おだやかな日々に

靖国神社ものがたり

現在過去未来?歯の補修に飯田橋へ。簡単な治療だったので、麻酔もせずに、無事に完了。あと一度で終了の予定。時間はたっぷりあるので、お天気も良いことであるし、ここから歩いて行ける靖国神社まで足を伸ばす事にする。夫はあんなとこ行ったってしょうがないというが、一度は行ってみたい。

昼時なので、どこかでお昼をしようと思ったが、学生やサラリーマンでどこも盛況である。お昼は後にしよう。道ばたに昔と今の地図が出ていた。そうだ、ここは江戸であった。現在地の比較が面白い。道筋は殆ど変わらない。
ちょっと歩いて
地図の現在地から少し歩くと深くなった緑の閑静な町である。この早稲田通りを靖国通りに向かって歩いて行く。やや下り坂である。
戦没者慰霊碑
坂を下りきると向こう側に何かいわくありそうなものが見えたので、道を渡ってゆく。濠北方面戦没者慰霊会という会の人々が建てた慰霊碑と分かった。濠北方面とは、ボルネオ、セレベス、ジャバ、ハルアヘラ、セラム、ニューギニア方面だそうだ。
「南十字星の下 身を捧げた友のあゆんだ途は遠く険しかった
今は昔ながらの故国に生きて 立ち直る国の礎となっている御霊に
限りない敬意と溢れる愛情を覚え
不変の石に心をこめて 亡き友よ
永遠に安かれと祈って此処にこれを建てる
昭和三十九年十一月三日」
とあった。中央の大きな石にはただ一文字、「魂」と彫られていた。
来ました
坂を下りきった所を右に曲がると靖国神社であった。
戦中戦後から今までの靖国神社へのさまざまな思いが湧き上がってくる。
見上げるほどの
大正10年に日本一の大鳥居として建てられたものは長年の風雨で損傷が激しく昭和18年に撤去され、現在のものは戦友たちの奉納によって昭和49年に再建されたとのこと。天を衝くような大鳥居である。この下を外人さんの後からくぐってゆく。

大村益次郎の像
またこの天をつく像は大村益次郎の銅像とのこと。あまり高くて顔も見えない。夫の話では上野の西郷さんを見ているのだそうな。近代日本陸軍の創設者で靖国神社の創建に尽力したとのこと。大村益次郎と言えば昔NHKの大河ドラマ花神で私が好きな中村梅之助が、大村益次郎を演じていたっけ。
神門
もう一つ小さな鳥居を通って少し進むと神門である。実に厳かな感じのする門である。この門は昭和九年に建てられたそうであるから、人間で言えばもう後期高齢者となったわけである。
 大きな・・
この門の中央の二つの扉には直径1,5メートルの菊の紋章(我々戦中派は普通に菊の御紋と言ならしてきた。)がついている。平成6年に屋根の修復が行われたとのこと。
拝殿
拝殿から奥の本殿の方の建物が窺える。二礼二拍手一礼する。戦争で亡くなった多くの兵士、民間人への思いで胸がいっぱいになった。

巫女さん
戦争を知らない若い巫女さんが明るい笑顔で歩いてきた。緋の袴がとても明るくて何故かほっとした。おそらくここに来るのは初めの終わりかもしれないと思い、近くに居た若い二人連れにシャッターを押しててもらおうと、お願いすると、日本人ではなかった。「サンキュー」と言ってみたがどうもピンとこないようだ。そこで「謝謝」と言ってみると、とても嬉しそうに二人共にっこりしてくれた。中国人の素敵なカップルであった。彼等はどんな気持ちで靖国神社に来てみたのだろうか。何を感じたであろうか。それとも巫女さん同様、、あの戦争の事を知らない新しい世代が名所の一つとして訪れたのだろうか。言葉が通じたら話してみたかった。
同期の桜
靖国通りへ出る出口が近くにあったのでそちらの方に歩いてゆくと、また胸を突かれるものがあった。桜である。「咲いた花なら散るのは覚悟」という歌詞が嫌でも思い出される。
同期の桜生き残った兵士が散って行った戦友の為に植えた桜の花を私は見るに忍びない。初めに見た慰霊碑の言葉、そしてこの桜。私の靖国神社は、広島の原爆死没者慰霊碑同様、二度と戦争は致しませんと誓う平和のシンボルであらねばならない。と、気持ちにけじめをつけて、靖国神社を出て平成の町に出た。
腹ごしらえ
靖国通りを市ヶ谷方面に歩き始めると「羽前」(うぜん)というおそば屋さんが目に入った。急にお腹がすいて居るのを思い出した。ここで食べた合鴨せいろはとても美味しかった!冷たいおそばを暖かい合鴨のつゆにつけて食べる。はじめはえ?っと思ったが、これが美味しいのだ。おそば自体もゆで加減が丁度良い。良い店に出会った。
サテ、未だ時間があるぞ。っと、これから六本木の森アーツセンターギャラリーに行ってボストン美術館展を見よう。今日は自分に大サービスである。
というわけで明日につづきます。




  1. 2010/05/28(金) 11:02:04|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<江戸前な一日 | ホーム | ラベンダーの咲く頃>>

コメント

一日ゆったりと

歯医者さんの帰りにこんなに沢山有意義に時間を過ごされて本当に素晴らしい一日でしたね、美味しいおそば屋さんも見付けて腹ごしらえの後はボストン美術館展へ・・・、私も行きましたが素晴らしい美術展でした、続きが楽しみです。
私も今日は午前中病院へ行きましたが、野暮用の雑用ばかりを終えて帰宅したのが5時過ぎでした、今度は私も見習いたいと思います。
  1. 2010/05/29(土) 23:10:26 |
  2. URL |
  3. bajiru #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

bajiruさん、早速コメントを有り難うございます。
偶にはbajiruさんのように羽根をつけて歩かなくては・・・v-282
ボストンはbajiruさんに背中を押して頂いたようなものです。
アートギャラリーへいったのは初めてでした。
明日は雨が降らなければRの運動会です。ではおやすみなさ~い。
  1. 2010/05/29(土) 23:39:42 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

靖国神社

靖国神社へは数えきれないほど行っていますし、思い出もたくさんありますが、戦争との関連を知ってからは行きたくなくなりさけるようになりました。雲さんの治療に行かれている大学を卒業し、日本の国家試験を受けて歯科医になった中国の大学教授が10年前頃、日本に行きたいのだけれど免許は使えないそうなんだ、どうしてだろうね、といわれたことがありました。又他の人には、靖国神社には戦時中日本にいて強制労働をして死亡した中国人や韓国人についても魂もまつっているのなら本物ですね、、。と言われたことがありました。
戦争をもう絶対にしないと、65年もしなかった日本を誇りに思います。これからも戦争をしないよう、加担もしないよう祈るしかありません。
  1. 2010/05/30(日) 23:21:36 |
  2. URL |
  3. ユミ #j.y.sTQw
  4. [ 編集 ]

怒りがこみあげます

靖国神社に特別の感慨を持って向かう人が少なくなりました。
たまに見かける記事にも緑が多いとか広いとかで。

お国のためだから、と自分を無理に納得させて戦争に狩り出された男性たちを死なせてから祭り上げてもあとのまつりですよね。
にっぽんの勝利に貢献して亡くなった兵士は小数で餓死、病死、凍死、、などが多いとか。
地球上で起きる人殺し戦争を悔いるための神社として存在して欲しいです。
65年も戦争をしなかった日本を励ますために存在して欲しいです。
  1. 2010/05/31(月) 10:17:13 |
  2. URL |
  3. わかめ #gGsLOqyI
  4. [ 編集 ]

ユミさま、コメントを有り難うございます。
一度は行ってみなくてはと思っていた所でした。戦争を知っている人間にとっては、心穏やかならざる特異な神社ですね。グーグルアースで見た靖国神社は桜の季節で人間が蟻のように行列を作っている所でした。
  1. 2010/05/31(月) 13:37:49 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

わかめさん、一緒に怒って下さって有り難うございます。
靖国神社に行くと義姉に言いましたら、「800円も出して遊就館なんかに入ることないわよ」と言われました。
入ったらきっともっと辛い気持ちになるのでしょうね。
  1. 2010/05/31(月) 13:45:23 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

\(^o^)/ 

 治療後の安堵感を道連れに「ぶら東京」。いま現在をご案内くださっておしょうしなです。江戸時代との比較図が道端にあるとは(@_@)。「羽前」という蕎麦屋さん、ちょっと惹かれます。当地はかつて羽前国でありました。霞城公園の近くには老舗の「羽前屋」という蕎麦屋があり、遠来の蕎麦好きの客人をご案内いたしますデス。
  1. 2010/06/01(火) 09:47:55 |
  2. URL |
  3. kan #-
  4. [ 編集 ]

kanさん、コメントを有り難うございます。
羽前!ご先祖様のお引き合わせかも知れませんね。
山形のお蕎麦は最高でした。大きな長方形のざる?にたっぷりのお蕎麦をご馳走になりました。
あれは山寺に行く途中だったかと・・・
懐かしく思い出しましたe-266
  1. 2010/06/01(火) 10:43:13 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://act014.blog17.fc2.com/tb.php/689-4c8d507c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード