おだやかな日々に

またまたオペラ

雨の横浜
昨日の夕方のこと、コーラスの友人からの急な電話があった。「オペラ行かない?タダなんだけど」 漫画ならば、ここで「ブフォッ!」という吹き出しが。何で?どうして?
まるで棚からぼた餅ではないか。盆と正月が一度に来たか!今年と来年分のオペラが終わってしまうのでは?「またか」というような顔の相棒にいささか気を使いながら雨の神奈川県民ホールへ。オペラ
チェコ国立ブルノ歌劇場の公演、出し物は「タンホイザー」であった。
ほんまかいな。ワグナーの世界だ。序曲は聞き覚えがある。あの霧のノイシュバンシュタイン城が蘇ってきた。2階の前から2番目、真ん中あたりで、見やすい席であった。オケピットも良く見えた。勿論双眼鏡も活躍。字幕を読まないと話の筋が分からない。チラシの裏には、「ワグナー歌劇の最高傑作=タンホイザー。聖愛と性愛、清純の世界と官能の世界、理性と欲望、人間の避けられない葛藤と甦生を見事なまでに描いたワグナーの壮大なオペラ」とある。
だから一生懸命字幕を読まないと・・・・

プログラム
 アリアもたっぷり聴かせて貰えたが、何と言ってもあの「夕星の歌」はこたえられない。そのシチュエーションが分かった事も大収穫。それに合唱が素晴らしかった。中でも「巡礼の歌」は飛び切りだった。思い出してもため息が出る。明快でヴィヴィッドだったあの魔笛のモーツアルトの世界とは全く違う神と悪魔をテーマにした、エロチシズムと不条理感が漂うワグナーの世界に浸った4時間の長丁場であった。
幕間に
 幕間に2階のロビーに出るとガラスの窓がワイドスクリーンのよう。雨にけぶる横浜の街や港が一望出来る。恋人を官能の女神から解放して神の救済を祈って死んでいったエリザベートの歌声が何時までも聞こえているような・・・ミューズの女神の訪れに恵まれて、「今年ゃ春から縁起が良い♪」



  1. 2008/01/12(土) 22:23:14|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<この目で見た雪の八ヶ岳 | ホーム | オペラで女正月>>

コメント

すごいですね

でも、チョット間を置かないと記憶がミックスしてゴチャゴチャにならない?
ヨーロッパなんかも欲張っていっぺんに何カ国も渡り歩いたりして
しばらくすると全部・思い出はひと塊になっちゃう。
雲さんはそんな事ないかしら
  1. 2008/01/12(土) 23:18:43 |
  2. URL |
  3. Myan #HmTfQAuo
  4. [ 編集 ]

ワーグナー

おめでとうございます、今年の運勢は大吉!
タダなんて電話の後ですぐ出られたラッキー、ラッキー\(^o^)/
昨日BShでドレスデン国立歌劇場日本公演の「ばらの騎士」やっていました、長いから全部見られなかったし、ステージをテレビで見るのは限界があって生の舞台を体験したいとつくづく思っていました、1年に1回くらいは!
舞台装置のようなノイシュバンシュタイン城を思い出しながら雲さんの記事を読みました、有り難うございました。
  1. 2008/01/13(日) 10:42:43 |
  2. URL |
  3. わかめ #gGsLOqyI
  4. [ 編集 ]

ラッキー♪

Myan さん、コメントをありがとうございます。
朝、お返事を書いたのですが、もう少しの所で飛んでしまいました(T_T)
海外旅行も欲張り格安ツアーでは、あなた任せでぐるぐる廻りますと、本当に余程しっかりメモでもしないと記憶がごちゃごちゃになりますね。特に寺院などどこも同じようで・・・
でも今度の場合は幸い、モーツアルトとワグナーでしたから、違いは歴然。大丈夫です(^^)♪ その点でも本当にラッキーでした。
  1. 2008/01/13(日) 20:23:49 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

希望

わかめさん、コメントをありがとうございます。
1月20日には茅ヶ崎市民文化会館で5:PMから公演するようですよ。昨日はマチネーでした。
生の舞台でも、魔笛の時は舞台が目の前という素晴らしい条件でしたので、字幕も難なく読め、スタッフの表情までゆとりを持って見る事が出来ましたが、タンホイザーの場合は字幕を読む為に双眼鏡を使いましたので、字を読んでいる間、は字しか見えませんので、忙しかったです。でも、舞台の裏から聞こえて来た合唱が行進して舞台に現れた時には迫力がありました。やはり生の舞台の良い所ですね。1年に1回を目処に出来たら良いですね。。。!(^^)!
  1. 2008/01/13(日) 20:37:44 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

春から縁起が良い事。

雲さん、持つべき物は音楽好きの友人ね~~、羨ましい限りです、と言っても私も「魔笛」の娘の分は頂き物で・・・
ワグナーを言えばノイシュバンシュタインを思い出しますね、
映画「ルードビッヒ」の中でノイシュバンシュタインの洞窟はタンホイザーのオペラを再現したそうでした。
昨日は私も「ばらの騎士」を途中から見ました、宝塚の様な男装の麗人が出て面白かったです。我が家のおんぼろTVでもハイビジョンで見ると画面が奇麗ですからハイビジョンTVで見たらさぞ奇麗なのでしょうね・・・・。
  1. 2008/01/13(日) 23:45:14 |
  2. URL |
  3. bajiru #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

楽しみ

今年はモーツアルトが幸運を運んで呉れたようです。
もう一度「神々の黄昏」を見たくなりました。私は洞窟は見ませんでしたが、ルードウイッヒはタンホイザーみたいになってしまったのかも知れませんね。救いの女神は居なかった・・・・
さて、次の宿題は「ばらの騎士」! 生きているって楽しいですね。
  1. 2008/01/14(月) 21:51:13 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://act014.blog17.fc2.com/tb.php/411-f5e05075
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード