FC2ブログ

おだやかな日々に

短歌と私 24

 いよいよリアルタイムに近づいて来るに連れて、キーを打つ指運びが重くなってきた。アララギ解散からかれこれ10年近い年月が過ぎたとは考えてみても恐ろしい。その間、何をしていたのだろう。私の歌は少しも進歩していないではないか。ただ、ちんまりとまとまって、可もなく、不可も無い歌ばかり作り続けてきたように思う。土屋先生はある時、そのような歌を「形式化してしまうと進歩がなくなる」と言われた事があった。一見難が無いように見える歌にすっぽりと落ち着いてしまうと困るのである。今私は困る状態にあるのではないか。
長い年月、沢山の先生や先輩の教えを受けて、やっと何とか出来た土台の上にどっかりと居心地良く乗っかっていてはいけない。これからピカソのような遍歴の時代に入ってゆかなくてはいけないと、ごく最近やっと気が付いた。
 
しかし言うは易く行うは難し。特に怠け者の私は毎日楽しくあそんで、ゆっくりくつろいで、年相応なおだやかな日々を過ごしているのである。せめて毎月の12首のうち、3首くらい、敢えてこの細腕で壁を叩いてみようか。

所詮私の歌は時を留めようとして始めたもの、心打たれる瞬間を永遠と見てその瞬間を捕らえる事が出来れば幸せ。そして私には歌えない新鮮でハッとする誰かの歌に巡り会えれば幸せ。短歌と私、こんなところでおしまいかなぁ。だらだらとした駄文に沢山コメントを頂きまして本当に有り難う御座いました。これからもどうぞ宜しくご指導お願いいたします。
  1. 2006/02/13(月) 22:54:21|
  2. 短歌など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<昨日今日のおはなし | ホーム | 短歌と私 23>>

コメント

ありがとうございました(^O^)

とても素敵な連載、楽しみに読ませていただきました。こういう形で先輩のお話を聞かせて頂けてよかったなあ~。心に残るエピソードやコメントがたくさんありました。「心打たれる瞬間を永遠と見てその瞬間を捕らえる」雲さんならではの表現に三日月、心打たれました。
雲さんのピカソ時代にともに詠えることが、うれしいです!
  1. 2006/02/14(火) 13:22:46 |
  2. URL |
  3. take #-
  4. [ 編集 ]

take@三日月さん、コメントをありがとうございます。
書き出すと大上段に構えてしまうのが悪いクセ^^;つい指がしゃべり出してしまいまして・・身の程知らず!です。
一息つきましたら、また何か指がしゃべり出すかもしれません。
宜しかったらまたお立ち寄りくださいね。古ぼけたカーテン、開いておきますから(^_-)☆
  1. 2006/02/14(火) 15:51:31 |
  2. URL |
  3. 雲 #-
  4. [ 編集 ]

次も期待

>一息つきましたら、また何か指がしゃべり出すかもしれません。

今までのは青春篇でしょう。
ふふ、怒涛篇も楽しみにしておりまする。
  1. 2006/02/14(火) 16:56:53 |
  2. URL |
  3. ひの字 #LkZag.iM
  4. [ 編集 ]

同じことを・・・

それが、雲さんと、全く同じことを考えています。
青南へ出す12首全部をなんとか殻を破ってと。
後が無いぞと、正直思っております。
雲さんの正直な述懐が胸に沁みます。
ありがとう。
  1. 2006/02/14(火) 17:50:37 |
  2. URL |
  3. chitetsu #-
  4. [ 編集 ]

寂しい

もう終わってしまうのですか?ちょっと寂しいです、是非怒濤編をお待ち申しています。
  1. 2006/02/14(火) 19:57:21 |
  2. URL |
  3. bajiru #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

おしゃべりな指

ひの字 さん、chitetsuさん、bajiruさん、コメントをありがとうございます。何時も応援を頂きまして、わが指共々嬉しくお礼申し上げます。そろそろ短歌を作らなくてはならない時期となりました。大見得を切った割にはまだ何も出来ていないとういうお粗末が現実でございます。またまた捻り出し戦術しかありません・・
しかる後、また指におしゃべりして貰う事に致します。その節にはまたどうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m
  1. 2006/02/15(水) 10:53:43 |
  2. URL |
  3. 雲 #-
  4. [ 編集 ]

私も少しだけ

アララギに流れていた「風」をほんの少しだけですが、私も感じることができました。ありがとうございました。
  1. 2006/02/15(水) 23:19:26 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

aki さん、嬉しいご訪問、そしてコメントをありがとうございます。
aki さん達は新しい風、その風を感じながら、私もマイペースで勉強させて頂きたいと思っております。どうぞよろしく。
  1. 2006/02/16(木) 12:57:58 |
  2. URL |
  3. 雲 #-
  4. [ 編集 ]

流れる雲

素敵な連載でしたね~ 人生も歌もセンスが表れるのですね。
”業界”のことも、へぇへぇ、と思うことばかりでした。
疾風怒濤までの間、英気を養ってください。穏やかな雲さんの変身を楽しみにしています。
  1. 2006/02/16(木) 22:36:47 |
  2. URL |
  3. サイコ #-
  4. [ 編集 ]

疾風怒濤

サイコさん、コメントをありがとうございます。
えへへ、疾風怒濤って?指の向くままに、どこにゆこうってんでしょう・・・寅さんみたいに・・・?

それから、も一つの方にコメントしましたのに何故か禁止ワードとか何とかでエラーになりましたので、こちらにアップしてみます。
Jtrimの加工でシルクスクリーンです。これでパスするかなぁ・・
  1. 2006/02/16(木) 22:47:42 |
  2. URL |
  3. 雲 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://act014.blog17.fc2.com/tb.php/119-dd2f923c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード