FC2ブログ

おだやかな日々に

なくてぞ人は 4

 兄が絵を描いているのを見た事が無い。しかし、絵を見る事は好きであったようだ。
 モネ睡蓮を画きて淡き色感が広き画廊にただよふ如し
 イタリヤの明るき太陽に居らしめばのびやかにピカソの女ありなむ

 この頃兄は実社会に出て仕事を始めたのであろう。子供だった私の知らぬところであった。
 抒情する心が吾になくなりて生活(たつき)索漠とマルクスを読む
 すさまじき現業事務に挺身す挺身といふ事は苦しも

 蛙の子は終に蛙にてありぬべし君に商才なく吾に文才なし(◯◯君)
ずばずばと名指しで詠むところがこの方の特徴。
 
 座に三人在りて語らふ窓の外麦生伸び居り春近からし
結社の親しい友達であろう。今でも昔聞いた覚えのある名前がその結社の広告に載っているのを時々確かめている。丁度今頃の季節か。未だ結婚前の兄の日々であった。
  1. 2006/03/22(水) 22:22:40|
  2. 短歌など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<なくてぞ人は 5 | ホーム | 短歌会とWBC>>

コメント

歌のこと

うーむ、若きお兄様の夢や日常が目に浮かびます。
短歌にして残す、ということの尊さが沁みて参ります。
有り難う、雲さん。
  1. 2006/03/22(水) 23:25:50 |
  2. URL |
  3. わかめ #-
  4. [ 編集 ]

うた

わかめさん、コメントをありがとうございます。
生きて居るときにはまともに読もうともしなかった歌集をこんな形でお友達にも見て頂ける事は本当に有り難い事です。兄はどんな顔するかな。余計な事するな!って?
  1. 2006/03/23(木) 11:28:03 |
  2. URL |
  3. 雲 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://act014.blog17.fc2.com/tb.php/137-8329e020
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード