おだやかな日々に

母の故郷高田へ 3

儀明川 高田の町には何本か川が流れておりますが、駅に一番近い川に沿って行くと母の生家近くに行き着きます。川の名前は儀明川。曰くのありそうな名前ですね。6年前は簡単に行ったような気がするのですが、何となくどの橋を渡れば良かったのか自信が無くなって、誰かに聞こうと思うのですが、人通りがありません。見当をつけて馬出橋(おんまだしばし)を渡りました。
橋を渡って間もない所の筈です。理髪店の奥さんが店の前で植木鉢に水やりをして居りましたので、訊ねてみました。

「この辺りは仲町2丁目ですか?」
「そうですよ。」
「この辺にお風呂屋さんがありましたか?」
「はい。この向かい側の川っぺりにありましたが、今は駐車場になりました。」
「近くに〇〇さんというお宅がありますか?」
「さぁ、今はありませんが、そういえばおばぁちゃんが良く〇〇さんと言ってましたね。」
〇〇さんとは、母の生家の2,3軒隣の家で親しくしていた家です。間違いありません。理髪店の中年の奥さんのお蔭で確認できました。昔母と来た時も、母が亡くなって夫と来た時も母の生家はきれいさっぱり無くなって、駐車場になっておりましたが、今もそのまま駐車場になって居りました。
雪よけ 
 姪がカメラを持って駐車場の奥まで入って行きましたので、後について行くと奥の方の家にまだ雪よけの板が残ったままになっておりました。板受け
別の家にもあの板を支えるための金具が取り付けてありました。冬になると一斉に重そうな板で雪除けをするのですね。


forsnow_
前の道路の真ん中に穴が空いておりました。また理髪店の奥さんに聞きますと、雪が積もるとあの穴から水が噴き出して雪を溶かしてくれるのだそうです。あの装置が出来てから道路の雪も減ってとても助かるとのこと。母の話をしたり、母の懐かしがっていた「お稲荷さん」の話をすると、「お稲荷さんならすぐそこにありますよ」などと色々親切に教えて下さいました。家も親せきも絶え果てたこの高田の母の生家の近くでこの奥さんと出会ったのはまるで母の執念の導きのような気が致しました。お礼を言って別れました。
みかえり橋

 
 歓喜橋みかえり橋と歩み来て馬出橋(おんまだしばし)の上に南葉山見ゆ
 母と来たときに見えた山はもうビルの蔭で見えなくなっておりました。

  1. 2015/04/28(火) 15:00:15|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4
<<母の故郷高田へ 4 | ホーム | 母の故郷高田へ 2>>

コメント

「鶴瓶の家族に乾杯」みたいな展開で
たのしく懐かしく(?)読ませて頂きました。
おんまだしばし、って何だか良い響き!
歴史があるのでしょうね。
  1. 2015/04/29(水) 10:35:43 |
  2. URL |
  3. サイコ #ZeC0G1NE
  4. [ 編集 ]

サイコさん、や、釣瓶の家族に乾杯!私大好きです!あのテーマソングがまた良いですね~~。嬉しいです。有難うございますv-10
  1. 2015/04/29(水) 14:39:36 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

つるべ、やで~
間違わんといてや!
って鶴瓶さんが言ってますよ
  1. 2015/04/29(水) 21:25:53 |
  2. URL |
  3. サイコ #ZeC0G1NE
  4. [ 編集 ]

そやそや、鶴瓶ヤワ。許してんかいな (〃艸〃)
  1. 2015/04/29(水) 21:39:12 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://act014.blog17.fc2.com/tb.php/1126-43916c5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード