おだやかな日々に

ウブドゥにて

オカ・カルティーニ
 8月5日。孫を学校に送った足で、息子の仕事のお供でウブドゥへ向かいました。去年一泊したオカ・カルティーニです。一年の間に大きな変化がありました。昨年泊まったバンガローのあたりにコンクリートの大きなホテルを建設中。旧家の母屋の方はそのままでした。のんびりとした静かなバンガローの風景が思い出されます。去年泊まる事が出来て良かったと思いました。
オカ・カルティーニ
母屋周辺を飾る古い置物や彫刻、木彫り、花々を懐かしく見て歩きました。

お祭り?
息子達の仕事が終わらないので、夫と一寸そのあたりを散歩してみました。賑やかな通りを避けて行くとすぐ近くに思わぬ大きなお寺がありました。周辺には大勢の老若男女がバリの伝統衣装をつけて集まっておりました。何かお祭りでもありそうです。階段を上って門から中を覗くと、大勢の人たちが座り、以前テレビで見た事があるようなお祈りの風景が拡がっておりました。部外者は失礼に当たるといけないので、退散する事に。


maturi2.jpg
広場に屯していたおばさんたちが、捧げものを持って行列を作ってこの画像の下の祭壇?に設えられた台の上にそれぞれの供え物を置いて行きました。これは絶対何かの行事だと思いました。それにしても、画像下の石造りの台はまるで何処かの遺跡のようです。これが祭壇だったんだと納得致しました。 帰ってオカ・カルティニの奥さんに聞きましたら、ウブドゥの中心に位置するお寺だそうで、お葬式の準備をしている所だと教えて下さいました。
  1. 2014/08/27(水) 13:41:43|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3
<<ウブドゥからクタ方面へ | ホーム | バリのバスに乗った>>

コメント

異国情緒たっぷりの画像に魅せられます、お葬式の準備でも彩りが美しくて日本の暗いお葬式とは趣が違いますね、早く退散して良かったですね。
  1. 2014/08/27(水) 22:34:30 |
  2. URL |
  3. bajiru #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

彫刻類はほんとにニッポンのほとけとは違ったものですね。面白いです。
なじみがない宗教のことは入り込む余地がないでしょうね、真剣な信仰は珍しいけれどじろじろ見るのもね。
いろいろな面白い見聞を、息子に知らせてあげます、今年秋の旅はバリにしたいと言っていました、ほんとに行くのかな。
  1. 2014/08/28(木) 16:45:55 |
  2. URL |
  3. わかめ #BIBt.93s
  4. [ 編集 ]

bajiru さん、わかめさん、コメントを有難うございます。バリでは観光客が多いので、このような儀式を自由に見せて貰っても良いと息子が言っておりましたが、偶然の事でご遠慮致しました。お金持ちは個人でお葬式をするそうですが、そうでない人たちは合同で行うそうです。お葬式まで仮に埋葬しておくそうです。そういえば5人の女性がそれぞれにお供えをして居りましたから、若しかしたら5人のお葬式だったのかも知れません。
わかめさんの息子さまご夫婦が楽しい旅をなさいますよう。若い方はきっとまた別の楽しみを見つけられる事でしょうねv-301
  1. 2014/08/28(木) 17:12:24 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://act014.blog17.fc2.com/tb.php/1072-b79898dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード