おだやかな日々に

竹間沢車人形

入場
友人に誘って頂き、入間郡三芳町まで車人形を見学に行きました。一年に一度催されるとのこと。出し物は寿三番叟、車人形教室、日高川渡し場~道成寺鐘楼の段でした。
江戸の安政年間に伝わり、明治、大正と盛んに興業されていたものが、一時途絶え、昭和47年に、50年ぶりに復活し、現在埼玉県の無形文化財に指定されているとのことです。ロビーに
ロビーで人形がお出迎え。(プログラムインフォメーションはこちらをクリック。)
始めの寿三番叟は舞台を清める舞でお目出度い時に舞うものとか。時々舌を出すのですよ。ビックリ!舌だし三番叟とも言うのですって。愉快愉快。
2番目車人形教室では、首(かしら)、轆轤車(ろくろぐるま)・・・人形師が腰を下ろしている車つきの移動車・・・等々、人形の手足首を胴体に嵌め込んで行くところまで見せて頂きました。(こちらをクリック。)
本番は安珍清姫の物語。この年で浄瑠璃人形でこの出し物を見たのは初めて。素人のお芝居とも思えぬ迫力で本当に引き込まれました。説教浄瑠璃は三代目若松若太夫という方で、内容も良く分かり、江戸庶民にもてはやされた事が良く理解出来ました。プロの洗練された芸術性云々の事は分かりませんが、庶民による庶民の為の庶民の伝統芸能の良さというものをしっかり感じる事が出来ました。そんなことを実感したのも、演目終了後、ロビーで親しく交流する時間があったからかも知れません。
ロビーにて
ハンサムな安珍さまと、おそろしや嫉妬のあまり大蛇となった哀れ清姫大蛇です。目の前で人形を扱った方と人形に触れる事が出来ました。
清姫と握手
舞台では目を吊り上げ、恐ろしい形相にも見えた清姫が大役を終わってほっと一息、ほほ笑んでいるようでした。
伝統芸能を維持してゆく困難さの一つには、人形を扱う人材を育てなくてはならない事など、色々大変なようですが是非いつまでも続けて行って頂きたいものだと思いました。もっと近ければ毎年でも見にゆきたいものです。

この周辺地域は川越藩主、柳沢吉保が開拓させた特徴ある地割が残っている所で、車でぐるりと案内して頂きました。ぶらタモリならぬぶら雲はまこの次に。
  1. 2011/01/30(日) 22:17:34|
  2. 観劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<小さな旅;みずほ台から | ホーム | 茶碗蒸し?>>

コメント

いいですねぇ

とても面白そうなものをご覧になったのですね。
説教浄瑠璃は聞いたことがあるような気がします、浄瑠璃に進化する前の素朴な芸能なのですね。
いつまでも残って欲しいです。
ごぜの語り、なども面白いものだったようですね。
車人形は一人で使うものなのですか。
  1. 2011/01/31(月) 20:35:16 |
  2. URL |
  3. わかめ #Bqdv5RIs
  4. [ 編集 ]

車人形

わかめさん、早速のコメントを有り難うございます。
車人形は一人で一体を扱います。
足の指で人形の足につけられた鈎のようなものを挟み、両足を動かします。
左手、右手それぞれひもを引っ張ったり腕を使ったりなかなか大変なようですが、
会場から3人の体験希望者が人形を扱ってみるというイベントもありました。
何とか皆さん動かして居られましたよv-221
  1. 2011/01/31(月) 21:16:54 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

素晴らしい文化

TVで車人形を見たことがありますが、足腰の強い人でないと操ることは出来ませんね。
こういうロビーでの交流は楽しくて大好き!
手を取り合う絶世の美女が2人...いいですねぇ~
  1. 2011/01/31(月) 22:03:06 |
  2. URL |
  3. サイコ #ZeC0G1NE
  4. [ 編集 ]

良いものをご覧になりましたね、私も以前佐渡へ行った時に文弥人形と言う人形浄瑠璃を見ましたがやはり素朴でとても良かったです、山椒大夫のお話でした、娯楽の少ない地方で根付いた人形芝居で今ではテレビやいろいろ娯楽も多いですが是非こういった伝統芸能は守って欲しいですね。
  1. 2011/01/31(月) 22:43:11 |
  2. URL |
  3. bajiru #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

臆面も無く・・・

プッと吹き出す画像で失礼致しましたv-398
轆轤車の乗り方もコツがあるようで、うっかりすると前につんのめったり、
後ろにひっくり返ったりするそうです。
  1. 2011/01/31(月) 22:43:59 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

動画で

bajiruさん、コメントを有り難うございます。
新潟出身の母から文弥人形という言葉を聞いた記憶があります。
早速ググッテみました。本当に素朴で佐渡の情緒が漂ってきますね。
ついでに車人形を探してみました。昨日見たものもこの通りでしたよ。
人形の手足の動きが自然しょう?良く考えたものですね。

http://www.youtube.com/watch?v=5zb5TigFoHI
  1. 2011/01/31(月) 23:03:59 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

3105

サパがアフリカで教えている農法が、柳沢吉保の領地でおこなった荒れ地の回復と、住民にやる気を起こさせるため森と井戸と住まいと家畜小屋をつくり、畑を作る細長い区割りの残っていますね。アフリカの大使達を連れて行って魅せたことがあります。その頃の人達が愛した人形達、帯悦にのこしたいですね。私もこんな行事を見てみたい物です。
  1. 2011/02/12(土) 01:01:12 |
  2. URL |
  3.  ユミ #kY.A8d5U
  4. [ 編集 ]

江戸時代の知恵

ユミ さま、サパがアフリカで教えている農法が、柳沢吉保方式だったとはびっくり致しました。
個人で広い土地を開発するにはあの方式が合理的で意欲をそそるやりかたなのでしょうか。
是非成功して欲しいものですね。
興味あるお話を有り難うございました。
  1. 2011/02/12(土) 14:14:51 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://act014.blog17.fc2.com/tb.php/752-286b3ae1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード