花ってこんなに綺麗?と驚いたが実はこれはあの山椒ではなかった。葉もそっくりだが、匂いがしない。
今が盛りと沢山咲いていた。優しくて遠くから見ても美しい。
うつぎ
ガイドさんの説明を聞きながらだんだん奥の方に入ると尾瀬のような風景に出会う。4月頃が見ごろという水芭蕉は葉が大きく育ち緑であった。花の頃はさぞかし壮観だろうと思う。来年は是非その時期にまた訪れたい。
白いカザグルマ

 実に綺麗に管理されている自然だ。人の手が入ってこのような美しい風景が保たれている事を思った。左の木の根元に咲いているのはカザグルマ。
サイジョウコウホネ
        コウホネの黄色が雨に映えて綺麗だった。

神代杉
この画像だけでは何のことやら分からないが、この小さな池に850年前の神代杉の根がそのまま沈んでいるのが見えた。何故か腐らないのだそうだ。とても不思議な気がした。

湿原植生復元区

ガイドさんはわざわざ湿原植生復元区まで吾々を導いて来た。野焼きをして湿原を保護しているのだそうだ。このまま放って置くと雑木に埋まってしまうから。
ここの気温は福島と同じくらい。高さはスカイツリーよりも高いなど、ガイドさんの説明をウグイスや蛙の声をBGMに聞く。
万葉の歌も
沢山の種類の樹木があったが、あせびもその中のひとつ。そのそばにこんな木札が立てられていた。
 
 池水に影さへ見へて咲きにほふ馬酔木の花を袖に扱きれな   大伴家持(4512)

まこも
 友人が「あら、まこも」とつぶやいたので気が付いた。ツンツンしたこれが真菰?傍らにやはり万葉集の歌を書いた木札があった。

 草枕旅にし居れば刈り薦の乱れて妹に恋ひぬ日はなし   作者不詳(3176)

funabara_20140607163329180.jpg
キバナクリンソウ、コマクサ、フナバラソウ、オカタツナミソウ、沢山沢山の花々と友人に囲まれて本当に満足した。段々雨足が強くなってきたので、またの再訪を期して帰路についた。
山菜そば


山ウドの香り高い温かい山菜そばも美味しかった。
ここで一首とゆきたい所であるが、後日にいたします。
ご一緒頂いたみなさま、有難うございました。

  1. 2014/06/07(土) 14:46:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:5

ラッキョウとラベンダー

lavebder
所属しているシニアのMLでフェイスブックのグループを作ることになった。今まで億劫でFBを敬遠していたが、仲間内ならばやってみようかという気になり、重い腰を上げた。新しい事に挑戦(オーバー?)するために2日間ほどバタバタと過ごしたが、何となく世界が少し広がったような気がする。
rakkyo
スーパーでラッキョウを見かけた。魔が差して2キロ買う。帰宅して腰を据えて皮むきに取り掛かる。ただ皮むきするのはつまらないので、録画してあった「ららら🎶クラシック」を続けて3本みたらようやく仕事が終わった。ラフマニノフでは浅田真央のフィギュアの映像も出て来た。ブラームス、プッチーニも楽しめた。「誰も寝てはならぬ」のパヴァロッティーにも久しぶりにお目に掛かった。ラッキョウを食べる時🎶が転がり出るかもしれない。楽しみ。でも、くたびれた~~。
  1. 2014/06/01(日) 10:56:59|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード