おだやかな日々に

咲いた朝顔


  昨日までの暑さからようやく解放された今朝、雨戸をあけると直径10センチもありそうな朝顔が地面近く、咲いていました。苗を呉れた姪から白い花と聞いていたのですが、芯の方に紫がかったピンク色がアクセントになっていて大らかな花でした。蔓はまだしっかり支えに巻き付いていませんが、蕾が沢山あるので、これからしばらくの間楽しませてもらえそうです。あと二種類の花も楽しみ。姪のお蔭で早速朝顔にまじかに逢うことができました。ありがとう!日本の夏は朝顔ですね。
  1. 2017/08/27(日) 09:48:20|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

おばあさんになってしまった


 昨日の朝日歌壇に心打たれる歌が載っておりました。
 
 おばあさんになつてしまつたわたしですおぢいさんになつたあなたに会ひたい 門田照子
 
 
私も門田さんの立場だったらそう思うかも知れません。
毎日老いて行く「おぢいさん」の姿を見ているのは複雑な気持ちですが、門田さんの歌に惹かれるのはどうしてなのだろうと自分の気持ちを分析しております。きっと幸せだからでしょう。永遠には続かない幸せだからでしょうか。

パソコンのロック画面を先般訪れた鞆の浦の画像にしてみました。穏やかな優しい瀬戸内海の海です。
  1. 2017/08/22(火) 10:18:28|
  2. 短歌など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

試してみたら


 個人的にはあの7月末から8月上旬の猛暑の記憶から解き放たれて居りませんが、今年は梅雨の間殆ど雨が降らなかった分とばかり、あれからずっと雨が降ったので、巷では晴れて欲しいとの声がしきりでした。農作物も不作となり、野菜の値段が高くなるのはやはり困ります。けれど、またあの猛暑だけは願い下げです。と、主がウダウダ言っている間にプランターに百合の花が咲きました。

DSC_2042のコピー 暑い間は何も手につきませんでしたが、気温が少し下がったのでようやく久しぶりにかねてから思っていた音楽祭のCDを作ろうと思い立ちました。ところでwin.10以前に重宝に使っていたプリントソフトがwin10にしてから使えなくなりましたので、表紙のプリントは出来ないものと諦めておりました。でも、折角作ったCDがむき出しでは悲しいと、Canon solution menu を使って何とかならないかと試してみた所以前使っていたCDRトレイを使えという指示が出て来ました。ワオ~~ という訳で無事にすんなりとプリントすることが出来ました。ああ、嬉し。
  1. 2017/08/19(土) 16:39:58|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サンパラソルと蝉の声

 
 久しぶりに外出致しました。このブログのコメントに「朝顔に恋こがれています」と書いたら姪が早速苗を上げると連絡して来ました。昨日丁度気温も下がったので二子玉川の高島屋でデートして2株の苗を貰いました。サンキュー!!どんな花が咲いて呉れるのかとても楽しみです。



 高島屋の旧館と新館を繋ぐ通路にはいつも時々の綺麗な花が飾ってあります。昨日は私の好きなクリムゾンのサンパラソルという中央アメリカからアルゼンチンに分布するという花がずらりと飾られておりました。暑い時に赤い花・・・と思いきや、すっきりした色がとても美しく思わず写真に収めました

 去年も一昨年も夏の一か月間バリで過ごしましたので、久しぶりの日本の夏です。蝉の声が何だか珍しく聞こえました。
蝉の声と言えば最近はこの辺りでひぐらしの声が全く聞かれなくなってしまいました。学生時代、ある人が庭で啼くひぐらしの声を聞いて、「あれは何という鳥の声ですか?」と言ったのが思い出されます。その人の生まれた国にはひぐらしが居なかったのですね。
沖縄に旅行した時、優しくてきれいな鳥の声だと思ったのが、沖縄の蝉の声でした。
今回孫が台湾にホームステイして帰ってきてから、ぼちぼちと色々話をした中で傑作だったのは台湾の蝉の声の話だったそうです。で、台湾の蝉は何と啼くかというと、「シェーシェー」と啼いたという事でした。謝謝  
  1. 2017/08/13(日) 14:39:44|
  2. 今日の風、今日の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

異次元空間

DSC_2012のコピー 本屋さんで「騎士団長殺し」が山積みになって居た時、買おうか買うまいか迷って結局買いませんでした。そのうち図書館から借りて読もうと思っていた所、ひょんな事から隣の姪が持っている事が分かり、1、2部一度に借りる事が出来ました。返却期限なしの気楽さでゆっくりのんびり楽しんで今日読み終わり返しました。
相変わらずの春樹ワールド。ヘンテコな言葉遣いをする騎士団長はモーツアルトの「ドン・ジョバンニ」の登場人物とのこと。アリス・イン・ワンダーランドばりの現実と非現実の世界をまた「穴」で結んでいました。例によって音楽が色々登場してクラシック以外のジャズなど、普段はあまり自分では聴かない音楽も楽しみました。例えばBruce Springsteen のRiver, Thelonious Monk - Monk's Music など、テンポがゆっくりで心地よく聴けました。

レイモンド・チャンドラーの作品の翻訳ものも読んでみたいなと、思いましたところ、「村上春樹が選んで訳した世界のラブストーリー」という一冊を又もや姪が貸してくれました。しっかりハルキストしてたんやねぇ。ラブストーリーでも読んで若返りましょう。今日はぐっと気温が下がってやっと人間らしさを取り戻しました。
  1. 2017/08/11(金) 21:42:40|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

雲

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

イギリス湖水地方 ホテルの口コミ
イギリス湖水地方 ホテルの口コミ

ブログ内検索

RSSフィード