おだやかな日々に

二月それから

tubaki.jpg
2月3日 朝、蕾の椿を切って部屋と洗面所に活ける。夕方になったら暖かい部屋の方の椿が開き始めた。ぽっと明かりが灯ったようだ。
IMG_20160211_153819のコピー
2月4日 午前中万葉集の講座へ。新しい先生の二回目の講義で巻1-1、有名な雄略天皇の歌。この長歌だけに2時間をかけた。先生のテキストと土屋文明先生の私注が一寸違っていたので質問する。私注には、「背とは」が入っているのにテキストには無い。
この質問のお蔭で西本願寺万葉集とか、国歌大観の話が出て、近代的な発想から現在は「背とは」を省き整合させているが、また疑問視もされていると説明された。いまだに議論の余地が沢山ある万葉集なのだなと言う事が分かったし、土屋先生の私注は原文に忠実に記されているという事も分かった。いや、あまり難しい事はわからないけれど・・・

2月5日 朝ドスン!と持ち上がるような地震に驚いた。震源地は神奈川県東部との事で町田あたりらしかった。その夕方には桜島が噴火。列島が熱い。コーラスの日。会場が取れなくて近くのシェア奥沢で。ここは昭和8年築の普通の住宅を一寸改造して集会などに利用されている。エレクトリックピアノなのでピアニストさんが曲に合わせて色々な音を使って伴奏して下さるのでとても楽しい。バッハ/グノーのアヴェマリアなど古楽器の風合いが感じられた。
kisoji16.jpg
2月6日 孫の13歳の誕生日で昨年同様大森の木曽路でしゃぶしゃぶをご馳走になる。昨年同様お酒は獺祭。もう一人の13歳が居ないので、なぜか至極おとなしやかな新しいティーンエイジャー。刺身、天ぷらから始まり、締めはきしめん、餅、ラーメンそれぞれ。冬のご馳走に満足満腹。おめでとう。
sibuya.jpg
2月9日 Fさん宅の月一度の少人数の歌会に出掛ける。井の頭線に乗る為に渋谷を通過する。東横線乗換出口に依って色々通路が変るので、いまだにキョロキョロして通る。この日は結局外に出て地上を歩いて行くこととなる。春節を迎えて海外からの観光客が楽しそうに溢れていた。帰りの東急線の中で「最近つり革の盗難が発生しています。気が付いたら係員にお知らせください」というアナウンスが。驚いた。つり革盗ってどうするの???
IMG_20160211_152608のコピー

  2月10日 コーラスの先生が出演されるNPO法人日本オペレッタ協会の第一回本公演、「伯爵令嬢マリツァ」を見に(聴きに)行く。オペラやオペレッタでは大抵主役はテノールである。残念ながら先生はバリトンなので今回も脇役であったが、素晴らしい声量で演技も抜群、ピカ一だと思った・・・と申し上げたら、「身内だからそう思ったんでしょ」とご謙遜。裕福な田舎貴族、ポプレスク侯爵ブラボー!北とぴあつつじホールが満員の盛況であった。







  1. 2016/02/11(木) 16:22:53|
  2. あんなこと、こんなこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

空振りだったけれど


もう二月に入ったとおもったら二日になってしまった。昨日はヨガに行って体を少しほぐしてきた。皆さんはなんて色々知っているのだろうか。先だってテレビで尾山台の町が紹介されたという話題から、尾山台の美味しいケーキ屋さんからレストランの店の名前が次々に出て来る出て来る。けれど、何度聞いても雲はすぐ忘れてしまう。家に帰ってきてググって、ああ、これだ!とメモする。そのうちとても美味しいというケーキを買いに行くぞ! 今日のヨガは一体何だった?

もう節分が来るというのに寒い。けれど今日は良いお天気になったので、郵便局から(やっと年賀状の当選切手を貰いに。たった三枚)図書館、そして買い物というコースを取る。 西加奈子の「サラバ」を読み終えたので、同じ作者の別の作品を借りようと思ったら、この作者のコーナーは空っぽだった。読まれているな・・・そこで以前文春で読んだ気もするが、綿矢りさの「蹴りたい背中」を。この作者も西さん同様なかなか美人。工藤美代子の「寂しい声」(西脇順三郎の生涯)という本が目に留まる。立ち読みしたが、これも借りることにする。わが密かなるあこがれの人物、西脇順三郎先生の事をもっと知りたい。(私が生きているうちに。。。) そして楽しそうな~女たちのムフフ楽園旅行記~ 寝る時に読もう。 そろそろ短歌の事も気になってくる。二月は逃げるというが、来週からはまた忙しい日々となりそうだ。
  1. 2016/02/02(火) 14:41:08|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード