おだやかな日々に

万葉集メモ 6

夏椿
 巻五に入った。つくづく人生を考える歌が多い巻、また、当時の人達が仏教思想をどう捉えていたかを考える事が出来る巻との説明があった。机の下でスマホ検索をしたら「旅人、憶良の歌が多い。憶良太宰府在任時代の歌を中心に天平の歌を集める」云々とあった。
巻五に入って三回目、今日は804,805番、憶良の歌であった。
前置漢文に続く訳に曰く、
・・前略・・黒い髪にいつの間にか霜が降り、紅の面にどこからか皺がより・・(次ぎに男性の老化現象が続く。これがまたシビアである。)・・たまきはる命が惜しいけれどどうしようもない・・・というもの。思わず面を伏せたくなった・・ああ・・・ここから「八大の辛苦」の説明があり、先生初めみんなで人間苦の根元、生老病死、愛別離苦、怨憎会苦、等々古来から未来永劫に渡り不変のものなのだと同感する。

「ちなみに、今の若者言葉で、『リア充』ってご存じですか?」
誰も知らない。また机の下スマホ検索をしたら、直ちに出てきた。
今の若者は「リアルな充実感」をどう求めているのだろうか。欠乏感があるのだろうか。
巻五は若者に人気があるのだそうだ。
天平時代と平成を行ったり来たりした一時間半であった。
  1. 2013/06/20(木) 14:51:24|
  2. 短歌など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<行って参ります。 | ホーム | 花の記憶 5月~6月>>

コメント

巻5ってそんなに人間的な巻なのですか。
リア充であってもあるわね「八大辛苦」は。
昨日覚えたニューワード「ガラケー」。
  1. 2013/06/21(金) 23:46:15 |
  2. URL |
  3. わかめ #Wvcannqs
  4. [ 編集 ]

リア充は話の流れで大体見当がつきましたが、「ガラケー」はわっかりませんでしたぁ。
この間まで持っていた雲のケータイはガラケー以前、結構色、形は気に入っておりました。
しか~し、色々な言葉が出てくるものですね。
今日は久しぶりに御天気になりました。鎌倉は爽やかでしょうね。
どうぞ良い一日をv-22
  1. 2013/06/22(土) 06:31:57 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

古今東西、人間の営みは不変な部分があって、
トッピングだけが違っていたりする、面白いものですね。
「リア充」って、一昨年の9月に次女から吹き込まれ、早速
ブログに書きました。
いうなれば雲さんも、年齢に反比例してリアルが充実して
いらっしゃるのだと思います!
  1. 2013/06/23(日) 21:53:51 |
  2. URL |
  3. サイコ #ZeC0G1NE
  4. [ 編集 ]

あ、9月15日に「リア充」のお話が出ておりましたね。
気がつかなかったのか忘却の彼方に流れていたのか・・・
若者は兎も角、中高年者はリア充でありたいですね。
いや、サイコさんのブログこそ正に「リア充」なのであるv-10
  1. 2013/06/23(日) 22:19:33 |
  2. URL |
  3. 雲 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://act014.blog17.fc2.com/tb.php/945-e387e87c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード