おだやかな日々に

鉄道博物館

時刻表だけど
いよいよ二人の孫が小学校に入る事になったので、ジジババ最後の大サービス。二人を連れて鉄道博物館に行く事を決意した。孫達は二つ返事でついてきた。JR大宮駅からはニューシャトルという段ボールで作ったようなしかも線路の無い乗り物に乗ってゆくのだ。どうしてそういう乗り物ができたのかは定かでない。鉄道博物館駅につくともうそこはすでに博物館。ペーブメントには時刻表が。
ちょっと暗い
春休みで大混雑を覚悟して行ったが思った程でもなく、照明が少し落としてある広い会場には大人の鉄道マニアやちびっ子達が様々な電車や汽車を楽しんでいた。ジジババは孫達が迷子にならないように目を光らせ手を繋いだり引っ張ったり引っ張られたり。
3等車
昔懐かしいバスなど、ゆっくり見ようと思ってもチビ達が動き回るので写真を撮る余裕もない。そんな中でそうだ、3等車なんて忘れ果てていた車両にお目にかかる。
電車のおなか
「ねー、チョットチョット!」しゃがんでのぞき込む二人。「電車のおなかだよ」
フーム。なんで目玉がついているんだろうねぇ。
婦人子供専用車
よく利用する東横線にはラッシュ時に婦人専用車があるが、昔もあったんだぁ~。
1912年に中央線の中野~昌平橋間で朝夕2回婦人専用車が設けられたが、短期間で廃止されたそうだ。1947年には戦後で混雑が激しく、婦人の乗車が困難だったために設定、1949年には京浜東北線にも設置されたそうだ。夫が大学生の時、知らずに飛び乗った電車が婦人専用車で、ジロリと見られて居たたまれなかったそうだ。その当時のプレートかしら。
兜
どうして兜など陳列されているのかと思ったら・・・ここに
1892年から1928年まで、四谷隧道の門に取り付けられていた飾り兜なのだそうだ。今から思えば不思議な取り合わせ。面白い。



制服
 運転手さんや車掌さんの制服も何となく威厳があって好ましく思えるけれど、今の若者の目にはどう映るのかな。
ジオラマ
チビすけたちの一番のお目当ては鉄道のジオラマだ。少し行列してジオラマの部屋に入る。ガラス張りの大がかりなジオラマを椅子に座って説明を聞きながら見るのである。夜明けから深夜までの丸一日の様子をモニターの映像と一緒に見ることが出来る。二人とも身を乗り出して真剣な表情で見入っているのが可笑しい。
新橋
「さあ、もう一度見たいものがあったら見て、帰りましょ。」「なんてよむのぉ?」へ~~、汽笛一斉の新橋ってこれだったんですね。「まだ行って無いとこあるよね。」二人の目論見。甘いジジババはお土産売り場に足をはこぶのでした。










  1. 2009/04/04(土) 21:36:36|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<春は鎌倉 | ホーム | 音楽と人生>>

コメント

不思議な駅ね

面白そうなところですねー、ジオラマ見たいです。
元鉄ちゃんの息子に連れて行って貰おうかしら、
「さいたまだよ、おっかさん」って。
  1. 2009/04/04(土) 23:38:21 |
  2. URL |
  3. わかめ #gGsLOqyI
  4. [ 編集 ]

楽しそう~

何だか一緒になってわくわくしました。
大人も楽しめそうね。行ってみたいなぁ!
え~っと どこからか移転したのですよね。
孫を連れて、じゃなかった孫に連れていってもらおうかしら。
  1. 2009/04/05(日) 00:50:11 |
  2. URL |
  3. サイコ #ZeC0G1NE
  4. [ 編集 ]

万世橋から

この博物館は神田の近くの万世橋から移転したのですね、うちにも現鉄ちゃんがいて、昨年連れて行ってもらいました、万世橋の方は鉄ちゃんが小さいとき私が連れて行きました。
中が広くて、薄暗い所が郷愁を誘って良いですね。
  1. 2009/04/05(日) 17:37:33 |
  2. URL |
  3. bajiru #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

駅弁で旅気分

わかめさん、サイコさん、bajiruさん、コメントを有り難うございました。「鉄ちゃん」という言葉があるのですねぇ。 それなら家のお婿さんもテッチャンです(^^) さいたまと言っても、最近は交通の便が良いので、殆ど東京ですね。大宮も初めてでしたが、駅ビルも広くて綺麗でした。博物館では、お弁当を食べる所もあって、ゆっくり出来ます。日本食堂で駅弁を買って、列車の中で旅気分で食べる事も出来ます。
  1. 2009/04/05(日) 20:20:16 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://act014.blog17.fc2.com/tb.php/563-1cc769ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード