FC2ブログ

おだやかな日々に

ウイーンの森の物語

ウイーンの森の物語
コーラスでヨハンシュトラウスの「ウイーンの森の物語」の練習が始まった。昔学校で歌ったので懐かしいからもう一度歌いたいという会員の希望で歌う事になった。楽譜が19ページもあるのだから結構な大作だ。やっと9ページまで辿り着いた。作詞は堀内敬三。
♪ウイーンの森の春の真昼 
 空に花びら 地には若草
 山羊は踊り ロビンは歌い
 ちょうちょもひらら ひらら 舞い舞う♪
といった調子で、文語調であるが、この訳詞がメロディーに非常にマッチして今の歌のように変な所で切れたり、つながったりしていないのが、素晴らしいと先生が仰る。
 「それに、やっぱりねぇ、歌詞だって・・私の母が教えて呉れた歌!・・なんて言うよりも、・・・わが母の教え給いし歌・・・っていう方が優雅で良いじゃありませんか。」

これって、短歌にも言えることかなぁ?
口語の短歌、文語の短歌、破調の短歌、正調の短歌。
すっぽり壺に嵌った心地よさ、乱調の魅力・・・
結局読んで心地よく感動するものが名歌であり、名歌は枠に捕らわれないという事になるのでしょう。

んまぁ、それにしても、ウイーンのあちこちを思い出しながらドンチャッチャのリズムで歌うこの歌はやっぱり楽しい。
  1. 2006/10/14(土) 21:42:33|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<国立へ | ホーム | 運動会パート2>>

コメント

文語体で

話が少しそれてしまうけど、口語文の聖書って、どうもなじめません。ワケがわからず歌った、文語体の賛美歌は子ども心に沁みていましたもの。
唱歌にも実に美しい歌詞がありますね。
「我が母の歌い給ひし」三木露風の歌も懐かしく思い出されます。
  1. 2006/10/14(土) 21:50:26 |
  2. URL |
  3. サイコ #ZeC0G1NE
  4. [ 編集 ]

ウィーンの森の物語

姉が歌っていたので覚えました。
ちょうちょもひらら、ひらら、舞い舞う、、
って直ぐ歌えます。うちのコーラスでもやったけれど、速くて高くて複雑で途中まででした。女学生のように明るく弾んで楽しんでくださいね。
  1. 2006/10/14(土) 23:42:59 |
  2. URL |
  3. わかめ #gGsLOqyI
  4. [ 編集 ]

ウイーンの森の物語

昔宝塚で春日野八千代主演でこのオペレッタを見ました、
急に作曲を思い出してシャツのカフスに楽譜を書き込むと言うエピソードが有ったりして懐かしいです。
そうそう雲さんと「ウイーンの森」では無いけれど「ウイーンの街」は良く歩きましたね~~。
  1. 2006/10/15(日) 08:16:38 |
  2. URL |
  3. bajiru #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

ころがれ・ころがれ指輪よ

・・・って「ウィーンの森の物語」だったかなー
なんか頭の中ではいろんなものが混じって雑炊の様になってます。
ヨーロッパへ行くと言葉も日本語onlyなのに、よく迷子を楽しみます、ウィーンもその一つベートーベン所縁の辺りも迷子で楽しみました。



「ころがれ・ころがれ指輪よ」は「森は生きている」だった
・・・と、まぁ、こんなもんです。
  1. 2006/10/15(日) 10:48:09 |
  2. URL |
  3. myan #HmTfQAuo
  4. [ 編集 ]

ウイーンも秋ですね。

サイコ さん、わかめさん、bajiruさん、myanさん、コメントをありがとうございます。おっと、bajiruさんは今日は沖縄ですね。またモバイルでしょうか?
あの・・・サイコたん・・・クリスチャン?
聖書は私も学校の礼拝の時に文語の聖書を読んで居りました。口語になってからは残念ながら殆ど読んでおりません^^;
でも、聖書の場合は私のようなシロトには口語の方が判りやすいのでは?と思うのですが、如何ですか?そう、賛美歌などは文語が良いですよね。「主われを愛す」以外考えられません(^^)
わかめさん、あの歌はやっぱりポピュラーなのですね。そうそう、一番高いのが「ソ」です。何と、今ソプラノの人数が極端に少ないので、私もソプラノに加担して歌ってますので、大変です。先生は「蚊の鳴くように、声を押さないで空気を送って」などと仰る。
bajiruさん、ウイーン、まだまだ行きたい所は沢山ありますね。
そろそろワインの季節、グリンツィンが賑わう事でしょう。
myanさん、ウイーンで迷子ですか?でもそれも良い思い出ですね。自分の足で歩くのが一番記憶にも残って。何処を見ても絵になる風景が一杯で絵描きさんにとっては宝島にたいでしょうね。
  1. 2006/10/15(日) 21:43:31 |
  2. URL |
  3. 雲 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://act014.blog17.fc2.com/tb.php/229-98ff2d2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード