おだやかな日々に

ジャランジャラン・インドネシア 8

息子が借りたレンタカーで前回は体調不良で行かれなかったブサキ寺院と、日本のツアーでも名の知れたキンタマーニに行く事になりました。息子も自分で運転して行くのは初めてなので、なにやら新しく手に入れたというメカ(ナビゲーションやケータイ電話、コンピューターなどの機能を持つ)を使って出発です。
椰子の実の残骸 しかしそのメカ、初めて使うとの事でどうもうまく作動せず、道に迷って同じ所を行ったり来たり、やがてジャングルのようなところに入り込んでしまいました。そのお陰でとても珍しい画像をゲット。息子は「ただのゴミじゃないか」と申しますが、こんな光景、日本でみられますかいな・・・
関所
とこうして、無事に目的地のブサキ寺院の駐車場に辿り着きました。車を降りると目の前に店が並んでおり、この布を腰に巻かないと寺院に入れないと言われました。イダはしまった!忘れた!と悔しがりますが、仕方なく、それぞれそこそこの布を買って腰に巻きました。この布は日本に帰ってテーブル掛けになりました。 案外グー!
ドライバー 
 所で、ここから坂道を2キロ歩かないと寺院に着かないからバイクに乗れ乗れとお兄さん達が寄って来ました。こちとらウオーキングで足は鍛えている。2キロくらいなんじゃい、と思いましたが、チビ助も居ることなので、結局言われるままに乗ったのであります。潜水艦からバイクへ!肥ったお兄さんの後ろに肥ったおばぁさんが掴まって走った走った。
バイクに乗って
寺院
ここは一つのお寺ではなく、沢山のお寺の集合体であるとガイドブックに書いてありました。ガイドはインドネシア語しか話さないので、説明が分かりませんでしたが、前回行ったタマンアユン寺院と比べて規模が大きく、建物も石造も立派で一見の価値がありました。
犬 
これから何かの行事があるので、この中の方には入れないとの事でした。大きなテーブルにお供え物が並んでいますが、よーくご覧下さい。犬が2匹、早速ご馳走になっております。でも、誰も追い払う人が居りません。このお寺のずっと向こうには神々が住むというアグン山が聳えているそうですが、この日は残念ながらその姿を見る事は出来ませんでした。
花 
ここから続く細道を登って更に上に参りました。ここにも沢山の花が咲いて居りましたが、こんな素朴で清々しい花も片隅にひっそりと咲いて居りました。
では、動画をどうぞ。細い道をお寺に添って登って行くと下の動画のような展望が開けました。ガムランふうの音楽を奏でる男の子が演奏を止めても、ぶら下がっている細い竹筒が風に揺れてカラコロと可愛い音をたてておりました。



  1. 2008/03/02(日) 22:48:55|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:8
<<ジャランジャラン・インドネシア 9 | ホーム | ジャランジャラン・インドネシア 7>>

コメント

すごいすごい、、オートバイに乗った写真はないのですね。
私もお寺に行きましたが、名前も知りません。ガイドなしだったし、、。このお寺ではないわ、これは、立派ですもの、、。ヤシの実の殻ね。日本では絶対に見られませんね。 犬がのびのび放し飼いですね。野良もいるでしょうが。日本の犬はこれを聴いたら羨ましいで
しょうね。
  1. 2008/03/02(日) 23:43:52 |
  2. URL |
  3. ユミ #kY.A8d5U
  4. [ 編集 ]

バティック

奇麗に並んだバティック、私も買いました、ベッドカバーにしました。
おお!バイクで二人乗り、ヘルメットもかぶらなくても良いのですね、
雲さんの選んだバティックの色はまさしく雲さんの色ね、(遠目でも分かります)手を放してご挨拶などしては危ないですよ。

  1. 2008/03/03(月) 08:26:15 |
  2. URL |
  3. bajiru #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

いろんな不思議が

見どころ、聞きどころたっぷり。
バイクで送迎、これも効率的だし楽ですね、バイクの二人乗り何年ぶりですか。
ひっそりと咲く可憐な花を見つけるところも雲さんらしい、昨日アップのお花の異国風なこと、湿りけのある日本の花とは大違いと思っておりましたら。
ピースサインの尼僧?の不思議なこと。
素朴な一人演奏のガムランいいですね。伽藍や庵が立ち並ぶ大きなお寺のことも。有り難うございました。
  1. 2008/03/03(月) 10:07:45 |
  2. URL |
  3. わかめ #gGsLOqyI
  4. [ 編集 ]

バリのお寺

ユミさま、コメントをありがとうございます。
昨年いらしたバリを思い出しながらご覧戴けて嬉しいです。バリには沢山お寺がありますね。普通の家にも小さなお寺が造られて居りました。今回の旅でバリが少し立体的になったような気がしております。オートバイに乗った写真、マックには写って居りませんでしょうか?winでご覧戴けるかも・・・年寄りの冷や水です^^;
  1. 2008/03/03(月) 14:11:42 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

バイクに乗るのも・・・

bajiruさん、わかめさん、コメントをありがとうございます。冥土の土産が増えました(^^) バイクに乗るのもこれが最後でしょうね^^; インドネシアはバイク天国です。3人乗り、4人乗りなど当たり前の世界でした。でも、本当に2キロもあったのかなぁと疑ってます。(もっと乗って居たかった!)
そうそう、尼僧のような格好ですが、イスラム教徒のスタイルで、多分普通の人だと思います。
  1. 2008/03/03(月) 14:18:25 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

わかったわ。
1本木の写真ね。かじりつかないで。手を振ってさすが、余裕、カッコいいですね。ガムランの音色ですね。日本では聴けない。「バリの音」ですね。暖かくて、風のようで、不思議な、宗教的な香りもする、癒しの楽器ですね。演奏するときは皆真面目な顔で真剣にひいていましたが、雲ごらんになったのもそうでしたか。ビブラフォン診たいのや銅鑼みたいのやいろいろあったわ。ガムラン音楽は5音階ときいたのですが。
  1. 2008/03/03(月) 22:45:40 |
  2. URL |
  3. ユミ #kY.A8d5U
  4. [ 編集 ]

オートバイの勇姿に、ふふふふ…ふ(^^) 
ガムランの音にインドネシア語、一瞬にして異国の風に包まれました。いつまでも聞いていたいですね~ ありがとうございます!
  1. 2008/03/03(月) 23:29:47 |
  2. URL |
  3. take #5RIkxCRk
  4. [ 編集 ]

もしもスリムであったなら

takeちゃん、コメントをありがとうございます。のんびり思い出話を書いて楽しみたいのに、毎月の予定がジャンジャンカレンダーを埋めて、気ぜわし無くなって参りましたよ。takeちゃんの短歌時評、いつもながら視野を広く持って良く勉強して居られるんだなぁと感心。身に引きつけた展開が魅力でした。
で、オートバイのお兄さん、でぶちんだったのが、せめてもの幸いでした^^;
  1. 2008/03/04(火) 15:24:14 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://act014.blog17.fc2.com/tb.php/429-eb4388d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード