おだやかな日々に

極楽寺~長谷寺

極楽寺
極楽寺の山門の脇の潜り戸を頭を下げて入る。前に来た時もこんなに頭を下げて入ったかしらと思う。入った所に撮影禁止の立て札がドンと立っている。もし紅葉が美しかったらとても残念に思っただろうけれど、梅の季節までは心穏やかでいられそうな極楽寺であった。お参りをしてまた頭を下げて山門を出る。ここから長谷寺まで、この前どう歩いたか良く思い出せなかったので、お隣の小さくて風流なお店の男性に道順を尋ねると、親切に教えて下さった。「気持ちの良い道ですからどうぞ楽しんで下さい。」と。
道すがら
歩き始めるとすぐ楽しかったあの時の色々な事を思い出した。珈琲店の前に飾られたお地蔵様、極楽地蔵とでも名付けようか、可愛らしくて思わずパチリ。なお歩を進めて行くとそうだ!あの角に和菓子屋さんが在るはず。餅米を蒸かす懐かしい匂いが漂っている。勿論ふわふわの「すあま」を買う。本当に出来たて。夫はアッという間に一口で。味が分かったかなぁ・・・
もみじ
わかめさんがスイスイと案内して下さったように物知り顔でスイスイと駐車場の裏から入る。前日朝のテレビで長谷寺の紅葉が紹介されたそうだ。池のほとりに定点カメラが設置されている。夜はライトアップされるのだそうだ。真っ盛りをほんの一寸だけ過ぎたくらいの美しい紅葉を楽しむ。
見晴らす
展望台に行くと先ほど江ノ電の中から存分に眺めた美しい海の続きが遠くに見えた。向こうは逗子、葉山、三浦の方だ。観音堂の見上げるばかりの観音様はいつ拝観しても美しくご立派だ。そこから宝物殿に行くと思いがけず国の重要文化財の梵鐘や、観音三十三応現身像が並んで居られてびっくりした。少なからず感動。ここは撮影禁止であった。
弁天窟
 また紅葉を眺めながら階段を下り、池に添ってゆくと弁天窟というのがあり、壁面に弁天様初め十六の童子が彫られていた。腰を屈めながらろうそくの明かりに照らされて揺らめく像。よくまぁ、これだけ穿ったものだと感心する。


あたたか
洞窟を出てまた池のほとりを歩いて行くと、今度はお一人でまた何ともお優しい笑みを湛えたお地蔵様が待っていらした。思わず手を触れたくなった。小春日和の今日の日差しにほんのりぬくもって本当にあたたかであった。
  1. 2007/12/08(土) 21:09:13|
  2. 鎌倉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<短歌会 | ホーム | 思い切って鎌倉>>

コメント

雲さま。

雲さま。先日は、お名前を間違って書いてしまい、失礼いたしました。
さて、ご主人様との鎌倉、とても楽しそうです。そして、雲さまの目がどこを向いていくのか、読むのが楽しくなります。焼き物のお地蔵さま、すあま。長谷観音はみごとなことでしょう。

鎌倉にいけなくとも、こうやって、自分がそこを訪ねているような気分にさせてくれます。

写真が大小、形いろいろあって、このページの編集作りにも感心させられます。
  1. 2007/12/09(日) 09:21:50 |
  2. URL |
  3. 石神バーバ #Ij/lYZcQ
  4. [ 編集 ]

一度は

石神バーバさま、再度コメントを頂きまして有難う御座います。
鎌倉は四季折々美しい表情を持っております。私もお友達に誘って頂いて鎌倉が大好きになりました。先ずは花の頃にでも、一度はお出かけ下さいませ。
  1. 2007/12/09(日) 22:06:23 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

お地蔵さま

わかめさんのブログ、雲さんのブログとブログを渡り歩いて鎌倉を満喫しました。有り難うございました。
最後のお地蔵さまのお顔、何とも言えない可愛い表情ですね。
こんなお地蔵さまに巡り会ったのは初めてです。ほんと撫でててみたい・・・
いつか鎌倉をゆっくり歩いてみたいです。
  1. 2007/12/10(月) 10:57:24 |
  2. URL |
  3. sako #-
  4. [ 編集 ]

山歩きは?

sako さん、コメントをありがとうございます。
sako さんの山歩きは一休みでしょうか。尾瀬のお歌素敵でしたね。鎌倉は行くたびに好きになります。sako さんも是非お出かけ下さい。昨日はtokoさまにお目に掛かれて嬉しかったです。
  1. 2007/12/10(月) 21:49:51 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://act014.blog17.fc2.com/tb.php/399-dd45c75f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード