おだやかな日々に

落人の道

屋島  「源平合戦の古戦場、屋島は埋め立てられて、今は島ではない。高松空港の方から眺めると、巨大な戦艦のようにそびえたっている。」随筆家のみなみらんぼうさんがこのように書いております。成程、ダイアモンドヘッドとも巨大な戦艦とも見えます。この画像は頂いたパンフレットの屋島の絵です。このB地点の近くの屋島寺、C地点の少し右、談古嶺に行きました。


屋島寺
四国村からタクシーで屋島のてっぺんまで上りますと屋島寺でした。753年に鑑真和尚が建てたのが始まりで、後に弘法大師がここに移したとの事、四国霊場第八十四番の古い歴史を持つお寺です。お遍路さん
山門を入ると早速お遍路さんたちの般若心経を唱える声が聞こえて参りました。

境内 鐘楼の奥の大きな建物は宝物館で、国の重要文化財、十一面観音座像をはじめとする仏像、仏画、源平絵巻など名宝、珍品約70点を展示・・と、高松遊歩人なるパンフレットに書いてあるではありませんか! しか~し、ここはパスしてしまったのであります。今思えば残念です。
大狸

ここで「これなに?」と思ったのはこの画像の大きな狸です。青い文字をクリックすると色々書かれております。何しろ微笑ましい限りでした。勿論古いお寺にしっかりお参りしてから、土産を兼ねて夫のお守りに戌年の腕輪を買いました。真ん中の玉を覗くと観音様と柴犬の姿が見えます。夫が気に入ってくれました。その上、3年生の孫まで気に入ってしまい、「いいなぁ、おじいちゃん」という始末。サッカー選手がはめているミサンガと混同しているようです。
血の池
ここから裏手の道を行くと「血の池」(瑠璃宝の池)と呼ばれる池があり、綺麗なハスの花が咲いておりました。源平の合戦で汚れた刀をこの池で洗った為に池の水が血に染まったという言い伝えがあるのでした。そういえば水の色が暗黒色に見えましたが・・・お天気が曇ってきたせいでしょうか。


歩いて 血の池を後にして、大きな木々の生い茂る道を気持ち良く森林浴をしながら、この表示の現在地までやってきました。瀬戸内海が見えます。ベンチに腰掛けて、一休み。
ここから談古嶺まで歩を進めます。
屋島壇ノ浦 そしてとうとう、屋島の一番高い所からゆっくり古戦場と瀬戸内海の島々を眺める事が出来ました。ここが憧れていた屋島古戦場です。先ほど来る途中でのタクシーの運転手さんの説明を少し聞く事が出来ます。

屋島の崖 ここから 先、北嶺に行けば小豆島など瀬戸内海の海を見晴らす事が出来るのですが、お天気具合も怪しくなり、スタミナも怪しくなりで、屋島寺の下で待っているタクシーの所まで帰る事に致しました。あれは南嶺の崖でしょうか。屋島とはこういう所だったのだ。ここで平家の一門が滅びて行ったのだと小さな感傷に浸りました。




  1. 2015/06/02(火) 13:32:17|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<これが瀬戸大橋! | ホーム | 屋島へ>>

コメント

平家物語では、屋島の合戦として名が示されていますが、私たちは壇ノ浦と呼んでおります。(山口県の壇ノ浦と紛らわしいですが・・・)
屋島と八栗の間の細長い入り江は、私が子供の頃は、塩田でした。今は埋め立てられて住宅地と、工場なってしまいましたが、舟隠し・駒立岩・矢落し畑・菊王丸の墓・安徳社などが残っています。壇ノ浦に行く度に、平家の姫の幽霊が出ると母から聞かされて、恐い思いをしたのを思い出しました。
屋島は、今は観光客も少なくなっていますが、登山する者にとっては、格好のトレーニング場です。南端の冠が獄の断崖は、ロープで登れるようになっています。四国村の真上です。
また北嶺の突端・遊鶴亭までは、片道約2キロあります。
真下にハンセン病療養施設の島・大島があり、吉永小百合さんの朗読で有名になった映画「風の舞」の石積みも小さく見えます。
長々とお邪魔してしまいましたが、高松の旅が、お天気に恵まれ楽しい充実した旅となられたようで嬉しいです。
  1. 2015/06/03(水) 10:07:48 |
  2. URL |
  3. sako #-
  4. [ 編集 ]

sakoさん、有難うございます。
「>壇ノ浦に行く度に、平家の姫の幽霊が出ると母から聞かされて、恐い思いをしたのを思い出しました。 」

 いやぁ、地元の方からでなければ伺う事の出来ない貴重なお話ですね。
折角の史跡が埋め立てれていたのはとても残念です。あの山が削られているのも致し方ないのかも知れませんがまた残念に思いました。史跡の保存と現在の生活を守って行くことの鬩ぎ合い、どこでもあるお話なのでしょうね。
道々。すいかづらの花が綺麗でした。それにヘビ苺?の真赤な実がとても綺麗でした。一日かけて歩いたらきっとどんなにか楽しい事でしょう! sakoさんにとってはお庭のような屋島でしょうね。羨ましいです。コマクサのお葉書も有難うございましたv-22

  1. 2015/06/03(水) 11:29:10 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://act014.blog17.fc2.com/tb.php/1140-0779974f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード