FC2ブログ

おだやかな日々に

バンベルク交響楽団

バンベルク交響楽団
昨日はお友達に誘って頂いてバンベルク交響楽団の日本公演を聞きに南浦和のさいたま市文化センターという所まで出掛けた。
曲目は
   ベートーベン エグモント序曲
   プロコフィエフ Vn協奏曲第2番 庄司紗也香
   ベートーベン 交響曲第7番 
指揮はジョナサン・ノットであった。
以前、同じバンベルク交響楽団で別の指揮者で聞いた時よりも断然今回は素晴らしかった。尤も、流石ドイツの楽団、ベートーベンは得意中の得意の感あり。7番は初めての海外旅行で、ウイーンのコンツエルトハウスで聞いて大感激した思い出の1曲。今回は一番前の席で聞いたので別の意味で感激した。それに、ノット氏が、コンサートマスターの席に向かって「シュー」とか「ウッ」とか発しながらまるでベートーベンに取り憑かれた如くタクトを「突く」ので、あのように迫られては終曲でしつこいベートーベン、更にしつこき演奏ぶりで思わず愉快で可笑しくなってしまった。これぞノット式ベートーベンであるか。

所で庄司紗也香ちゃんのプロコフィエフが凄かった。写真よりもほっそりとした身体全身を使った、非常に個性の強い演奏だったと思った。若いエネルギーが満ちあふれた弾けんばかりの、プロコフィエフ。

アンコールはリゲティの「コンチェルト」ロマネスクより終楽章。
不思議な、弦の音の絡み合い、微妙な音のせめぎ合い、ベートーベンとはガラリと違う現代的な音楽。初めて聞いた。身体の大きいコンサートマスターのおじちゃんがソロの部分を聞かせた。
知らなかったけれど、リゲティは「2001年宇宙の旅」で使用された「永遠の光(Lux aeterna)を作曲した人だそうだ。

ジョナサン・ノット
http://interview.mde.co.jp/blog/c/10000809.html

庄司 紗也香・・・下のサイトで試聴出来ます。
http://www.universal-music.co.jp/classics/shoji/uccg1183.html



  1. 2006/05/27(土) 22:02:41|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<なくてぞ人は 18 | ホーム | なくてぞ人は 17>>

コメント

すてきなつぁー

痛みも癒えて存分に楽しまれた感じ、わかります。
久し振りの外出、嬉しかったでしょう。
私は何故かオーケストラのクラシックに弱い、途中で眠らなかったコンサートは数えるほどで、情けない。独奏や室内楽なら楽しめる、ってどういうことか自分でもわかりません。ジャズは大好き。
  1. 2006/05/28(日) 10:07:24 |
  2. URL |
  3. わかめ #-
  4. [ 編集 ]

すてきな、まで書いたら勝手につぁーが付いて飛んでっちゃいました。
コーラスとコンサートの音楽つぁーの意味ではないけど、ま、それでもいいけど。
  1. 2006/05/28(日) 10:10:43 |
  2. URL |
  3. わかめ #gGsLOqyI
  4. [ 編集 ]

南浦和の文化センターといえばウチの子がヤマハの発表会やったかなー。もう20年近く前です。同じ建物の中に市立図書館があるのですが、短歌関係の本ってとってもすくないんです。
JR南浦和の駅は私の最寄の駅から一駅です。でも行くときはたいてい自転車すっとばしますが。
  1. 2006/05/28(日) 21:10:29 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

呪文とともに

わかめさん、akiさん、コメントをありがとうございます。
さっきから何度も送信しようとしたのですが、何故か禁止ワードが在ると言って、飛ばして呉れません。取り敢えずお礼のみです。
チチンプイプイ!飛んでゆけ~~~!!
  1. 2006/05/28(日) 22:21:17 |
  2. URL |
  3. 雲 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://act014.blog17.fc2.com/tb.php/173-2f8562aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード