おだやかな日々に

犬と遊ぶ そして夕日

バリ丸一日滞在もこの日(6月3日)だけとなりました。
午前中イダがもう一度あのマッサージに誘って呉れました。言葉は通じなくても優しくトントンと肩を叩いてサインを出し、ニッコリ微笑むおねぇさん。この日限りの最高の贅沢です。

さて、バリでの移動はすべて車です。息子が迎えに来て、これから何処へゆくのやら・・・
鶏丼
来た所は最近店開きをしたという日本人のYさんのワルン(食堂)です。風通しの良い手作りのワルンで地元のとても感じの良い男女の若者が3人ほど働いておりました。心の籠もった日本食。地鶏が激旨です。この地での成功をと心から願いました。
チビ?
「グレートデンどんなになったか見に行こう!」と息子。またまたご立派な門構えのお宅に到着。早速大きなグレートデンが目に入りました。こちらのご主人にご挨拶もせぬうちに、早速わんちゃんの所へ。
anko.jpg
この子は近い将来チビのオヨメサンになるとのこと。あっと言う間にチビのように大きくなるのだそうですが、オットリして本当にかわゆ~~~~い!!


tibiankokinako.jpg
ちょこちょこ出て来たのはポメラニアンのきなこちゃんでした。太郎を失って傷心の年寄りを慰めようとこちらのお宅に連れて来てくれたのでしょうか。しっかりたっぷり癒されました。ここの飼い主の方は福島出身で、チビは別として、あんこきなこ、もう一匹飼うときはずんだという名前をつけようという話も・・
balangan.jpg
 ご主人からこの近くのバランガン・ビーチが綺麗ですよという話をお聞きして、早速そちらに行く事になりました。まだあまり一般には知られていない所のようですが、青い海、青い空、椰子の木の風に揺らぐ様子が美しくて正に南の国に居るという実感にとらわれました。バランガン・ビーチとその波打ち際の動画です。






 夕方は、息子が建築の関係でお世話になった人達とジンバランの海岸で夕日を見ながら会食をするという事になりました。ここは一昨年も帰国の前夜に来た所です。
ジンバラン

ここを通り抜けて砂浜へ。
夕暮れの海
水平線には雲がありますが、丁度大きな夕日が沈んでゆく所でした。


笑顔
何て健康的で素敵な笑顔でしょう。おばぁちゃんが何故かモテて?、一緒に写真を撮って下さいと言われましたが、どんなにとれたかな?? 彼等は勿論バリ人ですが、ここに来たのは初めてだそうで、イダから聞いた話では、まるで天国に居るようだと話していたそうです。その話にとても心打たれました。


ジンバランの夕日と波に戯れる子供達です。この平和な風景はやはりパラダイスです。




  1. 2013/07/29(月) 14:53:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<Luckyのおはなし | ホーム | ムリアリゾートでバイキング>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://act014.blog17.fc2.com/tb.php/960-db6be5c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード