おだやかな日々に

今年も音楽祭

ピーマン通り
今年も楽しみにしていた一年に一度の音楽祭です。お天気に恵まれ、ウキウキとして秋の小淵沢へやって参りました。
4時からのコンサートは今まで殆ど聴いた事の無いミヨーのヴィオラソナタ、ヴァイオリンのシマノフスキーの神話、三つの詩、それにショパンのチェロソナタでした。三曲とも、ピアノ伴奏は超忙しく活躍して居られる野平一郎さん。おまけに2曲目は2年ぶり?にドイツから駆けつけて来られた知人のSさんでしたから耳を3倍くらい大きくして聞き惚れました。この一部を聴いただけで、すごい充実感です。
卓花
5時半からゆっくりディナーです。毎年誘い合って集う音楽好きのお友達今年は5人がテーブルを囲みました。山梨県の高原で摂るイタリアンです。
ガスパッチョ
トマトのガスパッチョです。底の方に細かい角切りの大根が良い歯触り。ホタテかなにかの食感もありです。冷たくて酸っぱくてしゃっきりとした前菜でした。
2nd
絵画的というか色彩美しい大皿です。アルプスサーモンとホタテ貝のテリーヌ、岩魚のタルタル添え。エビの揚げ物、野菜のサラダです。トマト、大根、人参、キューリ、赤蕪、南瓜、オクラ、ゴボウなどなど、野菜もこうなると美女に変身です。新鮮でとても爽やかでした。
3rd
八ヶ岳産のキタアカリのクリームスープです。
大きなお皿に小振りなスプーンでちょっと掬いにくかったスープはとても濃厚で、多分チーズがたっぷり入っていたのでしょう。これは若者向きだったかしら。main
右は、メインの牛フィレ肉の炭火焼き、フォアグラのソテー添え、”勝沼の周五郎のヴァン”ソース添えです。これも見た目の美しさがプロのお手並みです。柔らかい肉で満足満腹。
デザート
デザートは山梨産洋梨のムースと、その洋梨のソルベです。アラ、お寿司が出てきたと思ったと異口同音。外国では、絶対にあり得ない配置ですね。グラスワインをチビリチビリと頂きながらゆったりとした夜のひとときでした。そして・・・ 

夜8時からのコンサートです。
モーツアルトのピアノとヴァイオリンのためのソナタ 変ホ長調K380
シューマン 4つの二重唱曲
シューマン ピアノ五重奏曲 変ホ長調 Op.44
と続きました。昨年までは声楽はソロでしたが、今年はメゾソプラノとテノールの2重唱で、とても新鮮です。お互いの声の美しさがお互いを補って断然良かったと思いました。ナイトサロンでも歌ったテノールの吉田浩之さんの声はすごいボリュームで、八ヶ岳まで揺り動かしてしまうのではないかと・・・
シューマンのピアノ五重奏はため息でした。繊細で美しいヴァイオリン、追いかけて心を揺り動かすビオラ、どうしようもなく情感を決定づけるチェロ、間断を華麗にきらめくピアノ。現代の名演奏家たちの熱演に手が痺れるほどの拍手でした。新星たち

短歌と音楽の違い発見!
短歌は1首の中に山場が一つが原則。それなのにであります。この音楽祭はどれをとってみてもみんな山場で、全部が丸ごとOKです。
10時15分からのナイトサロンはロビーで観客がワインや”よなよなエール”を飲みながら。そして普段着に着替えた音楽家達、新人からベテランまでがリラックスしながらしかも真剣に肩の凝らない音楽を聴かせて下さいます。新人と言ったって将来の名演奏家の卵たち。画像の後ろには超新星をピカピカ光らせてしまいました。あ、コントラバスの方は吉田秀さん。N響首席奏者の方。でも皆さんここに来られると何故かお友達のような気になってしまうのであります。
ナイトサロンにて
チェリストの山崎伸子さんが”さってと、これから弾こうかナ・・”としているところ。
いったん弾き始めたら彼女がチェロかチェロが彼女か分からなくなります。カリスマ的オーラがビンビンと伝わって、陶酔状態に。音楽は麻薬か??
部屋の窓から
うっとりと部屋に戻り、窓のカーテンを一寸開いて外を覗くと昼間のピーマン通りはファンタジックな世界に変身。


こんな具合にして雲にとりまして一年に一度の甘美な音楽祭はとうとうフィナーレを迎えてしまいました。一晩ゆっくり休んでまた明日の事は明日に・・・・










  1. 2010/10/08(金) 14:50:34|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<音楽祭のアフター | ホーム | 敬老席の運動会>>

コメント

新鮮に・・・

ほやほやのリゾナーレ報告を有り難うございます。
鮮やかに夢の様な二日間を思い出しました。
日曜日からの連続旅行で流石に今日の英会話はお休みしてしまいました。
  1. 2010/10/08(金) 17:51:54 |
  2. URL |
  3. bajiru #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

ありがとうございました。

お疲れ様でした。
楽しい音楽祭もお友達あればこそです。本当に幸せな2日間でした。
有り難うございましたv-22
  1. 2010/10/08(金) 20:23:22 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

人生の達人さん

毎年の読むだけ音楽会v-341ですが、今年も有り難うございます。
聴く、食す、見るの3拍子の音楽会、贅沢ですね。
最高のお天気で4拍子ですね。


  1. 2010/10/08(金) 21:14:26 |
  2. URL |
  3. わかめ #gGsLOqyI
  4. [ 編集 ]

秋冷いまだ

わかめさん、有り難うございます。
今年はお忙しいかしらとお誘いをご遠慮致しました。
来年はよろしかったらご一緒致しましょう。
お陰様でお天気に恵まれましたが、山はガスって居りました。
タクシーの運転手さんは例年だったらこの季節は山が良くみえるけれど、
今年は気温が高いせいでしょう、と言っておりました。
今年の夏はあの辺でも30度もあったそうです。
  1. 2010/10/08(金) 21:42:08 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

同じく毎年の 読むだけ音楽祭、夢の世界のようです。
リゾナーレ全体が外国みたいなのですね。
音を楽しみ味を楽しみ景色を楽しみ...
とびっきりの笑顔が浮かびますv-476
  1. 2010/10/09(土) 10:01:49 |
  2. URL |
  3. サイコ #ZeC0G1NE
  4. [ 編集 ]

夢は連泊

毎年ハロウインのカボチャの笑顔に迎えられます。
丁度イギリスの田園地方か湖水地方のホテルのように大きな自然に囲まれて
音楽を楽しめる所が魅力なのでしょうね。
スケジュールぎゅう詰めなので、1泊では結構忙しいのですが、贅沢は言えませんv-291
  1. 2010/10/09(土) 10:34:22 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

リンクさせて、、

私は、カメラを忘れてセーセーと楽しめましたが、
いざブログを書こうとしましたら、写真のないのは困ったものでした。こちらにリンクさせていただきます。

音楽、食べ物、環境みなたっぷりとめぐまれて、毎年、毎年満足ですね。クラッシックですが、今年のプログラムもとても、とてもよいものでした。
  1. 2010/10/09(土) 12:28:22 |
  2. URL |
  3. ユミ #kY.A8d5U
  4. [ 編集 ]

ほっとする所

ユミ さま、もう毎年の恒例行事のようになってしまいましたね。
帰りのシャトルバスの後ろに座られた森村誠一さんが奥様に、
「ここに来るとほっとするね」とおっしゃるのが聞こえました。
あの方も楽しみにしておられるのですねv-255 
また来年もお会い出来そうですね。
有り難うございました。
  1. 2010/10/09(土) 13:43:57 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://act014.blog17.fc2.com/tb.php/729-b962859c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード