おだやかな日々に

7日目 ロンドン市内; テムズ川に沿って

ロンドン塔へ
この前に来た時はロンドン塔は素通りでしたので、今回は是非中に入ってみようと思っておりました。ホテルから歩いてすぐ。未だ開門前でした。チケットは大人が17ポンド、シニア料金が14.5ポンドで結構なお値段。勿論シニアで入れて頂きました。
ビーフ・イータ-
早速有名なビーフ・イーターのおじさま達に出会いました。

階段
いくつかのタワーをめぐり歩きましたが、恐ろしい1000年の歴史を刻むこんな螺旋階段を登り下り致しました。鎖をつけられた囚人もここを通ったのかなぁ・・下は王家の家でもあったというこの要塞の綺麗な部分の窓から眺めた景色です。
 
 

サザーク・ブリッジ
テムズ川に沿って散歩道が作られて居ります。ぶらぶらと歩きながら、サザークブリッジまで。この橋を渡ればシエクスピアのグローブ座です。
グローブシアター
時間にゆとりがあれば、せめて中の見学コースだけでも回りたかったです。関心の無い夫が外で待っている間に入り口から一寸中に入ると、学生達が大勢うろうろしておりました。レストランや売店もありました。ま、有名なグローブ座の外観だけでも見られて良かったということに。
テート・モダン
ロンドンに住んで居られる方のアドバイスで、グローブ座のすぐ隣にあるテート・モダンへ行きました。ここは火力発電所だった所を美術館にしたとの事で、建物自体がどえらく巨大でドキモを抜かれました。この塔は煙突だったのかしら?
展示会場
ここも入場無料です。写真もOK。会場はこんな感じです。ここも一日がかりでも見きれないのでは・・・
テート・モダンの内容などこちらに載っております。既に古典的絵画となった偉大でエッチなるピカソおじさまの絵を頂いて参りました。
ピカソ
ミレニアム橋を渡る
テート・モダンから真っ直ぐにセント・ポール大聖堂まで伸びているミレニアム橋を渡り、大聖堂へ。今は昔、チャールズ皇太子とダイアナ妃が結婚式を挙げた所。ここは、内部の撮影禁止なので、残念ながら画像はありません。ドームから上を見上げると高い所に回廊が見えました。あそこまで登ろうよと、登り始めました。257段で辿り着きました。夫はもうへろへろです。でも、やったぜ!と喜んで居りましたが、実はそこから119段上るとドームの外側に出られ、更に152段上ると金の回廊に辿り着き、そこからロンドンを見渡す美しい景色を楽しむ事が出来たのだそうです。今度行かれる方は是非どうぞ!!
地下鉄
セント・ポール大聖堂を出た所で、サテ、地下鉄の駅はどこかいな。丁度、婦人警官が居りましたので、聞きますと、親切に教えて呉れました。
無事に
無事にタワーヒル・ステイションに辿り着き、予定通りのコースを歩ききってホテルに着きました。これでとうとう、旅はフィナーレを迎える事になりまた。
渋滞
夕刻、渋滞するロンドンの町を、我々のバスはのろのろと走ります。2階建てバスをたっぷり見ました。
ムジだ!
こんな店の前も通って一路ヒースロー空港へと向かいました。旅は終わったのでした。

成田麻薬犬
7月1日、午後3時、長い一日?が終わり、成田に着きました。ここで初めてお仕事をする麻薬探知犬に出会いました。しっかり頑張ってね。 おじいちゃん、おばぁちゃん、無事に帰って参りました。
と言うわけで、ニュージーランドの時のブログより、随分短く致しましたので、意を満たしてない所多々ありますが、またのんびりとHPで思い出してゆこうと思います。お付き合い下さいました皆様、どうも有り難うございました。


  1. 2010/07/16(金) 14:29:59|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6
<<夏休み | ホーム | 6日目 ロンドン市内観光>>

コメント

あらあら残念もう終わりですか?
遠慮せずにたっぷり書いて下さって良かったのに・・・
ロンドン塔で歴代の王冠や宝物、武器などご覧になりましたか?
テートモダンやグローブ座は行きませんでした。
短い期間でしたが効率良くいろいろと沢山見る事が出来て良い旅でしたね、有り難うございました。
  1. 2010/07/16(金) 23:57:29 |
  2. URL |
  3. bajiru #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

はるかな国

フリーの一日が楽しそうでしたね。
うきうきのイギリスの旅、ご一緒にうきうき出来ました。
お馴染みになった地名を旅してみたい、なんだか曵かれるイングランド、スコットランド。
毎日楽しみな記事どうも有り難うございました。
  1. 2010/07/17(土) 11:58:30 |
  2. URL |
  3. わかめ #gGsLOqyI
  4. [ 編集 ]

王冠が素晴らしい

bajiru さん、毎度コメントを頂きまして有り難うございました。
ロンドン塔の宝石、王冠、武器も見る事が出来ました。
詳しい説明を聞く事が出来ませんでしたので、それが残念。
漱石のロンドン塔を読み始めました。
恐ろしい歴史が詰まっている所ですね。
  1. 2010/07/17(土) 18:24:29 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

わかめさん、嬉しいコメントを有り難うございます、
やはり何と言っても旅は自分の足で歩くにしくはありませんね。あれもこれも一番記憶に残ります。
今度の旅ではストラッドフォード・アポン・エイボンが入って無くて残念と添乗員さんに申しましたら、
スコットランドとの組み合わせも良い所が沢山ありますよと言われました。
行けるものならばまた明日にでも行きたい所で~~すi-37
  1. 2010/07/17(土) 18:33:05 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

あぁ、、、

素敵な旅が終わりましたね。
旅上手な雲さんならではの凝縮した楽しみかた、
本当にどんなガイドブックより、行ってみたい感が
湧き上がります。
熟年夫婦のロンドンふたり歩き、羨ましい~~
  1. 2010/07/27(火) 21:48:29 |
  2. URL |
  3. サイコ #ZeC0G1NE
  4. [ 編集 ]

良い旅

サイコさん、有り難うございます。
サイコさんこそ、何処にいらしても10倍、100倍(はオーバー?)
楽しめる旅になることでしょう。証明済み。請け合いですv-22
  1. 2010/07/27(火) 22:58:28 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://act014.blog17.fc2.com/tb.php/710-96cf401b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード