おだやかな日々に

半年のあいだに

フィガロ6月も残り少なくなりました。早いですねぇ。もう今年も半年過ぎようとしております。色々な事がありました。悲しいこと、寂しいこと、恐ろしいこと。そんな日々に、宝石のような音楽に心が癒されました。ブログにアップし残した音楽達を忘れないようにここに集めて置きましょう。
 お友達と東京二期会オペラ、「フィガロの結婚」を上野の文化会館で聴いたのは4月28日でした。
まだ大地震の恐ろしい記憶も生々しい日々でしたが、何とか吹っ切れればよいがと、そんな気持ちもありました。会場には思いがけず華やいだ服装の人々が集まってようやくコンサートを聴きに来た実感が湧いたものでした。でも、お友達は、いざという時の為にスラックスをはいて来たと仰ったのが印象的でした。
モーツアルトの有名な「フィガロの結婚」を日本人がどれくらい演じきるのかしらと思っておりましたが、ビックリ。舞台装置も衣装も勿論声も、その上演技も素晴らしくてどっぷり楽しみました。

勉強会翌日はコーラスの合同勉強会でした。
ご病気で入院された先生が、今まで練習してきたのだから、先生不在でも、是非やってほしいとのご希望でした。先生のお弟子さん、もう一つのコーラス、ピアノ演奏、声楽など、先生の激励のメールも頂いて、色々な方の応援で無事に終わりました。吾々は 「エーデルワイス」「アヴェ・ヴェルム・コルプス」を一生懸命唱いました。この会では、昨日聴いたフィガロの結婚より3曲もソロや二重唱で歌われました。
中でも、吾々の仲間のひとりのリクエストで2,3回練習したことのある雲の苦手な手紙の二重唱も唱われ、昨日と今日で、すっかりおなじみになりました。クリスマスに唱ったスタバトマーテルも別のコーラスと一緒に歌いました。皆さん、先生がご不在でも、かえって一生懸命だったような気が致しました。

雨しっかり梅雨に入り、折角のバラの花も雨に打たれて散り始めた5月29日、短歌会の友人が属しているコーラスの定期演奏会に行きました。文京シビック大ホールです。初めて行くホールでしたが、路線は単純で助かりました。列
会場に着いたらまだ時間前にもかかわらず長い行列が出来ており、驚きました。後ろの方から掛かりの人に「こんなに列が出来てるんだから時間が来なくたって、開けて頂戴よ。」と言っている声がしたと思ったら、間もなく時間前に列が動き始めました。下町だなぁ~って感じ。嬉しかったです。
曲目は、メンデルスゾーンの祭典詩編42編 「鹿が谷川の流れをしたい喘ぐように」op.42
カンタータ 「最初のヴェルプルギスの寄る」op.60
交響曲第2番 「賛歌」op.52 

というもの。
キリスト教、古代ケルト人の宗教、印刷技術発明400年を祝う祝典に作られた曲など、あまり馴染みのない曲でしたが、ドイツ語でオーケストラと3時間も唱う壮大なもので、、色々な事で忙しい友人が、このような合唱団で、このような歌を唱っておられる事に圧倒されました。

風景1直近の6月23日。千駄ヶ谷駅前の風景です。向こうに見えるのは東京体育館です。珍しい蝶駅前のバス停の所に綺麗な蝶々の写真、と思いきや、良く見ると・・・・もっと沢山居ましたけれど。そしてこんなバスも走っておりました。

風景2何をしに千駄ヶ谷へ来たかと申しますと、ブログのお友達のお知り合いのピアニストさんの演奏会が津田ホールで行われるからでした。
風景3
風の強い日でした。街路樹の間から新宿のエンパイアステートビル(?)が見え隠れしていて、ここから新宿が近い事が確認出来ました。
風景4
約束の時間にお友達と一緒になり、矢印左へ。3人で東日本震災応援ビールで乾杯。先ずは楽しいディナーで語らいました。そして矢印。右へ。島田綾乃さんのピアノリサイタルです。島田さんのコンサートは2度目でしたが、前回とはひと味違う一段と大人の雰囲気が加わった感じでした。前回同様細っそりと美しい腕のどこからあのような力強いタッチが生まれるのかしらと不思議でした。
曲はハイドン、フランセ、ドビュッシー、ブラームスなどで、特に今回はドビュッシ-をじっくりと聴かせて頂きました。お誘い頂きまして有り難うございました。

そして今日は、我らがコーラスのイケメン先生と自宅療養中の先生の歴史的な!引き継ぎが実現致しました。ゴージャスでデラックスでハッピーな時を過ごす事が出来ました。この調子ならばまたこれからも今日のような贅沢ができるかもしれないと欲張りな夢を抱く雲でありました。音楽って本当に素晴らしいですね。
  1. 2011/06/27(月) 21:41:55|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<これで安心 | ホーム | 先生と一緒に>>

コメント

音楽の日々

こうして見せて頂くとなんと充実した素晴らしい日々を過ごされいらっしゃる事、恐ろしい事、悲しい事を忘れさせてくれる音楽に感謝ですね。心を癒してくれるのは音楽だと思いました。
  1. 2011/06/29(水) 09:25:25 |
  2. URL |
  3. bajiru #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

それにつけても

bajiruさん、何時もコメントを有り難うございます。
時の経つのは早いですけれど、今年は特にその思いを強く感じます。
後半もまたご一緒出来る日々が有ることでしょうv-341 
お互いに元気で、またどうぞ宜しくお願い致します。
それにしても、今日は暑いですねぇ~~~
  1. 2011/06/29(水) 10:05:31 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

暑いです~

ご無沙汰しております。音楽に心和む雲さんのブログ、私もほっと息をつけました。ハチ公バスいいですね (^^)
実は事務所のエアコンが故障して、今日は部品がなく修理がまにあわないようです。いくら節電の時勢とはいえ、33度まで上がっている室内で仕事を続けるのはつらいです~。で、ちょっと休憩、ちょっと休憩ばかりで、ブログをのぞきに参りました、とさ…とほほ (^_^;);;;;;;
  1. 2011/06/29(水) 11:01:56 |
  2. URL |
  3. take #5RIkxCRk
  4. [ 編集 ]

これから大変!

takeちゃん、お久しぶりですv-238
暑いなかでのお仕事、大変ですねぇ。一刻も早くエアコンが、直りますようにv-421
東京も今34度になんなんとして居り、太郎は完全に脱力しております。
今日はこれで電力使用率何%くらいになるでしょう?
  1. 2011/06/29(水) 13:57:23 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

日本人のオペラ

ご一緒下さってありがとうございました。あの頃はまだまだ、オペラを見る気分ではなかったのですが,みて良かったです。素晴らしい、声、歌、姿、振る舞い(含演技)、装置も、衣装も、オーケストラも、合唱も、どれもこれも楽しめる日本人のフィガロの結婚でしたね。記念講演のためもあったでしょうが、チケット代もS席で秋に来るイタリアの外来引っ越し公演の1/6ぐらい。これからは日本人のオペラをみましょう。
  1. 2011/06/29(水) 17:37:00 |
  2. URL |
  3. ユミ #j.y.sTQw
  4. [ 編集 ]

申し訳ない気持ちも

被災された方達は音楽どころではない事でしょうと思いますと、申し訳ないような気持ちですが
どこに行っても、誰もみんな心の中に震災の痛みを感じている事も偽りではありませんね。
先ほどテレビで、ドナルド・キーンさんが日本人になられるという話を聞きました。
素晴らしい余生を失望することなく送っていただきたいなぁと心を熱くしながら思いました。
人も音楽も暖かく、優しく・・・・
でもでも暑い一日でしたねv-288
  1. 2011/06/29(水) 20:57:11 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

効き目のあるお薬

音楽に癒される日々の記録、としても豪華なラインアップですね。よく効くお薬をどっさり注入されてよかったです。
そういえば震災で沈み込む日々に、CDを聞いたりテレビの音楽を聞いたり、オッターバを聞いたりしていました。身体が音楽を要求していたのでしょうね。
  1. 2011/06/29(水) 22:56:49 |
  2. URL |
  3. わかめ #UQg0AZyY
  4. [ 編集 ]

音を楽しむこと

わかめさん、有り難うございます。
本当のどん底状態になりますと音楽も聴く気持ちにならないのですね。
私たちはとても幸せなのだと感謝しております。
今朝は松本で震度5強でしたね。大事に至らず良かったですね。
  1. 2011/06/30(木) 10:47:12 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://act014.blog17.fc2.com/tb.php/781-9585b57b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード