おだやかな日々に

陸前高田から一関、厳美渓まで。


陸前高田のホテルから一関の駅までホテルのバスで送って頂く。あまり大きく無いバスなので、満員で、その上時間の関係でお弁当は車の中でと大きな幕の内弁当が配られた。それは膝の上に。荷物は棚の上や補助席の下に詰め込んだ。で、カメラ、スマホも手元に無かったので、ホテルから出発して暫くして見えて来た海岸の初めて見るような素晴らしい海霧の写真を撮る事が出来なかった。残念無念!

それは、海岸線に沿って、天女の雲が舞い降りて来たような風情でたちこめていた。陸に上がろうともせず、そこにじっと佇んでいるように見えた。海に消えた魂が昇華して海霧になったのではないかと思わせるような光景であった。(この画像はイメージである。こんな景色だった。) そこから更に海に近づいて、あの一本松やその付近の旧気仙中学校も見えたのだが、同様画像が撮れなかったのが心残り。

帰りは来るときとはコースを違えて気仙沼通過。ここは小学校時代の親友が疎開した所で、食糧難時代に「エヘン、毎日美味しいお魚を食べてます。」という葉書を貰った。ここも津波の被害を受けた所。彼女の親せきの方々はどうされたのだろうかなどと思いを馳せる。あなたの気仙沼に行ってきたよと、話したいけれど、今はもう無理。そんな事を思いながらバスに揺られて一関に着いた。
ここで解散して友人と四人で近くの厳美渓へ。
 
  1. 2016/05/30(月) 15:26:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<平泉中尊寺へ | ホーム | 陸前高田にて>>

コメント

私が行ったのはあの311の前年の秋でした。この渓谷は一寸紅葉には遅かったらしく本当はもっと綺麗だといわれました。緑が美しく,、良かったですね。  
  1. 2016/06/04(土) 13:46:56 |
  2. URL |
  3. ユミ #kY.A8d5U
  4. [ 編集 ]

ユミさま、コメントを有難うございます。
紅葉の盛りの頃もさぞかし美しい事でしょう。
観光客は居りましたが宿泊客が減ったらしく、吾々が泊まった宿は間もなく廃業と聞き、一寸寂しい感じが致しました。とても環境の良い、宿でしたが・・
  1. 2016/06/04(土) 17:12:35 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://act014.blog17.fc2.com/tb.php/1216-3eb60eb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード