おだやかな日々に

ゴッホ展

ゴッホ展
 珍しく恒例のニコタマデートを卒業して姪とゴッホ展を見に行った。混雑覚悟で行ったが、思ったほどのことは無かった。
国立新美術館
2度目の国立新美術館であった。

タッチすれば
今まで音声ガイドを借りた事は無かったが、初トライした。料金500円也。タッチ式ボイスリーダーペンというもので、説明を聞きたい作品にペン先をタッチすると音声ナレーションが聞こえてくる。このシートは何の変哲も無い普通の印刷された紙としか思われない。まか不思議なものである。明治時代の人だったら驚いて気絶するかも知れない。
親愛なるゴッホ
音声ガイドの説明も相俟って、ごっほの作品を堪能、且つ、今まで見たことの無かったゴッホの初期の作品も見る事ができたのは収穫であった。ゴーギャンと暮らした家の「アルルの寝室」を再現した部屋もあったし、ゴッホが浮世絵に惹かれた事からか、アムステルダムのゴーギャン美術館所蔵の浮世絵も6点ほどあった。充実したゴッホ展であった。
道すがら
「ああ、綺麗」と、姪が立ち止まった。ここは日本であることを証明しているような手桶の生け花。
これからおのぼりさんは一度覗いてみたかった東京ミッドタウンへ。
 東京ミッドタウン
早速入り口近くのこんなオブジェの向こうに立って写真を取り合ったものだ。おなかの空き具合も丁度良く、大きな空間が気持ちの良いスペースを見上げながら3階まで上って昼食を摂った。

韓国料理店にて
二人で別のものを取って分け合った。牛肉が柔らかくて美味。満腹になる。(お箸をつけてから撮した画像で失礼致します。)
チマチョゴリ
綺麗なチマチョゴリを眺めてそのあたりを見学。美しい女性とハンサムな男性の若いカップルが目につく。

眺め
東京に住んでいても知らない街が沢山あるものだ。今度は何処へ行こう?アカサカサカス??それとも羽田空港?ビルの地下で右と左に別れた。
  1. 2010/10/21(木) 21:41:55|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<お墓参りツアー | ホーム | 週末てんやわんや>>

コメント

是非見たいです。

私も是非見たいと思っています、この展覧会の前に東京新聞主催のゴッホの絵と生涯についての講演を聞きに行きました、ゴーギャンとの交流、弟テオの献身的なサポートなどいろいろと知る事が出来ました、イヤホンガイドを借りればさらに詳しく知る事で出来るでしょうね。それにしても韓国料理の美味しそうな事・・・
目でご馳走様でした。
  1. 2010/10/22(金) 22:58:57 |
  2. URL |
  3. bajiru #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

花の絵なども

bajiruさん、コメントを有り難うございます。
この前ご一緒したのはアンデパンダン展でしたでしょうか。
イヤホンガイドではテオへのゴッホの手紙の文章など読んでおりましたよ。
労働者階級へのゴッホの思いを知る事が出来ました。
生きている間は不遇の天才だったのですね。
とても充実した展覧会で、お勧めです。
  1. 2010/10/23(土) 21:17:48 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://act014.blog17.fc2.com/tb.php/733-5ec844c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード