おだやかな日々に

都民芸術フェスティバル

初乗り
昨夜、ブログのお友達、ユミさまのご好意で東京芸術劇場で行われる「都民芸術フェスティバル」参加公演のコンサートに行くことになった。目的地は池袋。いよいよ東横線直通に初乗り体験のチャンスがやって来た!にわか鉄ちゃん宜しく自由が丘の駅ホームの表示板をカメラに写す。何と終点は飯能である。通勤特急なので早い早い。停車駅は3駅で4駅目にはもう池袋に到着。所要時間は21分である。
地下通路から
 電車に乗った途端、すべてが新しく感じる。見慣れた風景まで新鮮に思われるのが不思議だ。ひたすら地面の底を突っ走っていると、何だかもぐらになったような気もしないでもない。東京芸術劇場まで地下通路から辿り着く事が出来た。
東京芸術劇場外観
開演時間七時までまだゆとりがあるので地上に出て劇場を眺めた。ここにくるのは初めてである。とても素晴らしいと感激してお上りさん宜しく写真を撮りまくる。
劇場とさくら
 黄昏時の桜も丁度見頃である。劇場前の広場の雰囲気も最高。ぐるりと一回り。
わくわく今晩は楽しい前奏曲のようだ。
そしてコンサートが始まった。
ロッシーニ  セビリャの理髪師 序曲 
ラフマニノフ ピアノ協奏曲2番
ドヴォルザーク 交響曲第9番 「新世界より」

指揮 川瀬賢太郎  ピアノ 田彩乃
東京フィルハーモニー の演奏である。
大きなホールはほぼ満員の盛況。ラフマニノフが最高であった。素晴らしい。拍手が鳴りやまなかった。
島田彩乃さんのブログに演奏会の感想が書かれていた。興味深く読む。
オケとソリスト、そして指揮者。楽器一つ一つのハーモニー。その微妙な絡み合い。
だから音楽は素晴らしい。
天井画どっぷりと余韻に浸りながらホールを出て天井画に足を止め、ふたたびもぐらになるべく地下に潜った。
夜桜帰りもまた特急で思ったより早く自由が丘に着いた。
そして遊歩道の夜桜がフィナーレであった。
ユミさま、素晴らしいコンサートでした。有難う御座いました。空席二つが本当に残念でした!
  1. 2013/03/23(土) 21:33:14|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<不動前ウオーキング | ホーム | 春、そしてコンサート>>

コメント

素晴らしい午後を過ごされたのね。喜びと感動が伝わりました。便利な乗り物と上等な音楽といまが盛りの櫻と。ユミさんのご都合は気になりますけれど。
  1. 2013/03/23(土) 23:54:10 |
  2. URL |
  3. わかめ #gGsLOqyI
  4. [ 編集 ]

わかめさん、おはようございます。コメントを有難う御座います。
ユミさんは沖縄に行かれました。残念ですが、2者択一で・・・
今は台風も無く、良い時でしょうね。政治の事を除いてはv-297
  1. 2013/03/24(日) 11:26:37 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

有り難うありとうございました。

なかなか決断が下せずにもたもたしている内によい席が
とれなくなってしまいました。彩乃さんのラフマニノフ2番は是非聴いてみたいと思っていましたのに残念でした。今度は、また、よろしかったら、おつきあい下さいませ。沖縄は、子供の世話で一杯一杯になっている娘の解放のために子守りにゆきました。暖かくて穏やかな人達、美味しい食べ物(ジェット機の騒音をのぞいて、)いるかと握手したり、アメリカ村に行ったり、初めての経験もしました。
  1. 2013/03/30(土) 10:44:54 |
  2. URL |
  3. ユミ #kY.A8d5U
  4. [ 編集 ]

こちらこそ

ユミさま、お帰りなさいv-22
天気予報を見ながら沖縄は雨が多いのかななどと思っておりましたが、初体験など、楽しい時を過ごされて良かったですね。お嬢様もお母様とご一緒で心強かった事でしょう。
彩乃さんのラフマニノフ2番はオケの音が大きくて初めは?と思ったのですが、段々素晴らしくなって本当に感動致しました。ステージも見渡す事が出来ました。本当に有難う御座いました。
  1. 2013/03/31(日) 22:01:06 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://act014.blog17.fc2.com/tb.php/924-01508256
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード