おだやかな日々に

4日目 湖水地方

朝の散歩
ウインダミアのホテルの庭は庭というよりも草原です。ここにウサギが跳ねまわっておりました。この広さですから何匹いるかわかりませんがツアーに参加した人たち全員が出会う事が出来ました。ただしすばしこくて写真を撮る事不可能でした。
そして4日目、同じくウインダミアながら335キロ移動して湖水地方へやってきました。
ダブコテージ
先ずはあこがれのワーズワースゆかりのダブコテージへ。
若い頃はワーズワースとオスカーワイルドどちらを採る?と言われれば勿論オスカーワイルドに魅力を感じましたが、うんにゃ、今ではワーズワースさまであります。しかしながら、ここは何と、外観を眺めただけ!!そんなことってありますか?みなさんは興味ないのですかぁ~~~??
ワーズワースの墓
添乗員さんはどんどん歩を進めます。この先で解散ですからまたここまで戻って来られるかもしれないと儚い希望を胸にワーズワースのお墓のある教会にやって参りました。
3つ並んだ一番左の地味な墓石がワーズワースと奥様のメアリーさんのものでした。ここにはケルト人のお墓もありました。
ピーター?
ここで目の良い夫がウサギを発見。急いで写す。取り敢えず、影が映りました。ピーターラビットの親戚のようです。
グラスミーア
やはりダブコテージまで戻る時間はなさそうです。何気なく誘われるように入って行った処は時期になるとワーズワースの水仙が咲く公園でありました。静かなひと時でした。
ストーンヘンジあたりは平原でしたが、このあたりに来たらイギリスでは珍しい山がある関係で、店と言えば登山用具専門の店が何軒かあるだけでした。山ばかりの日本人から見たら、あんな低い山に登るのに、大げさな登山用具だなぁ、などと思ってしまいました。ピーターワールド

ここよりバスで移動。お次は「ピーターラビットのおはなし」の作者の生涯や、絵本そのままの世界が広がるワールド・オブ・ビアトリクス・ポター訪問です。想像していたほどのスケールではありませんが、夢のある施設ではありました。ビアトリクス・ポターさんの生涯などのちょっとしたビデオを見てから館内を巡ります。
ピーターワールド2
                   先ずは入口でポッターさんがお出迎え。
かわいい
こんな具合で可愛いピーターラビットの世界が目の前に展開するというわけでした。
湖水地方料理
見終わったらレストランへ。私たちの人数分の湖水地方料理の盛り合わせが待っておりました。
これからウインダミア湖の遊覧船に乗るまでの時間、町をぶらぶら歩きしました。ここで目につくのは超肥満の男女です。多分、おいしくて甘いお菓子のせいでしょう。湖畔のプロムナードには白鳥や鴨達が沢山群れて居りました。




ここから船で30分ほど遊覧し、下船した所から蒸気機関車で20分走り、また湖畔へ戻って来るというスケジュールでした。ウインダミア湖遊覧
蒸気機関車
湖畔のレストランで夕食を済ませ、ホテルに帰りました。色々なことがあった一日でした。
  1. 2010/07/08(木) 15:10:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6
<<5日目 ストーク・オン・トレント、オックスフォード | ホーム | 3日目 コッツウオルズ>>

コメント

たたずむうさぎくん

またまた晴天!
草原に湖水、船に蒸気機関車、自然の中の散策も気持ちが良さそうでかけがえのない時間でしたね。
昨年に息子夫婦がでかけた湖水地方は大洪水で、こんな風物を見せてあげたかった、と思いました。
  1. 2010/07/09(金) 09:59:57 |
  2. URL |
  3. わかめ #gGsLOqyI
  4. [ 編集 ]

ワーズワース博物館

私が行ったツアーではダブコテージの中に入りましたよ、小さなベッドが置いてあってこんな小さなベッドで寝ていたのかしらと驚いたものです、ワーズワース博物館ではイヤフォンで詩の朗読を聞く事も出来ました、雲さんなら感激して聞いたでしょうね、英語の分からない私は素敵なイントネーションだけ楽しみました。
  1. 2010/07/09(金) 10:21:23 |
  2. URL |
  3. bajiru #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

もっと行きたいけれど・・・

わかめ さん、そうでしたそうでした!
お嫁様の素敵なブログで拝見させて頂きましたね。
お天気だけは儘なりません。今回も幸運でした。
きっと2度は無いからでしょう・・v-409
  1. 2010/07/09(金) 15:30:55 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

英詩の朗読なんて

bajiruさん、ダブコテージにもワーズワース博物館にも行かれて良かったですね!!
詩の朗読が聞けたなんて最高です。
今bajiruさんのHPでイギリス旅行の所を再度拝見した所です。
ゆかこさんとのロンドン、その後のツアー、それぞれ楽しい思い出ですね。
行けなかった所はネットで楽しもうと思います。
  1. 2010/07/09(金) 15:57:40 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/01/20(木) 12:29:34 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: ブログをご紹介させてください。

中島さま。
メールを拝見致しました。
ブログをご覧下さいましたとのこと、有り難うございます。
ご紹介下さいます由、お役にたつのでしたら光栄で御座います。
どうぞよしなにお使い下さいませ。
気がつくのが遅れまして申し訳ございませんでした。
                        雲


> 雲さま、はじめまして。
> トリップアドバイザーの中島と申します。
>
> 弊社トリップアドバイザー http://www.tripadvisor.jp/ は、
> 国内外のホテル、レストラン、観光地などの情報を、
> 世界各国の言語で掲載している世界最大級の旅行口コミ情報サイトです。
>
> 当サイトにブログ記事を掲載してくれるブロガーさんを探していたところ、
> こちらのブログにたどり着きました。
>
> イギリスの旅行記事を楽しく拝見させていただきました。湖水地方は憧れです。森の中の家の写真を見ると、本当に絵本の中の世界のようで美しいですね^^ロンドンも素敵ですが、イギリスの地方は日本にない趣がたくさんあり、行ってみたい地域の一つです。
>
> ぜひ、こちらの「4日目 湖水地方」を当サイトのおすすめブログとして掲載させていただき、
> トリップアドバイザーのサイトを訪れる、旅行が好きな方々にご紹介させていただけないでしょうか?
>
> ブログ記事が紹介されるコーナーはこのようになります。
> 掲載例→ http://www.tripadvisor.jp/Tourism-g298564-Kyoto_Kyoto_Prefecture_Kinki-Vacations.html
> 掲載場所は、右側の お役立ちリンク集>おすすめブログ の枠内となります。
>
>
> 突然のご連絡、失礼いたしました。
> もしご興味ありましたら下記メールまでお返事いただけると幸いです。
> お忙しいとは思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。
>
> トリップアドバイザー 
> コンテンツチーム 中島
> mnakashima@tripadvisor.com
  1. 2011/01/23(日) 22:34:10 |
  2. URL |
  3. 雲 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://act014.blog17.fc2.com/tb.php/706-2a59e647
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード