おだやかな日々に

芭蕉庵散策

芭蕉庵
日曜日は月一回の短歌会の日。
電車が順調に来たので随分早く着いてしまった。
そこで和敬塾を通り越して胸突坂を降りて行ったら芭蕉庵の門が開けっ放しになっていたので、引き込まれるように入った
句碑が
 静かな庭に鳥の鳴き声や水の音が聞こえる。芭蕉が本当にここに住んでいたのだろうか。古地図には載っているようだ。

古池や
古池や・・の句碑がある。直筆とのこと。美しいくて優しい文字。この他に夜寒の碑、范石湖の詩碑、五月雨塚、朱楽菅江の歌碑、伊藤松字の句碑などが散在している。知らない名前が殆どだが・・・
古池?
竹の樋から池に落ちる水の音が心地よい。蛙はまだ冬眠中?鯉がゆっくりと泳いでいた。


藪椿

 春は目の前だが、まだ寒い。花は椿。可憐な花の色どり。

庵

 この建物の中で資料などを見る事も出来るらしいが、人影もなかった。そろそろUターンして短歌会場に戻ろう。丁度一年前はここを通り過ごしてすぐ下の神田川まで散歩した。川を覗いたら亀が甲羅干しをしていた。ほんの20分ほどの芭蕉庵散策であった。


  1. 2014/03/12(水) 22:48:15|
  2. 短歌など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<お試しグリーンカレー | ホーム | 感謝感激 WIN8.1に>>

コメント

ゆったりと優雅な散策、儲けものですね。
春の気配の濃くなった芭蕉庵もさぞかし...
ひときわ待たれる今年の春ですね。
  1. 2014/03/12(水) 23:32:14 |
  2. URL |
  3. サイコ #ZeC0G1NE
  4. [ 編集 ]

サイコさん、コメントを有難うございます。
風格ある表門は何時も閉まっていて、入るのは坂の途中の裏門からです。入場無料です。緑の頃は芭蕉の木も大きな葉を揺らす事でしょう。今はまだ冬枯れ中でした。
  1. 2014/03/13(木) 10:25:01 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://act014.blog17.fc2.com/tb.php/1011-d6de1746
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード