おだやかな日々に

6日目 ロンドン市内観光

ホテルの前から今度の旅で良かったのは、ロンドンのホテルがタワーブリッジとロンドン塔にごく近い所だったことです。これは、朝ホテルの前庭からタワーブリッジを眺めた所です。今日の予定は午前中、バスの車中からビッグベン、ロンドン塔、ロンドンアイ、を眺めバッキンガム宮殿の衛兵交代を見て大英博物館へというお決まりのもの。薔薇とセントポール
思いがけず、明日、自由行動の日に来ようと思っていたセントポール大聖堂に立ち寄り、庭を一巡り致しました。丁度バッキンガム宮殿の衛兵交代式に間に合い、前回見られなかった交代式を見る事が出来ました。バッチリ動画に納めたものを、丁度カードがいっぱいになり、慌てて余計な物を消すついでに消して仕舞いました。アイゴー!!


大英博物館と子供達
大英博物館です。昔は無かったドームのようなグレートコートという建物が入り口にありました。2000年12月に完成したそうです。この風景を羨望の眼で眺めました。幸せな子供達。
お勉強
学校の宿題でしょうか。これまた羨ましい光景でした。何しろ、入館料無料です!写真撮影も自由です!流石はやせても枯れても・・・大英帝国でありました。
バステト女神像
ロゼッタストーン、ラムセス2世像、みいらとこの前のコースを歩きましたが、今回目についたのが、青銅製の「ゲイヤー・アンダーソンの猫」です。女神バステトを表し、銀の胸飾りにはホルスの神聖な目がつけられているとのこと。(6ポンドで買った冊子より)。
みいらさんも以前のと変わっておりましたので、ラッキーでした。
fish & chips
ここから三越まで行って解散となりました。昼食は各自調達です。夫の憧れは本場のフィッシュアンドチップスです。コッツウオルズのレッドライオンで食べたフィッシュアンドチップスが余程気に入ったと見えて、ここにもあるレッドライオンに行こうというのです。三越の女性に聞いて、(日本人かと思ったらそうではありませんでしたが、通じました。)地図を見ながら見つけたレドライオン!お店はサラリーマンらしい人たちでいっぱいでしたが、丁度二人が座る場所がありました。夫、大満足。
立ち飲みサラリーマン
我々が店を出たら、店の前でビールを立ち飲みしているサラリーマン達が。「昼間っからビールなんか飲んで」とは元サラリーマンの夫の言。そこが日本と違う所でしょう。
トラファルガー広場にて
腹ごしらえをしてから、ナショナルギャラリーへ向かいました。通りがかりの若い男性に道を聞きましたら「Over there」とのこと。そちらに進んで行きました。今度は立派な紳士に伺いましたら、丁寧に教えて下さいました。ナショナルギャラリーも無料です! 館内地図も分りやすく、すぐにフェルメールの絵に辿り着く事が出来ました。まるで宝の山です。
目の前のトラファルガー広場は大勢の若者達で賑わっておりました。
チャリングクロス駅
「ハリーポッターが列車に乗ったのはチャリングクロスじゃなかったかなぁ」と夫が申します。そうだったかなぁ・・・「そこだったらここから近いよ」と申します。じゃどう行ったら良いの?
ロンドン市内を歩く事はあまり考えて居なかったので、下調べ不十分でありました。夫の勘で歩いて行くと、あら、あそこだぁ。ハリーポッターで有名になった駅にしては何にも変わったところはありません。実はハリーポッターが乗った駅はキングズクロスだったのでした。
iのおじさんに乗り換え無しでホテルに行ける駅を告げて場所を聞きましたら、歩いてすぐの所でした。ロンドンのtube初体験で無事にホテルに帰って参りました。明日は朝から午後2時半過ぎまで自由行動です。
  1. 2010/07/12(月) 15:28:15|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4
<<7日目 ロンドン市内; テムズ川に沿って | ホーム | 5日目 ストーク・オン・トレント、オックスフォード>>

コメント

ロンドン市内観光

いよいよロンドン市内ですね、2回行ったロンドンですが、三度目を歩いている気分で拝見しました。
英国のサラリーマンはパリッとしてますね、日本のサラリーマンはどうも疲れているように見えます、昼間からビールを飲むゆとりが有った方が良いのでは?
テムズ川下りはしましたか?
  1. 2010/07/13(火) 07:04:53 |
  2. URL |
  3. bajiru #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

ゆとり

昼間からビールを飲むゆとり・・・成る程、そうですね。気軽に立ち飲みですv-275
残念ながらテムズ川下りはしませんでしたが、テムズ川に沿って橋3つほど歩きました。
  1. 2010/07/13(火) 09:37:23 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

うらやましい旅

イギリスの良い所を総なめって感じの旅ですね。
美しい風景・・素敵な庭・・可憐な花々を見せて下さって有難うございます!!
大英博物館が無料だとは聞いておりましたが、子供たちの自由な姿、ほんとに羨ましいと思いました。
日本では考えられない光景ですね。
青銅の凛々しい猫ちゃん、金ピカに見えました。
  1. 2010/07/13(火) 18:35:37 |
  2. URL |
  3. sako #-
  4. [ 編集 ]

尾瀬

sakoさん、コメントを有り難うございます。
せめて1週間くらい滞在して毎日美術館に通いたい気持ちです!
ところで青風の合同歌集のsakoさんのお歌、「尾瀬・秋」素晴らしいですね。
夜明け前草々の間より湧き出でし靄は這ひきて原を覆ひぬ
以下9首すべて尾瀬。うっとりとして、わかめさん達と行った尾瀬をありありと思い浮かべました。
  1. 2010/07/13(火) 22:34:32 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://act014.blog17.fc2.com/tb.php/709-7f1fba7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード