おだやかな日々に

誘われて

どこの国旗?
日本の国旗と並んでいるのはどこの国旗でしょう?昨日2時間半ほど遊んできた国の国旗です。
ポスター
そうです。ラトビアの国旗でした。コーラスの友人の弟さん夫妻が出演されるというので、行って参りました。バルト三国のなかのラトビアは未知の国。どんな音楽かと興味津々でした。
合唱団
日本とラトビアの友好親善の為にラトビアの歌を歌う合唱団の初めてのコンサートでした。合唱の外にテノール、バリトン、メゾ・ソプラノのプロのソロ、デュオや、ヴァイオリン、ピアノの合奏など。すべてラトビアの音楽でした。あの「百万本のバラ」の原曲はR・パウルスという人の作詞で「マーラが与えた人生」というのだそうですが、小田陽子という女性がギターを弾きながら歌いました。ラトビアという国の苦難の歴史を窺わせるような詩で、あのバラも良いけれど、こちらも心に沁みました。
全体的に哀愁を帯びた曲や、重厚な曲が多かったですが、ゼムザリス作曲の「狂おしい愛」などという曲はジプシーヴァイオリンを思わせるような曲でのめり込みました。最後にプログラムに印刷されていた楽譜、「風よそよげ」という歌の8小節を客席のみんなも一緒にラトビア語で歌ったものです。ちょっとネ。
プートゥ ヴェー イ ニ ゼン ライ ヴィニュ アイ ゼン マーニ クルゼ メ 
風よ そよげ 私の舟を クルゼメ地方まで はこんでおくれ
どこの人形?
ロビーにはラトビアのちょっとしたものが並べてありました。民族衣装をつけたお人形です。合唱団の女性もお揃いでおなじような巻きスカートをはいておりました。
都市の名前入り
ラトビアの首都、リガの名前の入った大きなお皿です。
御苑
窓の外はああ、ラトビアではなく、日本の新宿御苑の緑でした。
と言うわけで、ちょっと珍しいコンサートでした。ラトビアではよく音楽祭が催されるそうですが、むこうの方達の声はさぞかしボリュームがあることでしょうと想像致しました。機会があれば聞いてみたいものです。

日本にも・・・
地下鉄丸ノ内線新宿御苑前駅のホームです。
こんな椅子をイギリスで見かけました。
日本で見るのは初めてです。
後ろのデザイン、季節感がありますね。
犬もあるけばでした。
  1. 2010/09/26(日) 21:58:08|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<敬老席の運動会 | ホーム | 今年もうたかい>>

コメント

ラトビア

国名だけは知っていますが、何だか哀愁を帯びた切々たる曲が浮かびます。
日本のこけしに似たおしゃれな人形ですね。
新宿御苑前駅ですか、通過しないで降りてみたいな。座ってみたいな~
  1. 2010/09/28(火) 00:20:09 |
  2. URL |
  3. サイコ #ZeC0G1NE
  4. [ 編集 ]

ちょっと腰掛けてみましたけれどぉ・・・
ちょい要背伸びでした。
最近はみんな背が高くなったので、これで丁度良いのかもしれませんねe-408
  1. 2010/09/28(火) 11:39:08 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

新宿御苑駅前駅

3ヶ月に一度通う内科医院があるのでこの駅を利用しますが、何となく通っていました、流石雲さんは目の付け所が違いますね。
素敵な音楽が聴かれて良かったですね、妹がクロアチアとバルト三国を旅行しているので、彼の地も訪れたかも知れません。興味をそそる國ですね。
  1. 2010/09/28(火) 13:23:17 |
  2. URL |
  3. bajiru #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

バルト三国

bajiru さま、ベルギーに旅しました折、次はバルト三国に行きたいと思いつつ、
叶わなかったエストニア、ラトビア、リトアニアです。妹さん、良かったですね。
コーラスの友人は以前、弟さんご夫妻と一緒に音楽祭に行って歌ってきた経験ありで、
とても楽しかったそうです。
ラトビアの歴史は周囲の大国に侵略されたりしてなかなか過酷なものだったようですね。
  1. 2010/09/28(火) 16:16:09 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://act014.blog17.fc2.com/tb.php/727-6598bdda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード