おだやかな日々に

紅葉を。

くれない
友人のお誘いで今年も鎌倉の紅葉に逢う事が出来た。生憎の小雨模様の天気であったので、覚園寺と円覚寺のみゆっくりと巡る。
覚園寺は1218年、北条義時がこの地に大倉薬師堂を建立したのが始まりとの事であるが、その藁葺き屋根の薬師堂はほの暗く、目が慣れてくるとようやく薬師三尊のお姿を見分ける事ができる。川端康成が好きだったという仏像も端然と座って居られた。
僧侶の案内で寺庭を廻ったが、夥しいコトリの声が天から降ってくるようであった。
 み吉野の象山のまの木末にはここだも騒ぐ鳥の声かも (万葉集 924) そのままである。
円覚寺

円覚寺に移動。石段を登るに連れて山門の向こうの紅葉が現れて美しい。去年来たのも雨の日であったなどと思い出す。熟年グループがスケッチをしていた。
静寂
 
 緑から紅まで、木々の葉のグラデーションが美しい。足を速めて歩くすがやかな僧侶の姿があった。
池
   池のほとりの ピンクの小さな花の群生は
   ヒメツルソバ。
無題
 
一隅に見た何とも複雑なポイント。この画像をどう処理して良いか分からない。深まる秋の鎌倉のものがたり。また何度も来たいかまくらである。


  1. 2008/11/28(金) 22:26:27|
  2. 鎌倉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<パンを焼いた | ホーム | オペラ>>

コメント

美しい鎌倉のもみじ

 晴天下の紅葉もいいですが、むしろ晩秋の曇りの中での紅葉のほうが、古い建造物にマッチして、より美しいと思います。
 憧れの鎌倉、毎年見せていただき、本当におしょうしでございます。
  1. 2008/11/29(土) 11:45:44 |
  2. URL |
  3. kan #-
  4. [ 編集 ]

雨の趣き

風情があって、なかなかよろしゅうございましたね。
薬師堂の中の冷え冷えとした暗がりの中で、何百年もじっとしておられる御仏たちの 我慢強いこと...
  1. 2008/11/29(土) 14:27:28 |
  2. URL |
  3. サイコ #ZeC0G1NE
  4. [ 編集 ]

歌仙とジャム

kanさん、サイコさん、コメントをありがとうございます。
山形の紅葉はそろそろ終盤でしょうか。沢山の見所がある事でしょうね。歌仙、やったぁ!アリガトうさんでございます(^^)(^^)
サイコさん、お話聞いてたらしんしんと冷えてきましたね。年季の入った冷え込みでしたぁ(^^) 
で、紅玉のジャムが出来たらついでにパンも焼いて・・ああ、美味しそう(^_^)v
  1. 2008/11/29(土) 22:26:11 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

闇鍋とパンと林檎ジャムとな

寒うございましたが円覚寺の美しいこと、足早に歩いていた修行僧の美しいこと、掃き清められた参道にちらちらの落ち葉の美しいこと、雪国の深遠なお寺とはまた違う趣きでしたね。
閑さん、若布は鍋底であっぷあっぷでございますがよろしく~~^-^
  1. 2008/11/30(日) 00:32:29 |
  2. URL |
  3. わかめ #gGsLOqyI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://act014.blog17.fc2.com/tb.php/510-40b2357e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード