おだやかな日々に

亡き人と共に

たまもの
友人が亡くなって一年余、残されたご主人から手作りの短歌集とコサージュを頂いた。
短歌集は友人がノートに下書きしたものを、ご主人が遺品の中から見つけ、全部手書きで書写し、コピーして一冊に纏め、友人知人に送って下さったものだ。

蝋梅の一枝もちて帰り来し夫の車に斑雪つむ
痩せぎすのヌードモデルを描きゐてヒースの原に立たせてみたし
  美智子

コサージュはナンキンハゼとモミジバフウの実をご自分で加工して、作ってみたとのこと。
植物大好きなご主人は団地に住んで居られ、周囲の公園の木々の整備のボランティアをされ、秋になると落ちて来る木の実を区の許可を得て拾い集め、グループを作ってみんなでクリスマスリースなどを作って楽しまれたり児童会の子供たちにも教えたりと色々な活動をして居られる。86歳になられた。家じゅうに友人の写真が貼ってあるので寂しくないと言われるご主人。

雲の属している短歌雑誌の3月号に偶然のように次の歌が載っていた。
この坂を登らば向う並木にはナンキンハゼの紅葉しゐむに
散り残るアメリカ楓の紅葉を道隔てしばし眺めてゐたり
   伊藤安治

ナンキンハゼと楓の木。夫々奥様を亡くされて一人生きて居られる。
友人とまた語り合いたい春が来る。
  1. 2014/03/01(土) 16:24:55|
  2. あんなこと、こんなこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<感謝感激 WIN8.1に | ホーム | お蔭さまで>>

コメント

奥様を亡くされても、地域活動や素敵なご趣味に生きていらっしゃるのを拝見させて頂くと、こちらまで明るい気持ちになりますね、ほっとした気持ちになりました。
  1. 2014/03/01(土) 21:21:07 |
  2. URL |
  3. bajiru #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

素敵なエッセイ、心に沁みます。
きっと奥様のことを深く愛しておられた方なのだろうと
思うと、命の無情を感じます。
南京ハゼは地味な色の長い花ですが、こんな実になるのですね。
綺麗な紅葉を思い出しました。
  1. 2014/03/01(土) 22:29:59 |
  2. URL |
  3. サイコ #ZeC0G1NE
  4. [ 編集 ]

bajiruさん、早速のコメントを有難うございます。老老介護という言葉などどこ吹く風と、最後までご自宅で友人を介護されたご様子に、心打たれました。自分を元気にする術をしっかりご存じの素晴らしい方だと思います。
  1. 2014/03/02(日) 10:47:17 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

サイコさん、コメントを有難うございます。
トムとジェリーのような。。。と言っては言い過ぎ?かも知れませんが、似たもの夫婦、言い難い絆で結ばれて居られた素敵なご夫婦でした。

電話を頂くと初めからおしまいまで亡き奥様礼賛で、お返事のしようがないくらいです。奥様(友人)の遺品の中のハンカチにマジックで「パパ大好き」と書いてあった!と伺いました。
彼女もやったぁ~!です。今もきっとトムとジェリーなのでしょうね。素敵なご夫婦だった、そして今も、としか言いようがありません。
  1. 2014/03/02(日) 10:58:14 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

素敵でお幸せなご夫婦のお話、有り難うございました。
羨ましく読みました。
歌を残せるって最高ですね、河野祐子さんご夫妻のようですね。
私にも同じような男性の友人がいます、長い間看病されて去年お独りになられ、最近お元気を取り戻し朗読が素晴らしくお上手な方。
  1. 2014/03/04(火) 10:39:03 |
  2. URL |
  3. わかめ #Wvcannqs
  4. [ 編集 ]

わかめさん、コメントを有難うございます。
年を取って配偶者を失う事は想像しただけでも寂しい事ですが、残されたものが何かの支えで立ち直る姿を見る事が出来れば、そんな嬉しい事はありませんね。
私の場合は、短歌を残しても、(碌なものじゃないし)夫は多分関心も持たないでしょうし、見られたくもない気が致します。v-394
その点友人は本当に幸せな人だと思います。
「あなたは幸せよ~~」と伝えてあげたいのですが・・・
  1. 2014/03/04(火) 15:01:07 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

心の中に変わらずに

初めまして、サイコさんの所で拝見してこちらに来ました。
独身の自分には伴侶を亡くすと言う事はありませんが、
年配の友人が亡くなった事、そして昨年は、
ただ一人の家族でもあった母を亡くすと言う事がありました。
音楽に全力を注ぎ、感情の全てを楽譜に吐き出したり、
強がって元気な振りをしていても、なかなか立直り切れずにいます。

雲さんのご友人のご主人も沢山の写真に囲まれていても、
生きている奥様の声が聞きたいと思ったりするのかもと想像してしまいました。

短歌集を作られたご主人、とても奥様を大切にされていたのでしょうね。
  1. 2014/03/15(土) 00:23:45 |
  2. URL |
  3. ざくろの森 #ODB.tzFc
  4. [ 編集 ]

ざくろの森様、私もいつもサイコさんのブログで色々拝見させて頂いておりました。コメントを有難うございました。
お母上を亡くされどんなにかお寂しい事でしょう。お察し致します。
私は認知症の母を自宅で介護致しましたが、母は101歳で亡くなりました。介護中は母が亡くなったらどんなにか楽になれるかなどと思いましたが、いざ亡くなった時、澄んだ空の青さがこんなに悲しいものだったかと初めて気が付きました。そんな時、コーラスの友人が、「哀しみは畳の目ひとつづつ薄らいでゆくものよ」と慰めて下さいました。その方は娘さんを亡くしておられました。
亡くなった友人のご主人もどんなにか寂しい思いをして居られる事かと思います。愛が深かった分だけ哀しみが大きいという事は切ない事ですね。
ざくろの森さまもきっとお元気になられる事でしょう。少しづつ少しづつ。
有難うございました。
  1. 2014/03/17(月) 21:57:20 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://act014.blog17.fc2.com/tb.php/1009-8b86e076
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード