おだやかな日々に

母の故郷高田へ 4

雁木の町
母の生家の辺りは商人の町として栄えておりましたが、折しも商店はお休みの日で、どこもかしこもひっそりとしておりました。そのせいか、何だか終戦の年に一時疎開していた時の方が賑やかだったように感じました。しかし、それだけにゆったりとした二丁目界隈を暫くぐるぐると歩きまわりました。画像は昔の雁木に近い面影を残した通りです。
雪おろし用はしご 殆どの家に雪下ろし用の梯子がかけてありました。

除雪用品

こちらのお宅には、まだ除雪用品がそのまま置いてありました。雪国を知らない姪は何かと興味津々です。



お稲荷さん 理髪店の奥さんが教えて下さった稲荷神社はすぐそこにありました。ここに「歴史的町名 両替町」の立札がありました。母が暮らしていた頃は「両替町」と言ったのです。母は「りょうがえまち」を「りょうがまち」と言いました。多分ここに住んでいた明治、大正、昭和初期の人々はみんな、「りょうがまち」と発音していたのだと思います。このたび高田で出会った人々は殆ど全部と言って良いほど標準語のアクセントで話しておりました。
 道を問へば越後訛りに答へくるる名を知らぬ人なつかしきかな
 夫と来た時の歌です。それほど昔とも思っておりませんでしたが、当時は未だ越後なまりを聞く事が出来たのでした。

この「お稲荷さん」は母の家にとても近いのですが、大正の初めに出来たようで明治二十七年生まれの母が子供の頃親しんだ「お稲荷さん」ではなさそうでした。高田にはなぜかあちらこちらにお稲荷さんがあるのです。

  1. 2015/04/29(水) 15:18:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<母の故郷高田へ 5 | ホーム | 母の故郷高田へ 3>>

コメント

雲さんの心のふるさとを訪ねる旅を、理由もないのに懐かしく読んでいます。亡きお母様の心になって目になって沢山歩かれたのね。
過去の旅の歌にそれぞれの思いを感じることが出来ます。続きを楽しみにしております、最新のお歌もね。
  1. 2015/04/29(水) 21:11:36 |
  2. URL |
  3. わかめ #BIBt.93s
  4. [ 編集 ]

わかめさん、ご丁寧なコメントを有難うございます。姪を案内するだけと思って行きましたが、行ってみれば母に纏わる色な思い出が湧いてまいりました。行き先の計画を立ててまたもう一度行ってみたいような気が致します。
  1. 2015/04/29(水) 22:26:06 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://act014.blog17.fc2.com/tb.php/1127-276beee9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード