おだやかな日々に

万葉故地見学・上野国分寺

橋を渡って
 27日、万葉集の会のバス一日旅で上野国の国分寺跡、土屋文明記念館、多胡碑、定家神社などを回って参りました。先ずは関越道前橋インターチェンジから約6分、広々とした関東平野に降り立ち、早速の国分寺橋を渡りました。
上野国国分寺
右の画像が創建当時(天平勝宝元年749年)の様子です。(パンフレットより)

七重塔模型


上野国分寺館の説明に依れば、この七重塔に使われた瓦一枚の重さは五キロだったそうで全体の重さは相当なもの。戦や火事の記録は無いので、多分嵐や地震などで崩れてしまったのではないかとのこと。今は跡形もありません。
こんなに広い 
 
 長元三年・1030年頃、までには築垣や南大門などの建物は無くなり、仏像の多くは壊れつつも金堂が残存していたそうですが、江戸後期にはすでに遺跡となった姿が国学者の紀行文に書かれているとか。
築垣
復元された築垣の一部です。古代と同様に手作業で棒で突き固めて土を積み上げた版築(はんちく)という工法で作ったとのこと。1平米あたり4トンもの重さがあるそうです。すごい!当時其の儘です。
平安の梅の花?反対側には見事な白梅が丁度見ごろでした。梅林を透してずっと向うに現代の住宅が見えますが、この梅林の辺りから平安時代の民家跡が発掘されたそうです。
ぐんまちゃん
ここで出会ったぐんまちゃん。群馬のPR写真を撮りに来ていたようです。何と一緒に写真を撮りました!
楽しいハプニングでした。

ここからバスは土屋文明記念館へ参ります。
土屋先生にお会いするような嬉しい気持ちでバスに揺られて行きました。
                                                 つづく

  1. 2014/03/30(日) 16:55:30|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4
<<万葉故地見学・土屋文明記念館 | ホーム | 東奔西走>>

コメント

いま国分寺橋の写真だけが写っています。
ここが何処だか、みんごと当ててみしょー、とぐぐってみたけど国分寺市にある橋はもみじ橋で、、。
どこ、どこ、楽しみで〜す。
  1. 2014/03/30(日) 17:16:24 |
  2. URL |
  3. わかめ #Wvcannqs
  4. [ 編集 ]

わかめさん、超特急のコメントを有難うございますv-10
「下書き」にしておいた筈が何故か変わってしまいましたv-291
という訳で、正解は「こうずけのくに」の国分寺跡でございました。国分寺尼寺跡にも行くという話だったのですが、国分寺館の学芸員さんの話では、ただの畑で何にもありませんし、畑の中を歩かなくては行けませんとの事でカットされました。歩いても良いのにね~、などと話し合ったのですが、カットしたにも関わらず、最終的におせおせ時間になりました。
  1. 2014/03/30(日) 22:38:08 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

私も昼間見た時は写真だけ。国分寺は娘の大学の在るあそこかなーなんて思ったり、良い旅行をなさいましたね、先生の解説付きだと何も無い
原っぱや梅林も昔の面影が浮かんで来る様でしょうね。
  1. 2014/03/30(日) 22:53:14 |
  2. URL |
  3. bajiru #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

bajiruさん、コメントを有難うございます。
説明が無ければただの原っぱですね。国分寺は聖武天皇の詔によって全国に68もの僧寺と尼寺が建立されたそうです。武蔵国分寺もセ~ノ!で、同じ時代に建てられた訳ですね。
  1. 2014/03/31(月) 14:24:27 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://act014.blog17.fc2.com/tb.php/1018-3f3ae23c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード